前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • 谷佳知

    谷佳知から見た加藤大輔

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の対オリックス戦の9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た岩本勉岩本 勉

    初打点:1997年5月22日、対日本ハムファイターズ9回戦(グリーンスタジアム神戸)、12回裏に岩本勉から谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た永川勝浩

    1500本安打:2007年7月1日、対広島東洋カープ9回戦(広島市民球場)、9回表に永川勝浩から中前安打 ※史上94人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た村松有人

    中堅手のポジションを福岡ダイエーホークスからFA移籍してきた村松有人に譲り、守備負担の少ない左翼手で安定した成績を残す。アテネオリンピック野球日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得するも、最後の打者となった準決勝戦で一塁に駆け抜けた際に転倒し右足を負傷してしまう。残りシーズンはほとんど試合に出場できなかったが、規定打席には到達。4年連続で打率3割を達成する。2004年末の分配ドラフトを経てオリックス・バファローズへ。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た豊田清

    1500試合出場:2009年4月4日、対広島東洋カープ2回戦(東京ドーム)、7回裏に豊田清の代打として出場 ※史上164人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た谷亮子

    谷 佳知(たに よしとも、1973年2月9日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。日本プロ野球におけるシーズン最多二塁打記録(52本)の保持者。妻は谷亮子谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た薮田安彦

    初安打:1997年5月25日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(千葉マリンスタジアム)、2回表に薮田安彦から左翼線適時二塁打谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た加藤幹典

    300二塁打:2008年7月3日、対東京ヤクルトスワローズ12回戦(東京ドーム)、6回裏に加藤幹典から ※史上48人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た武田勝

    は、3月28日の対北海道日本ハムファイターズ戦の開幕戦において(5番・左翼手)として先発出場し、巨人時代の2008年以来6年ぶりの開幕スタメン出場を果たした。3月30日の対日本ハム戦で、4回表に武田勝から、左線二塁打を放ち移籍後初安打を記録した。しかしその後打撃不振から4月20日に出場選手登録を抹消され、そのまま最後まで昇格はないままシーズンを終えた。チームは6年ぶりに2位と躍進したものの、最終的に9試合の出場でわずか2安打に終わり、打点を記録することはできないなどオリックス復帰1年目は不本意な成績で終えた。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た武田翔太

    9月16日、京セラドーム大阪で会見を開き、今季限りでの現役引退を発表した。10月3日に、京セラドーム大阪で行われた引退試合(対ソフトバンク戦)で、7回1死1塁で代打で登場。武田翔太が投げた初球を打ち、現役最終打席を通算1928本目の安打(日本プロ野球名球会への入会基準である通算2000本安打まで残り72)で締めくくった。12月2日付で、日本野球機構(NPB)から自由契約選手として公示された。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「谷佳知」のニューストピックワード