96件中 51 - 60件表示
  • 谷佳知

    谷佳知から見た広島東洋カープ

    1500本安打:2007年7月1日、対広島東洋カープ9回戦(広島市民球場)、9回表に永川勝浩から中前安打 ※史上94人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た尽誠学園高等学校

    高校は香川県の尽誠学園高等学校に進学。2年時に出場した第71回全国高等学校野球選手権大会では1番打者として活躍しチームのベスト4進出に貢献した。卒業後は大阪商業大学に進学。関西六大学リーグ通算83試合出場、282打数104安打、打率.369、7本塁打、44打点。3年秋に打率.565、26安打のリーグ新記録を樹立し関西六大学リーグ三冠王になり最優秀選手に選ばれた。ベストナイン3度受賞。三菱自動車岡崎ではの第66回都市対抗野球大会で若獅子賞を受賞、同年のオリンピック予選でMVPを獲得。翌のアトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た新潟県立野球場

    、高橋由伸の復帰や新人長野久義が加入し外野手ポジション争いが激戦となる。出場機会を求め春季キャンプから、外野と並行してファーストの守備練習にも取り組んだ。5月9日の横浜ベイスターズ主催試合(ハードオフ新潟)にて6番ファーストでスタメン出場、約10年ぶりのファーストでの公式戦出場だった。だが谷自身「ブランクの長さ」を理由に、ファースト守備に不安を覗かせていた(月刊ジャイアンツ2010年7月号より)。4月24日の木村拓也の追悼試合に代打で登場し、レギュラーシーズン初となる満塁本塁打を高橋建から放った。その後のヒーローインタビューでは涙ながらに木村拓也への思いを語っていた。しかし以降は調子が上がらず、結果的に84試合出場とプロ入り後最少の出場に留まり、去年高い数字を残した打率は.238、得点圏打率は.176と移籍後最低の成績に終わり不本意なシーズンとなってしまった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た広島市民球場 (初代)

    1500本安打:2007年7月1日、対広島東洋カープ9回戦(広島市民球場)、9回表に永川勝浩から中前安打 ※史上94人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た北海道日本ハムファイターズ

    初打点:1997年5月22日、対日本ハムファイターズ9回戦(グリーンスタジアム神戸)、12回裏に岩本勉から谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た阪神甲子園球場

    100本塁打:2007年4月22日、対阪神タイガース6回戦(阪神甲子園球場)、8回表に渡辺亮から左越2ラン ※史上249人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た横浜スタジアム

    、開幕から不動の2番・左翼手として活躍。シーズンを通して高打率を維持し、リーグ3位、チームではトップの打率.318をマーク。得点圏打率は3割7分を超えた。盗塁も二桁にのせるなど過去2年の不振から完全に復活。巨人5年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献した。9月1日の対横浜ベイスターズ19回戦(横浜スタジアム)で7回表二死満塁の場面で、遊ゴロを放った際、一塁アウトの判定に激怒。一塁塁審・有隅昭二の胸を突き飛ばし、人生初の退場処分を受けた。この年の契約更改ではチーム最高打率を残した活躍を評価され、1億1000万円アップに加え2年の複数年契約が提示されるも、FA権を行使せず2億6000万円の1年契約でサイン。シーズン終了後に肘の遊離軟骨除去手術を受けた。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た柔道

    夫人は、元柔道選手・参議院議員の谷亮子。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た左翼手

    、センターのポジションを福岡ダイエーホークスからFA移籍してきた村松有人に譲り、守備負担の少ないレフトで安定した成績を残す。アテネオリンピック野球日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得するも、最後の打者となった準決勝戦で一塁に駆け抜けた際に転倒し右足を負傷してしまう。残りシーズンはほとんど試合に出場できなかったが、規定打席には到達。4年連続で打率3割を達成する。2004年末の選手分配ドラフトにより、オリックス・バファローズへ。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た右翼手

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の古巣・オリックス戦では、9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示