231件中 91 - 100件表示
  • 安倍内閣総理大臣談話

    安倍内閣総理大臣談話から見た谷垣禎一谷垣禎一

    谷垣禎一(自由民主党幹事長):「先の大戦での我が国の失敗の原因がどこにあり、戦後、その失敗を克服し、国際法の進化のもとでわが国が努力してきた成果を分析した上で、今後のわが国が取るべき方向性を示した、非常にバランスの取れた談話だ」安倍内閣総理大臣談話 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田均

    芦田均から見た谷垣禎一谷垣禎一

    1959年(昭和34年):71歳で死去。死後、谷垣專一(谷垣禎一の父)が芦田の地盤を引き継いで代議士となった。芦田均 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井孝男

    藤井孝男から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2010年4月8日、自民党総裁の谷垣禎一に直接会って離党届を提出し、同年4月10日に結党されたたちあがれ日本に参加、党参議院会長に就任。自民党会派を離脱したことを受けて、同年4月14日に参議院懲罰委員長を辞任した。自民党宛の離党届は同年4月27日の党紀委員会で了承された。藤井孝男 フレッシュアイペディアより)

  • 金子原二郎

    金子原二郎から見た谷垣禎一谷垣禎一

    知事退任後、第22回参議院議員通常選挙において自民党公認で長崎県選挙区から出馬、当選し、国政に復帰した。当選後、衆議院時代も所属していた宏池会に再入会。2012年、自由民主党総裁を退任した谷垣禎一を中心に旗揚げされた勉強会「有隣会」にも重複して参加した。同年、参議院決算委員長に就任。2016年、第24回参議院議員通常選挙で再選。金子原二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小里泰弘

    小里泰弘から見た谷垣禎一谷垣禎一

    1990年に父の労働大臣就任に伴い大臣秘書官に就任。2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では父の引退に伴い、鹿児島4区から自由民主党公認で出馬。直前に社会民主党を離党し、民主党公認で出馬した元職の濱田健一を破り、初当選した。当選後は、2005年初当選組で構成される83会及び谷垣派に所属。2006年自由民主党総裁選挙では、谷垣禎一の推薦人に名を連ねる。小里泰弘 フレッシュアイペディアより)

  • 山本公一

    山本公一から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2000年、第2次森内閣不信任決議案をめぐる、加藤紘一による倒閣運動(いわゆる加藤の乱)では、加藤派の所属議員が野中広務幹事長らに切り崩される中、不信任案に賛成票を投じるため本会議場へ向かう加藤を最後まで慰留し、最終的に断念させる。この時、共に加藤を慰留したのが谷垣禎一だった。2004年9月、第2次小泉改造内閣で総務副大臣に任命され、第3次小泉内閣まで務める。山本公一 フレッシュアイペディアより)

  • 三ツ矢憲生

    三ツ矢憲生から見た谷垣禎一谷垣禎一

    所属派閥は宏池会。派内では谷垣禎一に近かったが、2012年9月、古賀派から逢沢一郎、中谷元ら旧谷垣派系議員が離脱した際には同調せず、派内に留まった。その後、古賀派が岸田派に代替わりした際には、派閥分裂という結果に至った総括を新会長の岸田文雄に要求した。また、岸田派所属ではあるものの、谷垣らが新たに結成した政策グループ・有隣会にも2014年度まで参加していた。三ツ矢憲生 フレッシュアイペディアより)

  • 大口善徳

    大口善徳から見た谷垣禎一谷垣禎一

    婚外子差別撤廃についても賛同し、2010年11月には「最高裁判決が出る前に法改正すべき。閣法で提出するよう働きかけたい」と述べた。2013年9月4日、最高裁判所が相続において婚外子を差別する民法の規定が違憲であるとの判断を下したことを受け、翌5日、法務省に法務大臣谷垣禎一を訪ね、速やかな民法改正を求める要望書を手渡した。大口善徳 フレッシュアイペディアより)

  • 西村康稔

    西村康稔から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2000年の第42回衆議院議員総選挙に、引退する原の地盤を引き継ぎ無所属で兵庫9区から出馬したが、自由民主党公認の宮本一三に敗れ、落選した。2003年、第43回衆議院議員総選挙に再び無所属で兵庫9区から出馬し、前回敗れた宮本を下して初当選。無所属の新人議員5人で院内会派「グループ改革」を結成後、自民党に入党し、森派(当時)に入会。2005年の第44回衆議院議員総選挙では、新党日本公認の宮本、民主党公認の畠中光成を破り再選。2006年、自民党内閣部会産業・地域再生小部会長に就任。2008年8月、福田康夫改造内閣で外務大臣政務官に任命され、麻生内閣まで務める。2009年の第45回衆議院議員総選挙では自民党に逆風が吹く中、国民新党公認の宮本を兵庫9区で6万票超で破り、3選。兵庫県の12の小選挙区の当選者のうち、西村が唯一の自民党公認候補であり、総選挙後は自民党兵庫県連会長に就任。同年9月、自由民主党総裁選挙に町村派の一部議員から推される形で出馬(総裁選出馬に際し、町村派を退会した)したが、谷垣禎一に敗れた。西村康稔 フレッシュアイペディアより)

  • 坂井学

    坂井学から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2012年、「谷垣禎一総裁では選挙は戦えない」と述べた。坂井学 フレッシュアイペディアより)

231件中 91 - 100件表示

「谷垣禎一」のニューストピックワード