231件中 71 - 80件表示
  • ヘイトクライム

    ヘイトクライムから見た谷垣禎一谷垣禎一

    2013年5月30日の参議院法務委員会において有田芳生参議院議員は、日本における人種差別の問題について取り上げた際に「人種差別法、あるいはヘイトスピーチ、ヘイトクライム」という言葉を用いながら、具体的な人種差別事例を示した上で、日本における人種差別の実態に関する調査委員会などの設置をうながした。これに対して法務大臣谷垣禎一は「人権擁護機関としては、先ほど申し上げた啓発活動というだけではなく、人権相談あるいは(中略)調査活動(中略)人権侵犯事件。そういう観点から(中略)人権状況の把握には我々も力を入れて努めなければならない」が、「今の人権擁護機関の仕組みを超えた調査機関を設けるということは現時点では考えておりません」と答弁した。ヘイトクライム フレッシュアイペディアより)

  • 自民党ネットサポーターズクラブ

    自民党ネットサポーターズクラブから見た谷垣禎一谷垣禎一

    最高顧問 - 麻生太郎、谷垣禎一、安倍晋三自民党ネットサポーターズクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 米倉弘昌

    米倉弘昌から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2012年9月10日 自民党代表選挙出馬を断念した谷垣禎一については、自民党が野田佳彦首相への問責決議に賛成したことを挙げ、「参議院を政局化したことに国民の厳しい批判が向けられた。それ以上の印象はない。」と評した。野田首相については、自民党政権時には踏み込めなかった社会保障と税の一体改革へ一歩踏み出したと評価し、野田が民主党代表選挙で再選されることが望ましいとの見解を示した。米倉弘昌 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎幸太郎

    長崎幸太郎から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2014年の第47回衆議院議員総選挙に際しては、山梨2区では前回の衆院選に引き続き、選挙区支部長を務めていた堀内詔子が党の公認を受けたため、再び無所属で出馬。無所属ながら、選挙戦では自由民主党総務会長の二階俊博から支援を受け、堀内の68,109票に対し85,117票を獲得し、3選。選挙後、二階は谷垣禎一幹事長に対し、いずれも二階派所属で、衆院選では自民党系の候補を破って無所属で当選した長崎、山口壮を念頭に無所属議員の自民党への入党を求めたが、谷垣は慎重な姿勢を示した。2017年の第48回衆議院議員総選挙では10月4日付で自民党から復党を認められたが公認は得られず、再び無所属で出馬。党の推薦を受け無所属で出馬した堀内詔子と対決し、当選者が追加公認を受ける予定であったが、落選。同年12月15日、幹事長の二階から幹事長政策補佐に任命された。長崎幸太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 森本敏

    森本敏から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2012年8月に韓国の李明博大統領が竹島を訪問した際、「韓国の内政上からくる要請によるもの」と発言した。これが「韓国の内政上の問題」と報じられたことから騒動になり、自民党の谷垣禎一総裁は「真実ならば問責に値する」としたほか、複数の議員から罷免を要求する発言がなされたが、森本が「そのような発言をした覚えはない」と強く反発し、実際の発言内容が改めて報道されると騒動は一気に終息した。森本敏 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府第5区

    京都府第5区から見た谷垣禎一谷垣禎一

    保守地盤の強い京都府北部に位置する選挙区であり、小選挙区において一貫して前自由民主党総裁で前自由民主党幹事長の谷垣禎一が議席を確保している。特に地盤である福知山市では自民党が圧倒的な力を持ち、他政党の候補を圧倒。丹後地域も農村や漁村を多く抱えている事から自民党支持層が厚い。京都府のなかでは数少ない自民党の牙城となっている。ただ、当選挙区最大の票田である舞鶴市のみ民主党が他の市町村よりも比較的強い支持基盤を有し、当選挙区では唯一となる広域支部(民主党京都府連・北部総支部)を維持していたが、第44回衆議院議員総選挙までは議席獲得に遠く及ばない状態であった。京都府第5区 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た谷垣禎一谷垣禎一

    自由民主党では、谷垣禎一総裁が、「(中国人船長を)直ちに国外退去させた方が良かった。最初の選択が間違っていた」と主張し、那覇地検が釈放理由として日中関係への配慮などを挙げたことについて「捜査機関が言うべきことではない」と述べた。また大島理森副総裁は「政治が司法に介入した」と述べた上で、「日中関係も考慮した」と発言した同地検の鈴木亨次席検事の国会招致を求めた。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎二郎

    川崎二郎から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では三重1区で中井に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、9選。総選挙後、谷垣禎一総裁の下で国会対策委員長に就任したが、翌年の党役員人事で退任(後任は逢沢一郎)。川崎二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋泰文

    棚橋泰文から見た谷垣禎一谷垣禎一

    2012年10月、自民党総裁を退任した谷垣禎一を中心に、谷垣を支持する川崎二郎や逢沢一郎、中谷元らが旗揚げした政策研究会「有隣会」の結成に参加した。棚橋泰文 フレッシュアイペディアより)

  • 国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案

    国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案から見た谷垣禎一谷垣禎一

    これに対し、当時の野党(日本社会党・公明党・民社党・日本共産党・社会民主連合他)は断固反対を主張。また自民党内部でも谷垣禎一が「わが国が自由と民主主義にもとづく国家体制を前提とする限り、国政に関する情報は主権者たる国民に対し基本的に開かれていなければならない」と述べるなど、法案は継続審議となるが、10月に開会した第103回国会でも野党は徹底して審議拒否を貫き、12月21日の閉会に伴い廃案となった。1988年2月19日も、自民党四役が国会提出を断念した。リクルート事件による支持喪失が大きな原因だった。翌年は第15回参議院議員通常選挙で自民党は大敗した。国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案 フレッシュアイペディアより)

231件中 71 - 80件表示

「谷垣禎一」のニューストピックワード