85件中 71 - 80件表示
  • 東大阪市

    東大阪市から見た谷佳知谷佳知

    谷佳知 - プロ野球選手東大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た谷佳知谷佳知

    アテネオリンピックでの野球日本代表は各チームから2名以内の選出という申し合わせ事項があり、広島からエースの黒田博樹と共に選出された選手は、当時連日スタメンに名を連ねていた前田智徳や新井貴浩ではなく、グレッグ・ラロッカや緒方孝市と交代でセカンドやセンターで出場する機会の多かった木村だった。オリンピックにおける野球競技(を含めた野球の国際大会)では、ベンチ入り可能な選手人数が非常に少ないため、複数のポジションをこなせる選手は重宝された。アテネオリンピックの公式記録集では日本代表で唯一、ユーティリティープレーヤーである「U」の表記となっている。試合出場は予選リーグの対ギリシャ戦(8回から谷佳知との交代でレフトを守る)と、3位決定戦となった対カナダ戦(8番レフトでフル出場)の2試合にとどまったが、試合での攻守のみならず、雑用係やブルペンキャッチャーとしても活躍し、長嶋茂雄からは「率先して裏方の仕事を手伝い、銅メダルに貢献してくれた」と称えられた。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 迎祐一郎

    迎祐一郎から見た谷佳知谷佳知

    には外野手のレギュラーである谷佳知、村松有人がアテネオリンピック野球日本代表としてチームを離れた際に出場機会が大幅に増えて44試合に出場。プロ初本塁打を含む打率.267、5本塁打、4盗塁を記録してレギュラー候補に名を連ねる活躍を見せた。迎祐一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 亀井義行

    亀井義行から見た谷佳知谷佳知

    '、谷佳知の不振により開幕6試合目で2番打者として起用されると、4月3日の中日戦で1番・高橋、3番・小笠原道大と共に川上憲伸から球団9年ぶりとなる3者連続本塁打を放ち、チームのシーズン初勝利に貢献。5月からは1番打者に定着したが、5月26日の対北海道日本ハムファイターズ戦で、右足関節を捻挫。7月25日に一軍復帰するが、谷との併用が続いた。中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズでは第1戦で負傷した鈴木尚広に代わり第2戦から1番でスタメン出場。14打数7安打1打点の活躍でチームの日本シリーズ出場に貢献。日本シリーズにも出場し、第2戦では大沼幸二から同点適時打、第5戦は打線の7回の涌井秀章からの5連打の一人となったり、第6戦では帆足和幸からチーム唯一の得点となる適時打を放った。第7戦では5番を任され、初回に相手先発の西口文也が自身の打席で暴投し、先制点が入り、なおも1死2、3塁のチャンスだっただセカンドゴロに倒れ、得点できず、後続も倒れてしまった。2回に坂本勇人のソロ本塁打で2点にリードを広げるも、これ以降西武投手陣の継投の前に走者を出せず、8回に逆転され、日本一を逃した。第7戦は無安打に終わってしまい、前述の暴投で先制後のチャンスを逃したのが響く形となってしまったが、一定の活躍を見せた。翌年からは清水隆行の移籍により空いた背番号9'を着用することが決まった。亀井義行 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た谷佳知谷佳知

    シーズン50二塁打:2003年 ※谷佳知に次いで史上2例のみ福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 野球界の永久欠番

    野球界の永久欠番から見た谷佳知谷佳知

    通算盗塁世界記録を達成した1984年に永久欠番となることが決定したが、本人が現役のため固辞。コーチ・二軍監督時代の1989年 - 1990年にも使用している。2000年までの10年間、田口壮・小川博文・イチローの3名が7を打診されるも全て固辞、谷佳知は入団時に7を希望するも却下され、欠番となっていた。2001年に横浜からトレードで移籍した進藤達哉が福本公認の下で使用し、欠番でなくなった。野球界の永久欠番 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木尚広

    鈴木尚広から見た谷佳知谷佳知

    、原監督がチーム内競争の活性化を示唆。矢野謙次や新加入の谷佳知などと改めてレギュラーを争う事となった。その中で原監督が「良い選手はいらない、強い選手が欲しい」と発言し、怪我の多い鈴木は不利に立たされるかと思われた。一方で走塁面の切り札として招聘した伊原春樹ヘッドコーチは鈴木を絶賛し、走塁面での核にしたいと発言。オープン戦では前シーズンの2番打者の経験を生かし、与えられた少ない打席でチーム最多四球を選び、高い出塁率を残した。3月30日、横浜ベイスターズとの開幕戦に8番センターでスタメン出場。プロ入り11年目にして初の開幕スタメンの座を勝ち取り、両打席でヒットを放ち、3連戦勝ち越しに貢献した。デーモン・ホリンズの台頭や、清水隆行の復活により、後半戦は代走の切り札としてベンチ要員にあることが多かったが、スイッチ本格転向の1年目ながら右打席の打率は.333。両打席で変わらない出塁率を記録した。2007年のイニング先頭打者としての出塁率は5割近くを記録し、全安打33本中8本の内野安打を記録、チャンスメーカーとしての働きを見せた。走塁面でもチームトップの18盗塁を記録した。2007年に同姓の鈴木誠が入団したため(翌2008年オフに退団)、2年間スコアボードには「鈴木尚」と表示された。鈴木尚広 フレッシュアイペディアより)

  • イチロー

    イチローから見た谷佳知谷佳知

    高校時代は投手をしていたが登板のない時などは外野手も務めており、夏の甲子園に出場した際には左翼を守っている。プロ入り後、210安打を放った1994年からは本西厚博(のちに谷佳知)、田口壮とともに当時日本一と言われたオリックス外野陣の一翼を担った。NPB時代は主に右翼手を務めたものの、中堅手を任されることも多々あり、一つのポジションに定着することはなかった(1998年は左翼手で20試合以上スタメン出場している。オールスターゲームや日米野球戦でも左翼を守ることがあった)が、1999年シーズン以降は右翼手に固定された。メジャー移籍後は一部の時期を除いてほとんどの試合で右翼を守っており、2006年シーズン途中から2008年シーズン途中まではコンバートによって中堅手を務めた。2012年にヤンキースに移籍した後は、左中間の広いヤンキースタジアムや他の選手の事情などを考慮して左翼手にコンバートされているものの、他の選手の休養などの兼ね合いから中堅手や右翼手としても出場(途中で守備位置が変わることも多々あり、1試合で外野3箇所すべてを守ったこともある)しており、外野をどこでも守れるユーティリティプレイヤーとなった。また、休養時などにDHとして出場することがある。イチロー フレッシュアイペディアより)

  • 1973年

    1973年から見た谷佳知谷佳知

    2月9日 - 谷佳知、プロ野球選手1973年 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪ドーム

    大阪ドームから見た谷佳知谷佳知

    なお、フィールドシートには、スポンサー契約による命名権を設定。2010年から3年間は、アヴァンス法務事務所が命名権を取得していた関係で、「アヴァンスシート」と名付けられた。2013年には、「モバプロ」(オンラインでの無料プロ野球シミュレーションゲーム)を運営するモブキャストと契約を結んだことから、「モバプロシート」に改称。大阪商業大学(大商大)OBの谷佳知が8年振りにオリックスへ復帰した2014年には、同大学を運営する谷岡学園が命名権を取得したことから、「大商大シート」という名称で運用する。命名権の契約期間中でも、他球団の主催試合では「フィールドシート」と称することがある。大阪ドーム フレッシュアイペディアより)

85件中 71 - 80件表示

「谷佳知」のニューストピックワード