231件中 101 - 110件表示
  • 文藝春秋

    文藝春秋から見た谷垣禎一谷垣禎一

    しかしながらこういう報道姿勢は、深刻な人権侵害を招くこともある。聖嶽洞穴発掘調査捏造疑惑報道では当事者による抗議の自殺を招いたうえに名誉毀損訴訟で敗訴、渡辺恒雄読売新聞主筆、谷垣禎一元財務相などの報道でも、いずれも名誉毀損による敗訴と賠償金の支払いが確定するなど、結果として出版ジャーナリズムの信憑性や信用力を低下させかねない事態を招いている。文藝春秋 フレッシュアイペディアより)

  • 浜田靖一

    浜田靖一から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2011年(平成23年)10月、谷垣禎一総裁の下、国会対策委員長代理に就任(国会対策委員長は自身と当選同期の岸田文雄)。2012年(平成24年)の自由民主党総裁選挙では、同じ防衛大臣経験者の石破茂を支持したが、石破は浜田と当選同期の安倍晋三に敗れた。総裁選後、安倍総裁の下、国会対策委員長代理から昇格する形で自由民主党国会対策委員長に就任した。同年12月、自民党幹事長代理に就任。2013年(平成25年)1月31日、無派閥連絡会の初会合に参加した。浜田靖一 フレッシュアイペディアより)

  • 木原稔

    木原稔から見た谷垣禎一谷垣禎一

    10月2日、谷垣禎一幹事長は「平和安全法制は無事成立し、本人も反省している」として役職停止処分を3ヶ月に短縮した。木原稔 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤紀文

    加藤紀文から見た谷垣禎一谷垣禎一

    1995年8月、村山改造内閣で同じ岡山県選出である橋本龍太郎通産相の下で通産政務次官、1997年9月からは谷垣禎一科学技術庁長官の下で科学技術政務次官を務めた。加藤紀文 フレッシュアイペディアより)

  • 山下雄平

    山下雄平から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2007年 - 日本経済新聞社入社。政治部で谷垣禎一や保利耕輔らの番記者を務める山下雄平 フレッシュアイペディアより)

  • 記者クラブ

    記者クラブから見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年10月14日、自由民主党総裁・谷垣禎一は定例記者会見を、自民党の記者クラブである平河クラブ以外の日本国内外のあらゆるメディアやフリーランスの記者・カメラマンにも開放した。ただし、最初の質問権は平河クラブのみで、平河クラブの質問が一通りした後に、平河クラブ加盟社以外のフリーランスの記者も含めて質問出来る様になっている。会見所開放当初は熟慮したものではなかった。記者クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 園田博之

    園田博之から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2008年、麻生太郎総裁の下で政調会長代理に就任した。園田は麻生内閣の経済財政政策担当大臣である与謝野馨に働きかけ、財政再建派の「正しいことを考え実行する会」を設立。上げ潮派の中川秀直元幹事長らを牽制した。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、自民党に猛烈な逆風が吹き荒れる中、熊本4区で8回目の当選を果たした。同年10月、谷垣禎一総裁の下で幹事長代理に就任したが、執行部批判を強める与謝野馨に同調し、2010年3月に幹事長代理を辞任した。同年4月、新党の結成について「自民党から多くの仲間を連れて行き、党を分裂させてケンカをしようという話ではない。民主党に反対したい人たちを自民党だけで吸収できないのであれば、別の党を作ってなるべく多くの人を吸収し、左右から挟み撃ちにして民主党をやっつければいい」「今の自民党では民主党を嫌った人を吸収出来ない。政策が駄目なわけではないが、ゼロからスタートしなければ信用を得られない」「自民の分裂とは言われたくない。県内の兄弟分は誘えない」と述べ、自民党を離党し、反自民の立場ではない新党の結成を示唆した。園田博之 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年日本の補欠選挙

    2016年日本の補欠選挙から見た谷垣禎一谷垣禎一

    一方、与党側は自民党が2月15日に同党京都府連と執行部の会談が行われ、府連側は「有権者に選択肢を与えるのが政権与党の責任であり地元の意向だ」と候補者擁立を急ぐ考えを示したのに対し、執行部は「補選で負けた場合には参院選へも影響を及ぼす」と慎重な姿勢を示した。また、連立与党の公明党も、山口那津男代表が記者会見において独自候補を擁立しない考えを示すなど、こちらも慎重な姿勢を見せた。2月29日、自民党・谷垣禎一幹事長が記者会見において、前任者である宮崎謙介の不祥事に対する地元への配慮ならびに北海道5区・第24回参議院議員通常選挙に専念することを理由に、公認候補者の擁立を断念したことを表明。政権与党が補欠選挙で公認候補を立てない、いわゆる「不戦敗」となる異例の事態となった。なお自民党・公明党ともに今回の京都3区は候補者の支援・推薦には回らず、共産党と同様に自主投票としている。一方、自民・公明の連立与党を支援する日本のこころを大切にする党は、3月9日に独自候補を擁立すると発表し、3月12日の党大会において、派遣社員の小野由紀子を公認候補として擁立することを発表。また小野には、こころの公認に加えて新党改革が推薦に回っている。2016年日本の補欠選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 菅おろし

    菅おろしから見た谷垣禎一谷垣禎一

    しかし5月に入り、菅民主党執行部に不満を持っている反主流派の民主党議員から不信任案賛成者を集めているとして、不信任案提出を極秘に依頼された自民党派閥領袖が、党執行部に早期提出を促す。また公明党も早期提出を求めてくる。国対のプロであり慎重派であった大島理森自民党副総裁は、早期提出に転じた。与党執行部からの造反への切り崩し工作や国会会期の大幅延長、第2次補正予算提出など、審議をする口実が出てきて不信任案が提出しにくくなる懸念が生じたため、谷垣禎一自民党総裁は不信任案提出を決意する。菅おろし フレッシュアイペディアより)

  • 1978年自由民主党総裁選挙

    1978年自由民主党総裁選挙から見た谷垣禎一谷垣禎一

    総裁選には福田・大平のほかに中曽根・河本敏夫(三木派)が出馬したが、中曽根と河本は一位の目はないと見られており、事実上の福田・大平一騎打ちとなった。福田は本選では中曽根・河本が自身に投票するよう根回しをしつつ、「1回目の投票で100点差がついたら、2位の候補は本選を辞退すべきだ」と念を押していた。マスコミも本選での三木派の動向を注視していた。ところが開票をしたところ、大平が福田に110点差をつけて1位通過した。青嵐会などは「最後まで戦うべきだ」と進言したが、福田は「総理大臣が自分で言ったことを覆すわけにはいかない」として本選を降り、大平が当選した。自民党史上、現職が総裁選に敗れたのは、福田赳夫ただ一人である(任期切れ時に形勢悪化などで出馬断念に追い込まれた現職総裁の例としては鈴木善幸、海部俊樹、河野洋平、谷垣禎一がいる)。1978年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

231件中 101 - 110件表示

「谷垣禎一」のニューストピックワード