99件中 11 - 20件表示
  • 谷佳知

    谷佳知から見た石井義人

    、前年と変わらない激しい外野手ポジション争いだったこともあり、代打での起用が多くなる。幾多の場面で出場を重ねるも、打率は安定せず9月28日に登録抹消となる。10月8日に再び出場登録されてからはヒットを重ね、最終的には打率を.274にまで上げるも、プロ入り初となるシーズン0本塁打に終わった。はオープン戦で矢野謙次がフェンスにぶつかって負傷したことや、新外国人のジョン・ボウカーや松本の前年度から続く不振により、序盤は2番で起用されるなどスタメン出場の機会も多く、5月10日の対横浜DeNAベイスターズ戦では二年ぶりに本塁打も放った。しかし、松本の復調や矢野の復帰、西武から移籍してきた石井義人が代打の切り札として起用されこの年驚異的な打率を残すと、出番は次第に少なくなっていった。それでも9月4日の阪神戦で代打で出場して勝ち越しタイムリーを放つなど、随所で活躍を見せた。最終的には打率以外は前年の成績を上回る活躍を見せ、チームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。クライマックスシリーズと日本シリーズでは、代打で出場した。12月3日に契約更改が行われ、現状維持の8000万で契約更新した。はキャンプ、シーズン共に二軍スタートとなり、二軍で一時期は4割を超える驚異的な打率を残していたが、腰痛もあって昇格は遅れていた。6月下旬に昇格し、6月30日の対ヤクルト戦でシーズン初安打、初打点を記録した。しかし、その後は二軍に降格し、それ以降は昇格がないままレギュラーシーズンを終えた。リーグ戦終了に一軍に合流した。クライマックスシリーズではベンチ入りはしていたが出番はなかったが、日本シリーズでは代打で出場した。日本シリーズ終了の翌日の11月4日に球団から戦力外通告を受ける。同年12月10日、オリックス・バファローズが谷の獲得を発表した。背番号は前回在籍時と同じ10に決まった。2006年のシーズン終了後に巨人へ移籍してから8年ぶりの復帰になる。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た中田賢一

    、前年終盤に続いて右翼手での起用が主となる。開幕当初は相手投手の左右によって左打者の亀井と併用されていたが、シーズン中盤に正一塁手だった李承燁の打撃不振に伴い亀井が一塁手にコンバートされ、谷の出場機会も増加。6番・右翼手(交流戦などでは、左翼を守るラミレスが指名打者に入るため、谷が左翼の守備に就く)に定着するとともに打撃の調子も上げ、8月は月間打率.375、9月は.456と打ちまくり、優勝に向けたラストスパートに貢献した。亀井や松本哲也ら若手外野手が台頭したため、出場試合数こそ巨人移籍後最少だったが、打率は.331の高水準をマークし、得点圏打率は4割に達した。10月24日に行われた中日とのクライマックスシリーズ2ndステージ第4戦では、中田賢一からプロ入り初となる満塁本塁打を放った。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た松井稼頭央

    には138試合に出場、1998年からのレギュラー定着後以降最少の5本塁打に終わったが、前年を上回る打率.326(リーグ4位)を記録。自己最多の41盗塁を記録し、松井稼頭央との競り合いを制し、初の盗塁王を獲得。盗塁成功率も盗塁王では2015年シーズン終了時点で歴代1位の.911を記録した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たアレックス・ラミレス

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の対オリックス戦の9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た長田昌浩

    には打順は主に1番と3番、守備位置はセンターで起用される。しかし腰の怪我の影響もあり、規定打席には到達したものの111試合の出場にとどまり、打率は.248で2000年以来5年ぶりに3割に届かず、盗塁においても盗塁数より盗塁死のほうが上回ってしまった。12月31日には長男が誕生。には肘の故障などもあり、規定打席には到達したものの118試合の出場にとどまり、打率.267、6本塁打、30打点と2年連続で不本意な成績に終わった。とくに打点、盗塁はプロ入り最少であった。同年11月7日、鴨志田貴司、長田昌浩との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。背番号は仁志敏久が着用していた8に決まった。推定年俸は前年の2億8000万円から1億5000万円へ。1億3000万円の大幅ダウンとなった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たイチロー

    外野守備では俊足を生かした広い守備範囲と強肩を誇り、2001年から2004年にかけて4年連続でゴールデングラブ賞を獲得する活躍を見せるなど、オリックス時代にはイチロー、田口壮とともに鉄壁の外野陣を形成していた。巨人移籍後以降は年齢や腰の持病もあって代打または左翼手での起用が主となり、交流戦においてはDHでの出場も多かった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た田口壮

    外野守備では俊足を生かした広い守備範囲と強肩を誇り、2001年から2004年にかけて4年連続でゴールデングラブ賞を獲得する活躍を見せるなど、オリックス時代にはイチロー、田口壮とともに鉄壁の外野陣を形成していた。巨人移籍後以降は年齢や腰の持病もあって代打または左翼手での起用が主となり、交流戦においてはDHでの出場も多かった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た仁志敏久

    には打順は主に1番と3番、守備位置はセンターで起用される。しかし腰の怪我の影響もあり、規定打席には到達したものの111試合の出場にとどまり、打率は.248で2000年以来5年ぶりに3割に届かず、盗塁においても盗塁数より盗塁死のほうが上回ってしまった。12月31日には長男が誕生。には肘の故障などもあり、規定打席には到達したものの118試合の出場にとどまり、打率.267、6本塁打、30打点と2年連続で不本意な成績に終わった。とくに打点、盗塁はプロ入り最少であった。同年11月7日、鴨志田貴司、長田昌浩との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。背番号は仁志敏久が着用していた8に決まった。推定年俸は前年の2億8000万円から1億5000万円へ。1億3000万円の大幅ダウンとなった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た矢野謙次

    、前年と変わらない激しい外野手ポジション争いだったこともあり、代打での起用が多くなる。幾多の場面で出場を重ねるも、打率は安定せず9月28日に登録抹消となる。10月8日に再び出場登録されてからはヒットを重ね、最終的には打率を.274にまで上げるも、プロ入り初となるシーズン0本塁打に終わった。はオープン戦で矢野謙次がフェンスにぶつかって負傷したことや、新外国人のジョン・ボウカーや松本の前年度から続く不振により、序盤は2番で起用されるなどスタメン出場の機会も多く、5月10日の対横浜DeNAベイスターズ戦では二年ぶりに本塁打も放った。しかし、松本の復調や矢野の復帰、西武から移籍してきた石井義人が代打の切り札として起用されこの年驚異的な打率を残すと、出番は次第に少なくなっていった。それでも9月4日の阪神戦で代打で出場して勝ち越しタイムリーを放つなど、随所で活躍を見せた。最終的には打率以外は前年の成績を上回る活躍を見せ、チームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。クライマックスシリーズと日本シリーズでは、代打で出場した。12月3日に契約更改が行われ、現状維持の8000万で契約更新した。はキャンプ、シーズン共に二軍スタートとなり、二軍で一時期は4割を超える驚異的な打率を残していたが、腰痛もあって昇格は遅れていた。6月下旬に昇格し、6月30日の対ヤクルト戦でシーズン初安打、初打点を記録した。しかし、その後は二軍に降格し、それ以降は昇格がないままレギュラーシーズンを終えた。リーグ戦終了に一軍に合流した。クライマックスシリーズではベンチ入りはしていたが出番はなかったが、日本シリーズでは代打で出場した。日本シリーズ終了の翌日の11月4日に球団から戦力外通告を受ける。同年12月10日、オリックス・バファローズが谷の獲得を発表した。背番号は前回在籍時と同じ10に決まった。2006年のシーズン終了後に巨人へ移籍してから8年ぶりの復帰になる。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た亀井義行

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の対オリックス戦の9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

99件中 11 - 20件表示

「谷佳知」のニューストピックワード