1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • 石井義人

    石井義人から見た谷佳知谷佳知

    は4月20日に一軍登録されると、4月26日に移籍後初安打となる二塁打を記録。5月2日に登録を抹消されたが、再昇格後の5月23日に古巣の西武相手に代打でスクイズを決め移籍後初打点を記録した。主に対右投手の代打として起用され、代打打率.405(37打数15安打)、得点圏打率.444を記録するなど代打の切り札として無類の勝負強さを発揮し、チームの優勝に大きく貢献した。中日とのCSファイナルステージ第5戦では9回裏1死満塁のチャンスで代打(谷佳知)の代打で登場。抑えの山井大介からサヨナラヒットを放ち、同シリーズのMVPに選ばれた石井義人 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィーナス (マスコットガール)

    ヴィーナス (マスコットガール)から見た谷佳知谷佳知

    Take You Back(Street Corner Song from Rocky)(谷佳知) 新居史麻、藤原奈々、堀内沙恵ヴィーナス (マスコットガール) フレッシュアイペディアより)

  • 苦楽園

    苦楽園から見た谷佳知谷佳知

    谷佳知、谷亮子夫妻(佳知のオリックス在籍時に在住)苦楽園 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た谷佳知谷佳知

    チーム方針として2005年のワールドシリーズを制したシカゴ・ホワイトソックスに倣い「スモール・ベースボール」を掲げた。開幕当初は首位を独走していたが、5月に始まったセ・パ交流戦の途中で主力選手に負傷者が続出したことで失速することとなった。これに対して西武を自由契約となり米国挑戦したものの契約を結べず帰国していた小関竜也を入団テストで、広島の木村拓也を交換トレードで、前年阪神を解雇されたもののメキシカンリーグで好成績を収めていたジョージ・アリアスを来日させそれぞれ獲得するなど建て直しを図ったが、6 - 7月には8連敗、10連敗、9連敗と立て続けに大型連敗を喫し、一時は最下位にまで転落した。最終的にチーム防御率は1点以上の改善があったものの野手陣の不調で4位に終わり、いずれも球団史上初の4年連続完全V逸と2年連続Bクラスとなった。この結果を重く見た球団はさらなる改革に着手した。首脳陣ではまず走塁面の強化に西武黄金期に三塁ベースコーチとして活躍した伊原春樹を野手総合コーチとして招聘。篠塚守備走塁コーチを打撃コーチへ配置転換、伊勢孝夫スコアラーを打撃コーチ補佐として現場復帰させた。なお近藤ヘッドコーチが退任し、総括ディレクターに就任、それに伴って開幕直前に伊原がヘッドコーチを兼任することとなった。選手では仁志敏久を交換トレードで横浜に放出、小久保がFAでソフトバンクに移籍したが、ソフトバンクを戦力外となったベテランの大道典嘉を無償トレードで、オリックスの谷佳知を交換トレードで、日本ハムの小笠原道大をFAでそれぞれ獲得したほか、残留を前提としたFA交渉を打ち切られた横浜の門倉健も加入する。一方門倉の加入に伴って補償選手として工藤を放出することとなり、逆にソフトバンクから小久保の補償選手として吉武真太郎を獲得した。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 原辰徳

    原辰徳から見た谷佳知谷佳知

    2009年シーズンが開幕すると、育成枠出身の松本哲也や坂本・亀井、原自ら「風神・雷神」と名づけた左右の中継ぎコンビ・山口と越智などの若手が次々に台頭した。また、上原浩治のMLB移籍によって先発投手の戦力低下が危惧されたが、ヤクルトから獲得したディッキー・ゴンザレスやテスト生出身のウィルフィン・オビスポがその穴を埋めたため前年とは対照的に春先から首位を快走した。リードした試合の終盤には主力選手をベンチに下げたり、谷佳知を相手先発投手に応じてスタメン・代打と使い分けたり、捕手の阿部慎之助や外野手の亀井を一塁手としても起用するなど選手層の厚さを活かした柔軟な用兵を見せ好成績を維持した。9月23日にV9( - )以来のリーグ3連覇を果たした。第2次監督時代の長嶋らと対照的にベテランやホームランバッターに依存せず、若手を積極的に起用する原の手腕は多くの解説者に高く評価された。クライマックスシリーズ第2ステージでは3年連続となった中日相手に4勝1敗(レギュラーシーズン1位のアドバンテージ1勝を含む)で勝利。2年連続日本シリーズ出場となった。日本シリーズでは北海道日本ハムファイターズに4勝2敗で勝利。監督として2度目の日本一を達成する。11月12日にはWBC及び日本シリーズの優勝が評価され、2度目の正力松太郎賞を受賞。11月14日にはアジアシリーズの代替大会として行われた日韓クラブチャンピオンシップにも勝利。監督としてWBC、セ・リーグ、日本シリーズ、日韓統一王者の4冠を達成した。原辰徳 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示

「谷佳知」のニューストピックワード