99件中 61 - 70件表示
  • 谷佳知

    谷佳知から見た本塁打

    高校は香川県の尽誠学園高等学校に野球留学。2年生時に一学年上の宮地克彦とともに第71回全国高等学校野球選手権大会に出場し、1番右翼手として本塁打を放つなどチームのベスト4進出に貢献した。卒業後は大阪商業大学に進学。関西六大学リーグ通算83試合出場、282打数104安打、打率.369、7本塁打、44打点。3年秋に打率.565、26安打のリーグ新記録を樹立し関西六大学リーグ三冠王になり最優秀選手に選ばれた。ベストナイン3度受賞。三菱自動車岡崎ではの第66回都市対抗野球大会で若獅子賞を受賞、同年のオリンピック予選でMVPを獲得。翌のアトランタオリンピック野球日本代表に選ばれ銀メダル。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たベストナイン (日本プロ野球)

    には134試合に出場、リーグ5位となる打率.291を記録するなどし、初のベストナインにも選出された。また、前年1盗塁ながら同年は24盗塁を記録。盗塁死はわずか2で高い成功率を収めた。この年は一塁手として出場することも多かった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た大阪ドーム

    9月16日、京セラドーム大阪で会見を開き、今季限りでの現役引退を発表した。10月3日に、京セラドーム大阪で行われた引退試合(対ソフトバンク戦)で、7回1死1塁で代打で登場。武田翔太が投げた初球を打ち、現役最終打席を通算1928本目の安打(日本プロ野球名球会への入会基準である通算2000本安打まで残り72)で締めくくった。12月2日付で、日本野球機構(NPB)から自由契約選手として公示された。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た中堅手

    には132試合に出場し、規定打席にも到達。打率.284、10本塁打を記録し、プロ2年目ながらセンターのレギュラーを勝ち取った。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た全球団から本塁打

    、東京ヤクルトスワローズから左翼手のアレックス・ラミレスが加入したため、中堅手へ再コンバートされる。守備の負担が多くなったためか打撃不振に陥り、オープン戦から打撃好調の亀井義行らにレギュラーを奪われるものの、代打で起用されるうちに徐々に本来の打撃を取り戻した。高橋由伸や亀井の怪我による離脱後はスタメンに復帰し、安定した成績を残している。終盤は亀井と右翼手で併用されることが多かった。6月3日の対オリックス戦の9回表に加藤大輔から本塁打を放った事で、13球団から本塁打の記録を達成した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2004年第2戦)谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た横浜DeNAベイスターズ

    は開幕から不動の2番・左翼手として活躍。自己最多の141試合に出場し、シーズンを通して高打率を維持してリーグ3位、チームトップの打率.318をマークし、自身3年ぶりの打率3割、3年ぶりの二桁本塁打(10本)を記録。得点圏打率は3割7分を超えた。盗塁も二桁にのせるなど過去2年の不振から完全に復活した。9月1日の対横浜ベイスターズ19回戦(横浜スタジアム)で7回表二死満塁の場面で、遊ゴロを放った際、一塁アウトの判定に激怒。一塁塁審・有隅昭二の胸を突き飛ばし、人生初の退場処分を受けた。この年の契約更改ではチーム最高打率を残した活躍を評価され、1億1000万円アップに加え2年の複数年契約が提示されるも、FA権を行使せず2億6000万円の1年契約でサイン。シーズン終了後に肘の遊離軟骨除去手術を受けた。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た東京ドーム

    1000試合出場:2004年7月25日、対北海道日本ハムファイターズ17回戦(東京ドーム)、4番・左翼手として先発出場 ※史上397人目谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た一塁手

    には134試合に出場、リーグ5位となる打率.291を記録するなどし、初のベストナインにも選出された。また、前年1盗塁ながら同年は24盗塁を記録。盗塁死はわずか2で高い成功率を収めた。この年は一塁手として出場することも多かった。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

  • 谷佳知

    谷佳知から見た柔道

    、シドニー五輪柔道金メダリスト田村亮子と結婚。シーズンでは137試合に出場し、9月には自身初の月間MVPを受賞した。また、シーズンを通して189安打を放ち最多安打のタイトルを獲得(2004年に近鉄バファローズとの合併したことによりブルーウェーブでの最後の打撃タイトル選手となった)し、パ・リーグの右打者としての安打数記録を更新。リーグ2位となる打率.350を記録し、本塁打も自己最多の21本を放つ好成績を上げる。センターの守備では、自己最多補殺と二桁失策を同時に記録した。谷佳知 フレッシュアイペディアより)

99件中 61 - 70件表示

「谷佳知」のニューストピックワード