99件中 31 - 40件表示
  • 谷佳知

    谷佳知から見た阪神タイガース

    100本塁打:2007年4月22日、対阪神タイガース6回戦(阪神甲子園球場)、8回表に渡辺亮から左越2ラン ※史上249人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た千葉ロッテマリーンズ

    は、開幕一軍入りこそ果たせなかったもののシーズン序盤に登録され、5月11日の対近鉄バファローズ戦で8番・中堅手としてスタメン起用されプロ入り初出場を果たす。5月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初ヒットを、8月1日の対近鉄戦でプロ初本塁打を記録した。規定打席到達はならなかったが、ルーキーながらシーズン101試合に出場した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た大阪近鉄バファローズ

    は、開幕一軍入りこそ果たせなかったもののシーズン序盤に登録され、5月11日の対近鉄バファローズ戦で8番・中堅手としてスタメン起用されプロ入り初出場を果たす。5月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初ヒットを、8月1日の対近鉄戦でプロ初本塁打を記録した。規定打席到達はならなかったが、ルーキーながらシーズン101試合に出場した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た赤堀元之

    初本塁打:1997年8月1日、対近鉄バファローズ14回戦(グリーンスタジアム神戸)、8回裏に赤堀元之から同点ソロ谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た松本哲也 (野球)

    、前年終盤に続いて右翼手での起用が主となる。開幕当初は相手投手の左右によって左打者の亀井と併用されていたが、シーズン中盤に正一塁手だった李承燁の打撃不振に伴い亀井が一塁手にコンバートされ、谷の出場機会も増加。6番・右翼手(交流戦などでは、左翼を守るラミレスが指名打者に入るため、谷が左翼の守備に就く)に定着するとともに打撃の調子も上げ、8月は月間打率.375、9月は.456と打ちまくり、優勝に向けたラストスパートに貢献した。亀井や松本哲也ら若手外野手が台頭したため、出場試合数こそ巨人移籍後最少だったが、打率は.331の高水準をマークし、得点圏打率は4割に達した。10月24日に行われた中日とのクライマックスシリーズ2ndステージ第4戦では、中田賢一からプロ入り初となる満塁本塁打を放った。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た清水将海

    初盗塁:同上、3回表に本盗(投手:近藤芳久、捕手:清水将海谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た鴨志田貴司

    には打順は主に1番と3番、守備位置はセンターで起用される。しかし腰の怪我の影響もあり、規定打席には到達したものの111試合の出場にとどまり、打率は.248で2000年以来5年ぶりに3割に届かず、盗塁においても盗塁数より盗塁死のほうが上回ってしまった。12月31日には長男が誕生。には肘の故障などもあり、規定打席には到達したものの118試合の出場にとどまり、打率.267、6本塁打、30打点と2年連続で不本意な成績に終わった。とくに打点、盗塁はプロ入り最少であった。同年11月7日、鴨志田貴司、長田昌浩との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。背番号は仁志敏久が着用していた8に決まった。推定年俸は前年の2億8000万円から1億5000万円へ。1億3000万円の大幅ダウンとなった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た渡辺亮

    100本塁打:2007年4月22日、対阪神タイガース6回戦(阪神甲子園球場)、8回表に渡辺亮から左越2ラン ※史上249人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た高橋建

    、高橋由伸の復帰や、この年のルーキー長野久義が加入し外野手ポジション争いが激戦となる。出場機会を求め春季キャンプから、外野と並行して一塁手の守備練習にも取り組んだ。5月9日の横浜ベイスターズ主催試合(ハードオフ新潟)にて6番ファーストでスタメン出場、約10年ぶりの一塁手での公式戦出場だった。だが谷自身「ブランクの長さ」を理由に、一塁守備に不安を覗かせていた(月刊ジャイアンツ2010年7月号より)。4月24日の木村拓也の追悼試合では8回裏に代打で登場し(木村の急死については木村拓也参照)、レギュラーシーズン初となる満塁本塁打を高橋建から放った。その後のヒーローインタビューでは涙ながらに木村拓也への思いを語った。しかし以降は調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最少の出場に留まり、去年高い数字を残した打率は.238、得点圏打率は.176と移籍後最低の成績に終わった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た長野久義

    、高橋由伸の復帰や、この年のルーキー長野久義が加入し外野手ポジション争いが激戦となる。出場機会を求め春季キャンプから、外野と並行して一塁手の守備練習にも取り組んだ。5月9日の横浜ベイスターズ主催試合(ハードオフ新潟)にて6番ファーストでスタメン出場、約10年ぶりの一塁手での公式戦出場だった。だが谷自身「ブランクの長さ」を理由に、一塁守備に不安を覗かせていた(月刊ジャイアンツ2010年7月号より)。4月24日の木村拓也の追悼試合では8回裏に代打で登場し(木村の急死については木村拓也参照)、レギュラーシーズン初となる満塁本塁打を高橋建から放った。その後のヒーローインタビューでは涙ながらに木村拓也への思いを語った。しかし以降は調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最少の出場に留まり、去年高い数字を残した打率は.238、得点圏打率は.176と移籍後最低の成績に終わった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

99件中 31 - 40件表示

「谷佳知」のニューストピックワード