96件中 11 - 20件表示
  • 谷佳知

    谷佳知から見た松井稼頭央

    ルーキーイヤーのから100試合以上に出場。には打率リーグ5位の.291を記録し、初のベストナインに選出された。にシーズン二塁打の日本記録(52本)を樹立。球界屈指の5ツールプレイヤーに。は松井稼頭央と競り合い、初の盗塁王を獲得。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た田口壮

    右打者ながら一塁到達3.9秒台を記録する俊足を生かした内野安打も多く、オリックス時代には盗塁成功率77パーセントを記録していたが、近年は盗塁企図数が減少している。外野守備では俊足を生かした広い守備範囲と強肩を誇り、オリックス時代にはイチロー、田口壮とともに鉄壁の外野陣を形成していたが、近年は年齢や腰の持病もあって右翼手と左翼手での起用が主となった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た亀井義行

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の古巣・オリックス戦では、9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た永川勝浩

    1500本安打:2007年7月1日、対広島東洋カープ9回戦(広島市民球場)、9回表に永川勝浩から中前安打 ※史上94人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た和田一浩

    大阪近鉄バファローズを含むセ・パ13球団から本塁打は、史上4人目(2011年5月22日時点での他の達成者は、フェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデス)谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た中田賢一

    は、前年終盤に続いて右翼手での起用が主となる。開幕当初は相手投手の左右によって左打者の亀井と併用されていたが、シーズン中盤に正一塁手だった李承燁の打撃不振に伴い亀井が一塁手にコンバートされ、谷の出場機会も増加。6番・右翼手(交流戦などでは、左翼を守るラミレスが指名打者に入るため、谷が左翼の守備に就く)に定着するとともに打撃の調子も上げ、8月は月間打率.375、9月は.456と打ちまくり、優勝に向けたラストスパートに貢献した。亀井や松本哲也ら若手外野手が台頭したため、出場試合数こそ巨人移籍後最少だったが、打率は.331の高水準をマークし、得点圏打率は4割に達した。10月24日に行われた中日とのクライマックスシリーズ2ndステージ第4戦では、中田賢一からプロ入り初となる満塁本塁打を放った。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たアレックス・カブレラ

    大阪近鉄バファローズを含むセ・パ13球団から本塁打は、史上4人目(2011年5月22日時点での他の達成者は、フェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデス)谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たアレックス・ラミレス

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の古巣・オリックス戦では、9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た長田昌浩

    、再起を誓うも、肘の故障などもあり、打率.267、6本塁打、30打点と2年連続で不本意な成績に終わった。11月7日、鴨志田貴司、長田昌浩との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。背番号は仁志敏久が付けていた8に決定。推定年俸は前年の2億8000万円から1億5000万円へ。1億3000万円の大幅ダウンとなった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たイチロー

    右打者ながら一塁到達3.9秒台を記録する俊足を生かした内野安打も多く、オリックス時代には盗塁成功率77パーセントを記録していたが、近年は盗塁企図数が減少している。外野守備では俊足を生かした広い守備範囲と強肩を誇り、オリックス時代にはイチロー、田口壮とともに鉄壁の外野陣を形成していたが、近年は年齢や腰の持病もあって右翼手と左翼手での起用が主となった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

96件中 11 - 20件表示

「谷佳知」のニューストピックワード