前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見た谷口徹谷口徹

    日本勢最高は、谷口徹の+12(296)で63位タイ2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • PL学園中学校・高等学校

    PL学園中学校・高等学校から見た谷口徹谷口徹

    母体であるパーフェクト リバティー教団は「人生は芸術である」という教義を掲げている。そのため自己表現を重視することが奨励され、野球を始めとしたスポーツにも力が入れられている。特に後述の通り硬式野球部が有名である他、軟式野球部、バトン部、剣道部などが全国大会レベルで活躍している。かつてゴルフ部は、男子が1980年、第1回全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝し、翌年の第2回全国高等学校ゴルフ選手権大会も優勝しており、高村博美(賞金女王1回)、中島千尋(ツアー通算4勝)、谷口徹(賞金王2回)ほか数多くのプロゴルファーを輩出した(2001年に廃部)。PL学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 諸藤将次

    諸藤将次から見た谷口徹谷口徹

    諸藤の最大の特徴は飛距離で、ドライバーショットで300ヤード(約274メートル)以上の飛距離を誇る。高校3年生の時に出場した久光製薬KBCオーガスタでは、ドライビングディスタンスで314.13ヤードを記録し、プロを抑えて1位に輝いたこともある。しかし、プロ入り後思うようにいかなかった時、「飛ぶけど曲がる」弱点を克服しようとしたが、「飛ばず曲がる」という悪循環に陥った。しかし、2010年2月に母が亡くなったのをきっかけに原点に戻り、一から体を鍛え直した結果、飛距離が回復、2011年には小田孔明や谷口徹などの練習ラウンドに加わりコントロールショットも勉強した。その結果が、フジサンケイクラシックの初優勝に結び付いたという。諸藤将次 フレッシュアイペディアより)

  • 今田竜二

    今田竜二から見た谷口徹谷口徹

    夏場以降は予選落ちも多く苦しんだが、フォールシリーズではターニングストーン・リゾート選手権で3位タイに食い込むなど活躍し、日本人初の獲得賞金300万ドルを達成。年間賞金ランキング13位でシーズンを終えた。11月末には谷口徹とのペアでオメガ・ミッションヒルズ・ワールドカップに初出場し、3位タイの好成績を残した。今田竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 清水重憲

    清水重憲から見た谷口徹谷口徹

    清水 重憲 (しみず しげのり、1974年7月10日-)は、日本のプロゴルフキャディー。大阪府八尾市出身。近畿大学卒業。身長177cm、体重76km、血液型B型。ダイワ、イオミック所属。契約プロは、谷口徹、上田桃子。 ツアー帯同通算勝利数は、15勝。 公式ハンディキャップは10。趣味は、スパ・サウナ、野球観戦。愛称は、「ノリ」、「ノリさん」。清水重憲 フレッシュアイペディアより)

  • ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ

    ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップから見た谷口徹谷口徹

    高知県で初めてとなる女子のプロゴルフトーナメントである。なお男子では毎年11月最終週にカシオワールドオープンゴルフトーナメントが芸西村にあるKochi黒潮カントリークラブで開催(2005年に鹿児島県から開催地を変更)されているほか、過去には本トーナメントの舞台となる土佐CCで1998年に三菱ギャラントーナメント(現・ダイヤモンドカップゴルフ、優勝・谷口徹)が、2004年にはKochi黒潮CCで日本プロゴルフ選手権(優勝・S・K・ホ)が行われている。ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ フレッシュアイペディアより)

  • 1968年のスポーツ

    1968年のスポーツから見た谷口徹谷口徹

    2月10日 - 谷口徹(奈良県、ゴルフ)1968年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見た谷口徹谷口徹

    優勝:谷口徹() -10(270)初優勝2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のスポーツ

    2002年のスポーツから見た谷口徹谷口徹

    賞金王(男子):谷口徹2002年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 大洗ゴルフ倶楽部

    大洗ゴルフ倶楽部から見た谷口徹谷口徹

    「ダイヤモンドカップゴルフ」では「逆転の大洗」という異名を持っている。1996年は尾崎将司が日本記録となる8打差を逆転しての優勝を飾った。また、2001年の大会では初日116位と低迷した伊沢利光が2日目以降徐々にスコアを伸ばし、藤田寛之、五十嵐雄二とのプレーオフまでを制した。しかし、2004年の大会は3日目トップに立った平塚哲二がそのまま逃げ切って優勝。初めて「逆転の大洗」の異名が崩れてしまったが、2007年は平塚が2日目トップに立った谷口徹を逆転で下し、2009年は3日目2位タイだった兼本貴司がトップにいたブレンダン・ジョーンズを3ホールに及ぶプレーオフで下した。大洗ゴルフ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示