196件中 71 - 80件表示
  • 与謝野論文

    与謝野論文から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2010年3月に月刊誌に寄稿した、所属する自由民主党の谷垣禎一総裁に党の執行部の人心一新を求め、それが為されない場合に新党の結成を示唆した論文。実際に与謝野は、翌月に離党して新党・たちあがれ日本を結成し、共同代表に就任した。与謝野論文 フレッシュアイペディアより)

  • 小林鷹之

    小林鷹之から見た谷垣禎一谷垣禎一

    1999年、大蔵省入省。理財局資金第一課に係員として配属。このときの課長が浜田恵造香川県知事。2001年、ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学し、公共政策学修士を取得。在学中は、アメリカ合衆国の社会学者で、『ジャパン・アズ・ナンバーワン』の著者エズラ・ヴォーゲル教授の指導を受ける。2005年、理財局総務課課長補佐。このときも次長は浜田恵造であった。2007年から2010年まで、在アメリカ合衆国日本国大使館において、二等書記官、一等書記官を務める。2010年4月、退官。その後、谷垣禎一自由民主党総裁政策担当秘書となった。小林鷹之 フレッシュアイペディアより)

  • 山本公一

    山本公一から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2012年10月に宏池会を脱退し、谷垣禎一前自民党総裁による勉強会「有隣会」に参加した。2012年の第46回衆議院議員総選挙では、愛媛4区で7度目の当選。山本公一 フレッシュアイペディアより)

  • 新党改革

    新党改革から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2011年8月の菅第2次改造内閣退陣に伴う首班指名選挙では1回目は舛添に投票。決選投票においては自由民主党・公明党だけでなく同会派のたちあがれ日本も自由民主党総裁谷垣禎一を支持した中、白票を投じた。新党改革 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た谷垣禎一谷垣禎一

    一方、野党に転落することになった自由民主党では、総裁の麻生太郎が選挙敗北を受け8月31日に正式に総裁辞任を表明したため、後任を選ぶ自由民主党総裁選挙が行われることになった。総裁選挙は特別国会後に行い、特別国会における首班指名選挙では麻生を党として指名することを党執行部が決定したが、麻生を指名することに対し異論が噴出したため、同選挙では両院議員総会長の若林正俊を首班として指名することになった。その後、9月28日に総裁選挙が行われ、谷垣禎一が総裁に選出された。また、自由民主党と連立政権を担ってきた公明党では代表の太田昭宏の落選を受けて山口那津男を新代表に選出した。第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 田野瀬良太郎

    田野瀬良太郎から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年8月の第45回衆議院議員総選挙では奈良4区で民主党公認の大西孝典の猛追を受けるが、1835票の僅差で逃げ切り、奈良4区で6選(大西も比例復活)。総選挙後、谷垣禎一自由民主党総裁の下で自由民主党総務会長に就任。閣僚経験のない総務会長は1991年に就任した佐藤孝行以来、16年ぶり。田野瀬良太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 政務次官

    政務次官から見た谷垣禎一谷垣禎一

    副大臣・大臣政務官制度への移行が議論されていた第2次橋本内閣・小渕内閣においては、重要官庁の政務次官に閣僚経験者を充てる試み(高村正彦・外務政務次官、谷垣禎一・大蔵政務次官、町村信孝・外務政務次官など)がなされるなど、新制度の効果的な活用が期待されていた。しかしながら、閣僚人事においては若手の抜擢や民間人の起用などが注目された小泉政権下においても、副大臣・大臣政務官人事については派閥順送り・年功序列型の慣行がほぼ踏襲されるなど、大きな変化が見られないとする評価もなされた。(1年生議員である片山さつきが経済産業大臣政務官に就任したことが話題になったことはある)。続く安倍政権においては派閥の推薦をそのまま受け入れるのではなく、推薦リストをもとに総理や党幹部が決定するというスタイルがとられ、福田改造内閣では閣僚経験者の2人(高市早苗(経済産業)、鴨下一郎(厚生労働))が副大臣に就任するなど、新しい方向での模索もなされている。政務次官 フレッシュアイペディアより)

  • 舛添要一

    舛添要一から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年の第45回衆議院総選挙で自民党が歴史的な大惨敗を喫し、麻生内閣が総辞職したため、舛添は厚生労働大臣を退任した。その後、辞任した麻生に代わり谷垣禎一が新総裁に就任したが、舛添は総裁選の直後から執行部への批判を口にするようになり、たびたび離党・新党結成が取り沙汰された。舛添は自身の自民党離党をちらつかせたり、橋下徹大阪府知事や東国原英夫宮崎県知事らとの連携を示唆するなど独断専行が目立ち、石破茂政調会長や後藤田正純衆議院議員などから、党内の議論に加わらず、党執行部に物申す舛添を批判する声が上がった(後藤田は舛添を「オオカミ中年」と痛烈に批判している)。舛添に元々、参院政審会長の立場にありながら総裁である安倍晋三を公然と批判するなど、TVカメラの前で立場をかえりみないスタンドプレーが目立つ面があったのも事実である。舛添要一 フレッシュアイペディアより)

  • 自由民主党総裁

    自由民主党総裁から見た谷垣禎一谷垣禎一

    自由民主党は、1955年11月の結党から2009年8月までおよび2012年12月から、衆議院で比較第1党を保っているため、この間、1993年7月から1996年1月までおよび2009年9月から2012年12月までの期間を除き、歴代の自由民主党総裁は国会で首班指名され内閣総理大臣を務めている。従って長年、自民党総裁は内閣総理大臣と同一視され、総理総裁と呼ばれることもある。歴代の総裁で就任の直前後に首相に就任していない者は、河野洋平・橋本龍太郎・谷垣禎一・安倍晋三(25代)の4名である。自由民主党総裁 フレッシュアイペディアより)

  • 森田実

    森田実から見た谷垣禎一谷垣禎一

    この総選挙で自民党が圧勝した後も、「ダカーポ」誌上で2006年3月に経済失政で小泉政権は退陣に追い込まれ後任には谷垣禎一が就くと断言したが、実際はその兆候すら見られず、逆に堀江メール問題で野党民主党の前原誠司代表が辞任に追い込まれ、小泉は9月の任期満了まで総裁を務めた。2007年4月の東京都知事選では早い段階で「(現職石原慎太郎の)3選はあり得ない」と断言して注目されたが、結果は石原が勝利して3選が実現した。森田実 フレッシュアイペディアより)

196件中 71 - 80件表示

「谷垣禎一」のニューストピックワード