212件中 91 - 100件表示
  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た第2次安倍内閣

    谷垣 禎一(たにがき さだかず、1945年(昭和20年)3月7日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属。法務大臣(第93代)。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た国土交通大臣

    衆議院議員(11期)、財務大臣(第3・4・5代)、国土交通大臣(第9代)、自由民主党政調会長(第50代)、国家公安委員会委員長(第69代)、金融再生委員会委員長(第3・4代)、科学技術庁長官(第56代)、産業再生機構担当大臣、きょうと青年政治大学校学長(第3代))、自由民主党総裁(第24代)を歴任。有隣会顧問。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た麻布中学校・高等学校

    麻布中学校・高等学校、東京大学法学部を卒業。短期間の弁護士生活を経て、元文相で父・谷垣専一の死去に伴う補選で父の地盤を引き継ぎ、1983年(昭和58年)旧京都2区補欠選挙に自民党より出馬し初当選、選挙区に20日間泊り込んで支援した白川勝彦や亡父も属した宏池会に所属。この補選では前尾繁三郎の死去にともない、同じ2区から野中広務も当選しており、選挙の実務を担当したのが当時党総務局長だった小沢一郎である。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た宏池会

    麻布中学校・高等学校、東京大学法学部を卒業。短期間の弁護士生活を経て、元文相で父・谷垣専一の死去に伴う補選で父の地盤を引き継ぎ、1983年(昭和58年)旧京都2区補欠選挙に自民党より出馬し初当選、選挙区に20日間泊り込んで支援した白川勝彦や亡父も属した宏池会に所属。この補選では前尾繁三郎の死去にともない、同じ2区から野中広務も当選しており、選挙の実務を担当したのが当時党総務局長だった小沢一郎である。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た宏池会 (谷垣派)

    「加藤の乱」後は宏池会分裂により一時厳しい立場に追い込まれたが、2001年(平成13年)に小泉純一郎が首相となると谷垣は重用され、2002年(平成14年)秋以降は常に閣僚の座にあった。とりわけ要職である財務大臣を3年にわたって無難に務めあげたことで表舞台での活躍が増し、広く認知されるきっかけとなった。党でも2005年(平成17年)、小里貞利の引退により、会長席が空いた小里派宏池会から最高顧問の加藤が離脱したのを機に、谷垣派を形成して派閥の領袖となる。こうして名実ともに総裁候補となり、ポスト小泉の一人と目されるようになっていき、2006年(平成18年)9月の総裁選初出馬へと至った。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た衆議院議員

    衆議院議員(11期)、財務大臣(第3・4・5代)、国土交通大臣(第9代)、自由民主党政調会長(第50代)、国家公安委員会委員長(第69代)、金融再生委員会委員長(第3・4代)、科学技術庁長官(第56代)、産業再生機構担当大臣、きょうと青年政治大学校学長(第3代))、自由民主党総裁(第24代)を歴任。有隣会顧問。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た大日本帝国陸軍

    文部大臣(第100代)を務めた谷垣専一は父。影佐禎昭元陸軍中将は祖父。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見たベトナム

    2012年1月8日から12日にかけ、総裁就任後最初の外遊として、ベトナムとインドネシアを訪問した。中国の存在感が増す中、アセアンの重要国である両国との間で、安全保障や経済面での連携についての協議が行われた。なお、2012年12月26日発足の安倍内閣では法務大臣に就任したが、法務省の所管は国内事項が中心であるものの、施設等機関である法務総合研究所の一部局である国際協力部は、アジア圏でのルール形成に日本が積極的に関与していくという見地から、ベトナム、インドネシアを含めたアセアン諸国等に対し、法律の整備や法律家人材育成といった法整備支援を行っている。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た民主党 (日本 1998-)

    11月26日、民主党や公明党などが成立を目指す日本における外国人参政権について「反対だ」と明言した。また、「党全体を賛成の方向でまとめていくつもりは全くない」とも語り、自民党としても外国人参政権に賛成をしないという意向を示した。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た東京地方裁判所

    4月22日、自民党本部にて行われた定例記者会見で、鳩山由紀夫の元秘書が東京地方裁判所にて有罪判決が出たことに関して「弁護士は総理を守る、依頼者を守るのが仕事で、総理の責任は説明責任をきちっと果たす」と述べ、弁護士の国会への参考人招致を求めていく方針を示し、「鳩山首相は、秘書の疑惑は議員の責任と、過去に誠にあっぱれな発言された経緯があります。ご自身の責任も明らかにすべきであると、申し上げたいと思います」と追及する構えを見せた。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

212件中 91 - 100件表示