196件中 11 - 20件表示
  • 中川昭一

    中川昭一から見た谷垣禎一谷垣禎一

    告別式では、自民党総裁・谷垣禎一が弔辞を述べた。続いて中川が所属していた志帥会(伊吹派)の伊吹文明の弔辞中川昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 日台関係史

    日台関係史から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2010年1月:江丙坤海峡交流基金会董事長兼国民党副主席が訪日。谷垣禎一自民党総裁などと会見し、馬英九総統の鳩山由紀夫首相宛て親書を渡す。日台関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 宏池会

    宏池会から見た谷垣禎一谷垣禎一

    創設者の池田勇人以来、大平正芳・鈴木善幸・宮沢喜一と4人の総理・総裁を輩出、野党時代にも河野洋平、谷垣禎一と2人の総裁を出しており、自他共に保守本流の名門派閥と見なされてきた。元来、池田を取り巻く官僚出身の議員やスタッフを中心に形成されたという沿革もあり、今日に至るまで政策に通じた議員が多く在籍する。しかし政策には強いが政局に弱いなどとも評され、「公家集団」などと揶揄されることもしばしばみられる。宏池会 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年福井県知事選挙

    2011年福井県知事選挙から見た谷垣禎一谷垣禎一

    また、この知事選では自民党衆議院議員で福井2区選出の山本拓が立候補を検討していたが、その後谷垣禎一総裁などの説得により、立候補を撤回した。2011年福井県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎二郎

    川崎二郎から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では三重1区で中井に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、9選。総選挙後、谷垣禎一総裁の下で国会対策委員長に就任したが、川崎の国会対策の不手際さを非難する声が党内からも高まり、翌年の党役員人事で退任(後任は逢沢一郎)。川崎二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 仙谷由人

    仙谷由人から見た谷垣禎一谷垣禎一

    徳島県立城南高等学校卒業。1964年に東大文?に合格し、上京する。大学の同期(入学者)には現・自由民主党総裁の谷垣禎一などがいた。東大時代は全共闘の新左翼系学生運動家であり、日本共産党を脱党した安東仁兵衛らが指導した構造改革派のフロントというセクトのシンパだった。仙谷由人 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤の乱

    加藤の乱から見た谷垣禎一谷垣禎一

    会合は、午後9時30分よりホテルオークラ東京で開催。途中、加藤・山崎の2人が単独で議場で不信任票を投じに行くと発言する。派閥領袖の単独での不信任投票は自分が起こした倒閣運動には党除名になっても一議員として最終的な責任を全うする一方で、非主流派として冷遇されるまで加藤・山崎に従った議員には党除名という辛酸に合わせないための配慮とされた。しかし、宣言して本会議場に向かおうとする加藤の肩を加藤派の谷垣禎一がつかみ「加藤先生、あなたは大将なんだから! 独りで突撃なんてダメですよ! 加藤先生が動く時は俺たちだって動くんだから!」と懸命に慰留した。また、同じ加藤派の杉山憲夫も加藤の側で谷垣の発言に頷きながら「死ぬも生きるも一緒だ」と慰留に努めた。加藤の乱 フレッシュアイペディアより)

  • 麻生太郎

    麻生太郎から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2006年9月、06年自民党総裁選に立候補するも内閣官房長官(当時)の安倍晋三に敗れる(安倍:464票 麻生:136票 谷垣禎一:102票)。麻生太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤田正純

    後藤田正純から見た谷垣禎一谷垣禎一

    安倍路線の対抗馬としては谷垣禎一を推しており、2007年8月16日のテレビ放送で、町村派の福田康夫が後継者候補として取り上げられたときも「後継者は谷垣さんしかいない。福田さんが出たら自殺行為」と一笑したが、2007年自由民主党総裁選挙で、谷垣の不出馬と福田の出馬が決まると麻生包囲網に参加し、「国民主義の福田さんと国家主義の麻生さん」とテレビなどで盛んに喧伝することに努めた。総裁選挙で麻生太郎が予想外に善戦したことは認めたが、その原因は「麻生太郎のパフォーマンス」であると分析をし、党員の意見を聞いてから麻生支持に変更した議員に対しては「議院内閣制を理解していない」と発言し、総裁選当日に麻生太郎の応援をするため自民党本部前に集まった支持者に対しては「オタク系が騒いでいた」「小泉・安倍に対して熱狂して失敗をしたのに、(麻生太郎に)また熱狂をするのはいかがなものか」と評した上で「麻生人気はメッキがすぐに剥がれるだろう」と結論付けた。また、麻生支持をした一年生議員を「政策理念や政治責任論というものを全く考えていない」と批判した上で、自らについては「福田さんに投票した私は、政治玄人である」と自画自賛した。後藤田正純 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党 (日本)

    自由民主党 (日本)から見た谷垣禎一谷垣禎一

    菅政権の退陣により2011年(平成23年)9月に野田政権が発足したものの、早々に閣僚の不祥事が続き、加えて党内の政策不一致から離党者が続出、民主党はもはや分裂の様相を見せていた。しかし、谷垣禎一総裁は攻め手を欠き、解散総選挙に追い込むことができないまま、2012年(平成24年)9月に総裁選挙を迎えた。谷垣総裁は再選出馬の意向を見せたものの、総裁を支えるはずの石原伸晃幹事長が出馬したことで、執行部内での候補者一本化に失敗し、出馬を断念した。総裁選挙では石破茂前政調会長が党員の支持を得て第1回投票で1位になったものの、国会議員票を取り込んだ安倍晋三元首相が決選投票を制し、総裁に就任。辞任経験のある総裁の再登板は結成以来初。自由民主党 (日本) フレッシュアイペディアより)

196件中 11 - 20件表示