前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
231件中 1 - 10件表示
  • 第3次安倍内閣

    第3次安倍内閣から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2015年4月17日、自民党情報通信戦略調査会はテレビ朝日とNHKの経営幹部を呼んで、それぞれ報道番組の内容について事情を聴取。情報通信戦略調査会会長の川崎二郎は会合後に記者団に対して、放送法違反があれば総務大臣は業務停止を命ずることができるとする放送法の規定に触れ、「あれは真実の放送ですかと会社に聞いているだけだ」と強調し聴取は問題ないとの認識を示した。自民党幹事長の谷垣禎一は調査会による聴取について「報道機関の自主性を十分尊重しなければならない。十分意識しながら対応している」と述べた。一方、公明党幹事長の井上義久は「介入と受け止められない慎重な対応が必要だ。自民党はきちんと説明責任を果たしたほうがいい」と懸念を示した。民主党代表の岡田克也は「報道の自由の尊重は必要だ」と指摘。維新の党政調会長の柿沢未途は「問い詰める場を設定すれば現場の萎縮をもたらす」と批判。共産党国対委員長の穀田恵二は「衆院選の期間中から続いている報道機関に対する圧力と取られかねない」と述べた。第3次安倍内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年12月13日、谷垣禎一自由民主党総裁は、「この政権は権力の行使について抑制の感覚を持っているのか。特に、憲法の運用の中でも天皇と政治の関係は極めてデリケートなものだ。いまさらいうことでもないが、天皇の国事行為は極めて限定されている。日本の政治のデリケートな部分に対して権力をどう行使するかという方向感がめちゃくちゃだ」と批判した。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 石原伸晃

    石原伸晃から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2006年、総裁・安倍晋三の下で幹事長代理に就任。翌2007年の党役員人事では自民党政務調査会長に起用され、初めて党三役入りした。同年12月、山崎派に入会。2008年、福田康夫の辞任に伴う自由民主党総裁選挙に出馬するが、得票数4位で落選した。新総裁・麻生太郎の下、再び幹事長代理に就任。2009年7月、自民党は東京都議会議員選挙で大敗。東京都連会長であった石原は、敗北の責任を取り都連会長を辞任する意向を表明したが、第45回衆議院議員総選挙が迫っていたため辞任は了承されなかった。同年8月の第45回衆議院議員総選挙では、東京8区で社会民主党前職の保坂展人を破り、7選。選挙後の自由民主党総裁選挙では谷垣禎一の推薦人に名を連ねた。石原伸晃 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党幹事長

    自由民主党幹事長から見た谷垣禎一谷垣禎一

    通常、総裁に代わり党務を掌握しているため絶大な権限を持ち、俗に「閣僚ポスト2つ分」と言われる。党の実務責任者として重要な任務が多いことから、幹事長経験者は総裁候補と目されることが多く、過去に自民党総裁に就任した24名のうち半数の12名までが幹事長経験者であった。また谷垣禎一は幹事長経験がなく総裁に就任したが、一度総裁を辞したのちに幹事長に就任している(現在までで唯一の例)。自由民主党幹事長 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党の派閥

    自由民主党の派閥から見た谷垣禎一谷垣禎一

    在任期間を終えてもそのまま派閥に復帰しなかった例としては、役職就任時に派閥を離脱した小泉純一郎総裁・石破茂政調会長・谷垣禎一総裁などが挙げられる。自由民主党の派閥 フレッシュアイペディアより)

  • 上げ潮派

    上げ潮派から見た谷垣禎一谷垣禎一

    福田康夫内閣では、新たに内閣総理大臣補佐官として伊藤達也が起用されたが、社労族議員などから批判が出た。福田改造内閣では上げ潮派からの入閣は一人もおらず、財政再建を重視し小泉政権で閣僚を務めた与謝野や谷垣禎一らが再入閣した。伊藤は引き続き内閣総理大臣補佐官として留任した。また、福田康夫は自由民主党国家戦略本部の本部長代理に中川を起用するとともに、国家戦略本部にマニフェスト策定の権限を新たに与えた。上げ潮派 フレッシュアイペディアより)

  • 自転車活用推進研究会

    自転車活用推進研究会から見た谷垣禎一谷垣禎一

    5代目…谷垣禎一(2013年)自転車活用推進研究会 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年自由民主党総裁選挙

    2009年自由民主党総裁選挙から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年自由民主党総裁選挙(2009ねんじゆうみんしゅとうそうさいせんきょ)は、第45回衆議院議員総選挙の大幅過半数割れの責任を負う形で辞任した第23代総裁・麻生太郎の後任を選ぶべく、2009年9月28日に行われた自由民主党総裁選挙である。選挙の結果、谷垣禎一が第24代自由民主党総裁に就任した。2009年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年自由民主党総裁選挙

    2006年自由民主党総裁選挙から見た谷垣禎一谷垣禎一

    その時から、ポスト小泉人事がメディア等で取りざたされ、有力候補として麻生太郎、谷垣禎一、福田康夫、安倍晋三の4名の名前が挙がり、「麻垣康三」という4名の苗字名前から1字ずつ取った言葉が森喜朗に名づけられ、以降頻繁に用いられた。2006年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年福井県知事選挙

    2011年福井県知事選挙から見た谷垣禎一谷垣禎一

    また、この知事選では自民党衆議院議員で福井2区選出の山本拓が立候補を検討していたが、その後谷垣禎一総裁などの説得により、立候補を撤回した。2011年福井県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
231件中 1 - 10件表示

「谷垣禎一」のニューストピックワード