96件中 41 - 50件表示
  • 谷佳知

    谷佳知から見たフリオ・ズレータ

    大阪近鉄バファローズを含むセ・パ13球団から本塁打は、史上4人目(2011年5月22日時点での他の達成者は、フェルナンド・セギノール、フリオ・ズレータ、アレックス・カブレラ、和田一浩、小笠原道大、ホセ・フェルナンデス)谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た長野久義

    、高橋由伸の復帰や新人長野久義が加入し外野手ポジション争いが激戦となる。出場機会を求め春季キャンプから、外野と並行してファーストの守備練習にも取り組んだ。5月9日の横浜ベイスターズ主催試合(ハードオフ新潟)にて6番ファーストでスタメン出場、約10年ぶりのファーストでの公式戦出場だった。だが谷自身「ブランクの長さ」を理由に、ファースト守備に不安を覗かせていた(月刊ジャイアンツ2010年7月号より)。4月24日の木村拓也の追悼試合に代打で登場し、レギュラーシーズン初となる満塁本塁打を高橋建から放った。その後のヒーローインタビューでは涙ながらに木村拓也への思いを語っていた。しかし以降は調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最少の出場に留まり、去年高い数字を残した打率は.238、得点圏打率は.176と移籍後最低の成績に終わり不本意なシーズンとなってしまった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た近藤芳久

    初盗塁:同上、3回表に本盗(投手:近藤芳久、捕手:清水将海)谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た有隅昭二

    、開幕から不動の2番・左翼手として活躍。シーズンを通して高打率を維持し、リーグ3位、チームではトップの打率.318をマーク。得点圏打率は3割7分を超えた。盗塁も二桁にのせるなど過去2年の不振から完全に復活。巨人5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。9月1日の対横浜ベイスターズ19回戦(横浜スタジアム)で7回表二死満塁の場面で、遊ゴロを放った際、一塁アウトの判定に激怒。一塁塁審・有隅昭二の胸を突き飛ばし、人生初の退場処分を受けた。この年の契約更改ではチーム最高打率を残した活躍を評価され、1億1000万円アップに加え2年の複数年契約が提示されるも、FA権を行使せず2億6000万円の1年契約でサイン。シーズン終了後に肘の遊離軟骨除去手術を受けた。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たトレード

    、再起を誓うも、肘の故障などもあり、打率.267、6本塁打、30打点と2年連続で不本意な成績に終わった。11月7日、鴨志田貴司、長田昌浩との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。背番号は仁志敏久が付けていた8に決定。推定年俸は前年の2億8000万円から1億5000万円へ。1億3000万円の大幅ダウンとなった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た関西六大学野球連盟

    高校は香川県の尽誠学園高等学校に進学。2年時に出場した第71回全国高等学校野球選手権大会では1番打者として活躍しチームのベスト4進出に貢献した。卒業後は大阪商業大学に進学。関西六大学リーグ通算83試合出場、282打数104安打、打率.369、7本塁打、44打点。3年秋に打率.565、26安打のリーグ新記録を樹立し関西六大学リーグ三冠王になり最優秀選手に選ばれた。ベストナイン3度受賞。三菱自動車岡崎ではの第66回都市対抗野球大会で若獅子賞を受賞、同年のオリンピック予選でMVPを獲得。翌のアトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たゴールデングラブ賞

    ゴールデングラブ賞:4回 (2001年 - 2004年)谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た安打

    、シドニー五輪柔道金メダリスト田村亮子と結婚。最多安打のタイトルを獲得し、パ・リーグの右打者としての安打数記録を更新(189安打)。打率.350(リーグ2位)の高打率を残し、本塁打も21本を放つ好成績を上げる。センターの守備では、自己最多補殺と二桁失策を同時に記録。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た千葉ロッテマリーンズ

    初安打:1997年5月25日、対千葉ロッテマリーンズ7回戦(千葉マリンスタジアム)、2回表に薮田安彦から左翼線適時二塁打谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た三菱自動車岡崎硬式野球部

    高校は香川県の尽誠学園高等学校に進学。2年時に出場した第71回全国高等学校野球選手権大会では1番打者として活躍しチームのベスト4進出に貢献した。卒業後は大阪商業大学に進学。関西六大学リーグ通算83試合出場、282打数104安打、打率.369、7本塁打、44打点。3年秋に打率.565、26安打のリーグ新記録を樹立し関西六大学リーグ三冠王になり最優秀選手に選ばれた。ベストナイン3度受賞。三菱自動車岡崎ではの第66回都市対抗野球大会で若獅子賞を受賞、同年のオリンピック予選でMVPを獲得。翌のアトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

96件中 41 - 50件表示