196件中 91 - 100件表示
  • 山口那津男

    山口那津男から見た谷垣禎一谷垣禎一

    茨城県那珂郡那珂湊町(現:ひたちなか市)に生まれ、日立市で育つ。茨城県立水戸第一高等学校、東京大学法学部卒業。1979年、26歳で司法試験に合格した。1982年、司法修習34期を修了し、東京弁護士会に弁護士登録。司法修習の同期には千葉景子、伊東秀子、松野信夫、谷垣禎一らがいる。1988年から日本弁護士連合会調査室嘱託。山口那津男 フレッシュアイペディアより)

  • 今村雅弘

    今村雅弘から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、佐賀2区で民主党の大串博志に約7,000票差で敗れたが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、5回目の当選を果たした。2012年秋、谷垣禎一前自民党総裁による勉強会「有隣会」に参加した。今村雅弘 フレッシュアイペディアより)

  • 園田博之

    園田博之から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2008年、麻生太郎総裁の下で政調会長代理に就任した。園田は麻生内閣の経済財政政策担当大臣である与謝野馨に働きかけ、財政再建派の「正しいことを考え実行する会」を設立。上げ潮派の中川秀直元幹事長らを牽制した。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、自民党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、熊本県第4区で8回目の当選を果たした。同年10月、谷垣禎一総裁の下で幹事長代理に就任したが、執行部批判を強める与謝野馨に同調し、2010年3月に幹事長代理を辞任した。同年4月、新党の結成について「自民党から多くの仲間を連れて行き、党を分裂させてケンカをしようという話ではない。民主党に反対したい人たちを自民党だけで吸収できないのであれば、別の党を作ってなるべく多くの人を吸収し、左右から挟み撃ちにして民主党をやっつければいい」「今の自民党では民主党を嫌った人を吸収出来ない。政策が駄目なわけではないが、ゼロからスタートしなければ信用を得られない」「自民の分裂とは言われたくない。県内の兄弟分は誘えない」と述べ、自民党を離党し、反自民の立場ではない新党の結成を示唆した。4月5日、無所属の平沼赳夫元経済産業大臣及び与謝野の2人を中心に新党構想が持ち上がっていたたちあがれ日本に参加するため、大島理森自民党幹事長(当時)に離党届を提出した。離党届を提出した後、「参院選で与党を少数に追い込まないと何のチャンスも生まれない。政策変更さえしないだろう。憤りを感じて新党に参加する」「民主党が国民のためにそこそこのことをしていたら、僕らも政権奪還をゆっくりやる。(しかし)民主党は国民の歓心を買うことだけにいよいよ邁進している」と述べ、改めて反自民ではなく反民主の新党であるとの認識を示し、4月10日に結党したたちあがれ日本の幹事長に就任。園田の離党届は4月27日の自民党党紀委員会で了承された(なお与謝野の離党届は受理されず、除名処分が下った)。園田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 竹本直一

    竹本直一から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2010年9月、自由民主党シャドウ・キャビネット(谷垣禎一首班による第1次影の内閣)において影の国家公安委員会委員長に就任(地方分権改革・金融・経済財政政策・消費者及び食品安全・拉致問題の各分野も担当)。拉致問題担当については9月21日の内定時には設置されていなかったが、翌9月22日の正式発表の際に竹本が兼務する形で設置された。2011年10月に発足した自由民主党シャドウ・キャビネット(谷垣禎一首班による第2次影の内閣)では、担当分野に行政改革、公務員制度改革が追加される形で影の国家公安委員会委員長に再任。竹本直一 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年12月2日、自民党では、谷垣禎一総裁が、日本経済が置かれている状況を「鳩山不況」と表現した。メディアでも鳩山内閣発足直後、2009年度の補正予算案の削減を行ったことで「鳩山不況」が発生すると懸念された。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 白川勝彦

    白川勝彦から見た谷垣禎一谷垣禎一

    1976年の衆院選初出馬時は保守系無所属で、後に自民党へ入党。内閣官房副長官在職中の加藤紘一のスカウトで宏池会に入会し、時の大平正芳総理・総裁と師弟関係を結ぶ。1979年、第35回衆議院議員総選挙にて初当選(当選同期に佐藤信二・保利耕輔・畑英次郎・岸田文武・丹羽雄哉・吹田あきら・宮下創平・亀井善之・船田元など)。以降川崎二郎・谷垣禎一・古賀誠・森田一とともに、加藤の側近として活動。白川勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 大島理森

    大島理森から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年9月29日、前日に自民党総裁に就任した谷垣禎一の下で国対委員長から転じて幹事長に就任した(後任の国対委員長には谷垣と同派閥の川崎二郎が就いた)。就任当初は鳩山政権の高支持率の前に国会運営でも押され気味で、与党の強行採決を許し、審議拒否戦術も結局は空振りに終わり、平将明ら中堅・若手議員からはテレビ出演時の大島の顔が「怖い」などと苦言を呈され、執行部の人心一新を求める声が絶えないなど苦境が続いたが、翌年にかけて民主党の支持率が低下していく一方、自民党は地方選挙で地道に勝利を収めていったため、求心力を維持した。7月11日、菅内閣の下で行われた第22回参議院議員通常選挙では、参議院一人区に的を絞った選挙戦術や公明党との選挙協力が奏功し、自民党が改選第1党となりねじれ国会をもたらす勝利を成し遂げた。大島理森 フレッシュアイペディアより)

  • 新藤義孝

    新藤義孝から見た谷垣禎一谷垣禎一

    ネットメディア局長在任中、ネットボランティア組織自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)を立ち上げ、代表に就任した。同局長退任後は後任の平井卓也にJ-NSC代表の座を譲り、自身は事務局長に就任した。また、報道局長として、毎週木曜日に党本部で行われている谷垣禎一総裁の定例記者会見の進行を務めている。新藤義孝 フレッシュアイペディアより)

  • 河野太郎

    河野太郎から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2008年(平成20年)9月、衆議院外務委員長に就任。2009年(平成21年)9月、自由民主党総裁選挙へ出馬したが西村康稔出馬で若手票が分断され谷垣禎一に敗れた。11月11日、新世代保守を確立する会を設立。2010年(平成22年)4月5日、自民党は離党した園田博之前幹事長代理の後任に河野を充てることを臨時役員会で決定し、翌4月6日に河野は谷垣禎一総裁の下で幹事長代理に正式に就任、自民党政権力委員会無駄撲滅担当に就任。河野太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷元

    中谷元から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2012年10月に宏池会を脱退し、谷垣禎一前自民党総裁による勉強会「有隣会」に参加した。同年12月に自民党が政権与党に返り咲き、党の人事見直しにより自由民主党副幹事長(特命)に就任。中谷元 フレッシュアイペディアより)

196件中 91 - 100件表示

「谷垣禎一」のニューストピックワード