231件中 51 - 60件表示
  • 2007年自由民主党総裁選挙

    2007年自由民主党総裁選挙から見た谷垣禎一谷垣禎一

    「反麻生」への動きが党内にくすぶるなか、9月13日には元官房長官の福田康夫(町村派)が出馬の意向を示す。福田は古賀誠(古賀派)、山崎拓(山崎派)、谷垣禎一(谷垣派)など、政治姿勢の近しいとされる派閥の領袖たちと次々と会談して支持を取り付けたほか、津島派でも額賀が福田との会談後に自身の出馬断念と福田支持を表明した(→麻生包囲網も参照)。2007年自由民主党総裁選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 公共事業

    公共事業から見た谷垣禎一谷垣禎一

    自民党の谷垣禎一や同市を地盤とする衛藤征士郎は、事業仕分けで玉来ダム建設が延期されていたことが洪水の原因と主張したが、民主党の大河原雅子は同年7月30日の参議院決算委員会で、完成予定は当初から2017年であり自公政権が続いていたとしてもダムは完成していなかったと指摘している。公共事業 フレッシュアイペディアより)

  • 井沢京子

    井沢京子から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2006年の自民党総裁選では、谷垣禎一の推薦人に名を連ね、翌月谷垣派の一員となる。2007年自由民主党総裁選挙では福田康夫を支持、2008年自由民主党総裁選挙では小池百合子の推薦人に名を連ねた。ちなみに京都6区は中選挙区時代の旧京都2区で谷垣や後に経世会の大幹部となる野中広務が選出されていた。井沢京子 フレッシュアイペディアより)

  • 森田実

    森田実から見た谷垣禎一谷垣禎一

    この総選挙で自民党が圧勝した後も、「ダカーポ」誌上で、2006年3月に経済失政で小泉政権は退陣に追い込まれ後任には谷垣禎一が就くと断言したが、実際はその兆候すら見られず、逆に堀江メール問題で野党民主党の前原誠司が代表辞任に追い込まれ、小泉は9月の任期満了まで総裁を務めた。2007年4月の東京都知事選では早い段階で「(現職石原慎太郎の)3選はあり得ない」と断言して注目されたが、結果は石原が勝利して3選が実現した。森田実 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽の党

    太陽の党から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2012年1月25日、石原と平沼、国民新党の亀井静香で3月中にも新党を結成するとの報道が流れた。当初、平沼は「亀井さんの一人芝居」と否定してきたが、以降、石原新党結成を目指した発言をしていくようになる。平沼は同日の記者会見で保守結集を目指し、「自民、民主の一部に働きかけ、70〜80人を糾合することを目標にしたい」と語り自民党の反発を受けた。自民党の谷垣禎一総裁は27日夜、「自民党からも引っ張ってこようというような失礼な話にコメントする必要もない」と不快感を示した。31日、石原伸晃幹事長も「人の財布に手突っ込むな」と反発した。太陽の党 フレッシュアイペディアより)

  • 古賀誠

    古賀誠から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2006年2月には、派内の反対派と妥協する形で丹羽雄哉と共に宏池会の共同代表となる。ただし、小泉首相の事実上の後継者である安倍晋三が後継総裁に有力視される中、派は丹羽や柳澤伯夫らも主導権を奪い合っているために派を一本化できておらず、実際、同年の自民党総裁選挙では、かつて側近として仕えた加藤の後継者である谷垣禎一、「士志の会」を結成するなど親しい関係にある麻生太郎ではなく、派の方針に従い安倍を支持した。同じ福岡県選出の衆議院議員である麻生とは地元での対立の先鋭化も一部から指摘されていた。古賀誠 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見た谷垣禎一谷垣禎一

    主な役は前原誠司、森田健作、谷垣禎一、小渕優子、李明博、金正恩など。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • 正しいことを考え実行する会

    正しいことを考え実行する会から見た谷垣禎一谷垣禎一

    谷垣禎一(顧問・2017年に引退)正しいことを考え実行する会 フレッシュアイペディアより)

  • 地下式原子力発電所政策推進議員連盟

    地下式原子力発電所政策推進議員連盟から見た谷垣禎一谷垣禎一

    谷垣禎一(顧問)(自由民主党・2017年に引退)地下式原子力発電所政策推進議員連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 松野信夫

    松野信夫から見た谷垣禎一谷垣禎一

    東京都中野区生まれ(本籍地は熊本県上益城郡甲佐町)。東京学芸大学附属小金井中学校、東京都立西高等学校、東京大学法学部卒業。大学卒業後、損害保険会社勤務を経て、1979年に司法試験に合格。司法修習を経て弁護士登録。司法修習34期の同期に山口那津男(公明党代表・参議院議員)、伊東秀子(元日本社会党衆議院議員)、谷垣禎一(前自由民主党総裁・衆議院議員)、千葉景子(元民主党参議院議員・法務大臣)。弁護士開業後、地元熊本県で水俣病やハンセン病の問題に取り組む。松野信夫 フレッシュアイペディアより)

231件中 51 - 60件表示

「谷垣禎一」のニューストピックワード