99件中 21 - 30件表示
  • 谷佳知

    谷佳知から見たジョン・ボウカー

    、前年と変わらない激しい外野手ポジション争いだったこともあり、代打での起用が多くなる。幾多の場面で出場を重ねるも、打率は安定せず9月28日に登録抹消となる。10月8日に再び出場登録されてからはヒットを重ね、最終的には打率を.274にまで上げるも、プロ入り初となるシーズン0本塁打に終わった。はオープン戦で矢野謙次がフェンスにぶつかって負傷したことや、新外国人のジョン・ボウカーや松本の前年度から続く不振により、序盤は2番で起用されるなどスタメン出場の機会も多く、5月10日の対横浜DeNAベイスターズ戦では二年ぶりに本塁打も放った。しかし、松本の復調や矢野の復帰、西武から移籍してきた石井義人が代打の切り札として起用されこの年驚異的な打率を残すと、出番は次第に少なくなっていった。それでも9月4日の阪神戦で代打で出場して勝ち越しタイムリーを放つなど、随所で活躍を見せた。最終的には打率以外は前年の成績を上回る活躍を見せ、チームの3年ぶりのリーグ優勝に貢献した。クライマックスシリーズと日本シリーズでは、代打で出場した。12月3日に契約更改が行われ、現状維持の8000万で契約更新した。はキャンプ、シーズン共に二軍スタートとなり、二軍で一時期は4割を超える驚異的な打率を残していたが、腰痛もあって昇格は遅れていた。6月下旬に昇格し、6月30日の対ヤクルト戦でシーズン初安打、初打点を記録した。しかし、その後は二軍に降格し、それ以降は昇格がないままレギュラーシーズンを終えた。リーグ戦終了に一軍に合流した。クライマックスシリーズではベンチ入りはしていたが出番はなかったが、日本シリーズでは代打で出場した。日本シリーズ終了の翌日の11月4日に球団から戦力外通告を受ける。同年12月10日、オリックス・バファローズが谷の獲得を発表した。背番号は前回在籍時と同じ10に決まった。2006年のシーズン終了後に巨人へ移籍してから8年ぶりの復帰になる。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た岩田稔

    350二塁打:2012年9月14日、対阪神タイガース22回戦(東京ドーム)、7回裏に岩田稔から右線二塁打 ※史上35人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た高橋由伸

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の対オリックス戦の9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たゴールデングラブ賞

    には136試合に出場、プロ入り初の打率3割(.325、リーグ5位)を記録し、打点、本塁打、盗塁、いずれも自己最高を記録した。また、シーズンを通して52本の二塁打を放ち、日本記録を樹立。初のゴールデングラブ賞を受賞した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たデイリースポーツ

    からは、NHKの野球解説者や、デイリースポーツの野球評論家として活動する。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た木村拓也

    、高橋由伸の復帰や、この年のルーキー長野久義が加入し外野手ポジション争いが激戦となる。出場機会を求め春季キャンプから、外野と並行して一塁手の守備練習にも取り組んだ。5月9日の横浜ベイスターズ主催試合(ハードオフ新潟)にて6番ファーストでスタメン出場、約10年ぶりの一塁手での公式戦出場だった。だが谷自身「ブランクの長さ」を理由に、一塁守備に不安を覗かせていた(月刊ジャイアンツ2010年7月号より)。4月24日の木村拓也の追悼試合では8回裏に代打で登場し(木村の急死については木村拓也参照)、レギュラーシーズン初となる満塁本塁打を高橋建から放った。その後のヒーローインタビューでは涙ながらに木村拓也への思いを語った。しかし以降は調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最少の出場に留まり、去年高い数字を残した打率は.238、得点圏打率は.176と移籍後最低の成績に終わった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た福岡ソフトバンクホークス

    中堅手のポジションを福岡ダイエーホークスからFA移籍してきた村松有人に譲り、守備負担の少ない左翼手で安定した成績を残す。アテネオリンピック野球日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得するも、最後の打者となった準決勝戦で一塁に駆け抜けた際に転倒し右足を負傷してしまう。残りシーズンはほとんど試合に出場できなかったが、規定打席には到達。4年連続で打率3割を達成する。2004年末の分配ドラフトを経てオリックス・バファローズへ。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たオリックス・バファローズ

    同年のドラフト会議でオリックス・ブルーウェーブから2位指名を受けて入団。背番号は10に決まった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た東京ヤクルトスワローズ

    東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の対オリックス戦の9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た北海道日本ハムファイターズ

    は、3月28日の対北海道日本ハムファイターズ戦の開幕戦において(5番・左翼手)として先発出場し、巨人時代の2008年以来6年ぶりの開幕スタメン出場を果たした。3月30日の対日本ハム戦で、4回表に武田勝から、左線二塁打を放ち移籍後初安打を記録した。しかしその後打撃不振から4月20日に出場選手登録を抹消され、そのまま最後まで昇格はないままシーズンを終えた。チームは6年ぶりに2位と躍進したものの、最終的に9試合の出場でわずか2安打に終わり、打点を記録することはできないなどオリックス復帰1年目は不本意な成績で終えた。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

99件中 21 - 30件表示

「谷佳知」のニューストピックワード