前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見た谷口徹谷口徹

    谷口徹(5年ぶり2回目)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • PL学園中学校・高等学校

    PL学園中学校・高等学校から見た谷口徹谷口徹

    また、硬式野球部のほかにも軟式野球部もあり全国大会レベルで活躍している。他にバトン部、剣道部などが全国的に活躍をしていることでも知られている。かつてはゴルフ部も全国優勝したこともあり、高村博美(賞金女王1回)、中島千尋(ツアー通算4勝)、谷口徹(賞金王1回)ほか数多くのプロゴルファーを輩出している(2001年に廃部)。PL学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 谷原秀人

    谷原秀人から見た谷口徹谷口徹

    2007年は、前半戦こそスイングの改造が思うように功を奏さず、予選落ちや失格などで結果が残せないでいたが、6月開催の?全英への道? ミズノオープンよみうりクラシック付近から徐々に効果が現れ始め、8月末フジサンケイクラシックで優勝、続くサントリーオープンでも優勝し、2週連続優勝という自身初の快挙を成し遂げる。ただしこの2試合は共に台風による54ホール短縮競技となっており、2週連続短縮競技優勝という妙な快挙までついてきた。谷口徹・片山晋呉には及ばなかったものの賞金ランキングも4位でフィニッシュ。2月より用具契約をブリヂストンスポーツから横浜ゴムのプロギアに変更した。谷原秀人 フレッシュアイペディアより)

  • 大洗ゴルフ倶楽部

    大洗ゴルフ倶楽部から見た谷口徹谷口徹

    「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」では「逆転の大洗」という異名を持っていた。1996年は尾崎将司が日本記録となる8打差を逆転しての優勝を飾った。また、2001年の大会では初日116位と低迷した伊沢利光が2日目以降徐々にスコアを伸ばし、藤田寛之、五十嵐雄二とのプレーオフまでを制した。しかし、2004年の大会は3日目トップに立った平塚哲二がそのまま逃げ切って優勝。初めて「逆転の大洗」の異名が崩れてしまったが、2007年は平塚が2日目トップに立った谷口徹を逆転で下し、2009年は3日目2位タイだった兼本貴司がトップにいたブレンダン・ジョーンズを3ホールに及ぶプレーオフで下した。大洗ゴルフ倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • 横尾要

    横尾要から見た谷口徹谷口徹

    10歳からゴルフを始める。アマチュア時代には1993年の「日本学生ゴルフ選手権」優勝や、1994年の広島アジア大会で個人・団体2冠獲得などがある。1995年のプロゴルファーテストで、日本大学ゴルフ部の同期選手である片山晋呉、宮本勝昌と一緒に合格した。直ちに「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」で5位入賞のデビューを飾る。1998年の「アコム・インターナショナル」でツアー初優勝。1999年の「東海クラシック」ではビジェイ・シンを1打差で振り切ってツアー2勝目を挙げる。この年には全米オープンゴルフにも出場し、初日5位のスタートを切ったことから(最終順位は57位)世界挑戦への意欲を高めた。2000年の日本プロゴルフマッチプレー選手権で、決勝戦で谷口徹を破り初優勝。この優勝で横尾は日本ゴルフツアーの5年シード権を獲得する。同年末にアメリカPGAツアーの「クオリファイイング・スクール」(通称 Q-School, シード権獲得への出場資格試験)に合格し、アメリカツアーのフル参戦権を獲得した。横尾要 フレッシュアイペディアより)

  • 清水重憲

    清水重憲から見た谷口徹谷口徹

    清水 重憲 (しみず しげのり、1974年7月10日-)は、日本のプロゴルフキャディー。大阪府八尾市出身。近畿大学卒業。身長177cm、体重76km、血液型B型。ダイワ、イオミック所属。契約プロは、谷口徹、上田桃子。 ツアー帯同通算勝利数は、15勝。 公式ハンディキャップは10。趣味は、スパ・サウナ、野球観戦。愛称は、「ノリ」、「ノリさん」。清水重憲 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント

    長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメントから見た谷口徹谷口徹

    第3回(2007年): 谷口徹長嶋茂雄Invitational セガサミーカップゴルフトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 諸藤将次

    諸藤将次から見た谷口徹谷口徹

    諸藤の最大の特徴は飛距離で、ドライバーショットで300ヤード(約274メートル)以上の飛距離を誇る。高校3年生の時に出場した久光製薬KBCオーガスタでは、ドライビングディスタンスで314.13ヤードを記録し、プロを抑えて1位に輝いたこともある。しかし、プロ入り後思うようにいかなかった時、「飛ぶけど曲がる」弱点を克服しようとしたが、「飛ばず曲がる」という悪循環に陥った。しかし、2010年2月に母が亡くなったのをきっかけに原点に戻り、一から体を鍛え直した結果、飛距離が回復、2011年には小田孔明や谷口徹などの練習ラウンドに加わりコントロールショットも勉強した。その結果が、フジサンケイクラシックの初優勝に結び付いたという。諸藤将次 フレッシュアイペディアより)

  • フジサンケイクラシック

    フジサンケイクラシックから見た谷口徹谷口徹

    これに対して、星野英正が「ツアーは何を考えているのか。人の命を心配していないんじゃないか」と主催者とツアー機構に対して批判、谷口徹も2日目の強行開催に関して「意味が分からない」と言っている。フジサンケイクラシック フレッシュアイペディアより)

  • 倉本昌弘

    倉本昌弘から見た谷口徹谷口徹

    翌1981年、プロテストに合格。7月プロ転向デビュー戦、後援競技『和歌山オープン』でいきなり優勝すると、デビューから4戦で3勝(2位1回)し、センセーションを巻き起こした。この年計6勝、新人としては史上最高の賞金ランク2位となった。飛ばし屋として知られ「ポパイ」とあだ名を付けられた。青木功、尾崎将司、中島常幸の「AON」に若手の倉本が絡んだことでツアーは大いに盛り上がりゴルフブームを興した。また同じ学士プロの湯原信光、羽川豊は“ニューウェーブ三羽烏”として注目を集めた。1982年には「全英オープン」で日本人選手の過去最高位・4位タイの偉業を果たす。1992年には通算25勝目をあげ、日本男子プロゴルフ史上5人目、大学出身初の永久シードを獲得した。この1992年にはアメリカPGAツアーのQスクールをトップ合格し、1993年のPGAツアーに挑戦したが、諸事情あって専念できなかったことは今も後悔していると話している。生涯獲得賞金は10億886万8952円(2010年7月現在)で谷口徹に次ぐ6位と青木功を凌ぐ。倉本昌弘 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「谷口徹」のニューストピックワード