303件中 91 - 100件表示
  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た党員

    2010年1月1日、自由民主党総裁として自民党本部から全国の党員・党友組織自由国民会議会員に向けて新年のメッセージを送った。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た建国記念の日

    2月11日(建国記念の日)、神社本庁や日本会議などで作る「日本の建国を祝う会」主催の「建国記念の日奉祝中央式典」であいさつし、「現在、わが国は非常に厳しい経済情勢のもとにありますが」「むしろ、危機は飛躍するための好機であるととらえ、今こそ人づくり国づくりに力を尽くす時であると考えます」と述べた。また、「国の発展には、伝統文化の継承と心豊かな人材の育成が必要不可欠」として、道徳教育の必要性などを訴えた。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た比例代表

    参議院議員の舛添要一より離党届が提出された問題では、「比例代表から選出されており、議員辞職をするのが筋」と離党届を受理しない旨を示唆した。その結果、舛添は27日の党紀委員会会合で除名処分となった。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た

    兵庫県黒井村(現:丹波市)の出身で、生家は小間物屋。父が早世して実家が没落。小学校を終えると、酒造見習いの丁稚となった。数えの19歳で京都府福知山に移り住み、呉服や素麺の行商から身を起こして、焼酎、味醂、清酒の製造を手掛け、1926年(大正15年)4月に数えの52歳で亡くなった。趣味や遊びは一切せず、商売に心血を注ぎ、学問を独学で続けた。味醂やの醸造に成功できたのも独学で醸造学を学んだからだった。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た普天間基地移設問題

    1月19日、BSフジの番組「BSフジLIVE プライムニュース」にて、永住外国人への地方選挙権付与法案について「米軍普天間基地移設問題を地方の首長選(2010年1月24日の名護市長選)に委ねようとする動きを見ていると、地方参政権を付与するのがいいのかどうか」と述べ、外国人参政権に反対する意向を改めて表明。賛否では党議拘束をかけるべきだとの考えを示した。また同市長選と同日の党大会には自身の選挙区に含まれる網野町(平成の大合併で京丹後市)出身の野村克也を来賓として招聘した。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た東京帝国大学

    松次郎の五男が専一である。福知山中学から第三高等学校を経て、東京帝国大学法学部法律学科へ進む。1936年(昭和11年)、農林省に入省。満州国に出向し、そこで影佐禎昭の娘、安紀と見合いし、1944年(昭和19年)に結婚。翌、1945年(昭和20年)3月7日、長男誕生。奇しくも、影佐禎昭と同じ誕生日だった。専一は岳父の名から一字を取り「禎一」と名付けた。1958年(昭和33年)に農林省を辞職。農林中央金庫の監事になっていたが、福知山出身の芦田均元首相が死去したので、後任に地元の人が専一を衆院選に担ぎ出した。大平内閣で文部大臣になった。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た剣道

    麻布中学校時代は剣道部、麻布高等学校時代は山岳部に所属。いずれにおいても部活の先輩であった橋本龍太郎に指導を受けた。その縁で、橋本龍太郎が会長を務めていた日本山岳ガイド協会の会長を橋本から引き継いだ。東京大学入学後もスキー山岳部に入部し、活動にのめり込んで留年したり、司法試験で何度も不合格になる等、苦労人的なエピソードも持っている。他の趣味は落語鑑賞、サイクリング。サイクリングにはロードバイクやマウンテンバイクを愛用し、何度もロードレースに参加し好タイムで完走している。ただ、2009年にはサイクリング中に転倒し、ケガをした。政界でも指折りの自転車愛好者で、自転車活用推進議員連盟と日本サイクリング協会の会長を務め、協会公式サイトの「会長の新年ご挨拶」ページにはヘルメットにレーサージャージ姿の自身の写真を載せたり、総裁就任後は選挙応援や地方遊説にも自転車を活用している。自転車関連でのメディア露出も多く、例えばムック本『イエローバイシクル 12』では、111.28kmの距離(いわゆる「ロングライド」の距離である)を同誌編集長と共に自転車で走りながら語り合う前代未聞のインタビューを受けたり、単行本『自転車会議』では共著者に名を連ねたりしている。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た東南アジア諸国連合

    2012年1月8日から12日にかけ、総裁就任後最初の外遊として、ベトナムとインドネシアを訪問した。中国の存在感が増す中、ASEANの重要国である両国との間で、安全保障や経済面での連携についての協議が行われた。なお、法務大臣に就任した第2次安倍内閣では、法務省の所管は国内事項が中心であるものの、施設等機関である法務総合研究所の一部局である国際協力部は、アジア圏でのルール形成に日本が積極的に関与していくという見地から、ベトナム、インドネシアを含めたアセアン諸国等に対し、法律の整備や法律家人材育成といった法整備支援を行っている。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た法務省

    2012年1月8日から12日にかけ、総裁就任後最初の外遊として、ベトナムとインドネシアを訪問した。中国の存在感が増す中、ASEANの重要国である両国との間で、安全保障や経済面での連携についての協議が行われた。なお、法務大臣に就任した第2次安倍内閣では、法務省の所管は国内事項が中心であるものの、施設等機関である法務総合研究所の一部局である国際協力部は、アジア圏でのルール形成に日本が積極的に関与していくという見地から、ベトナム、インドネシアを含めたアセアン諸国等に対し、法律の整備や法律家人材育成といった法整備支援を行っている。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た素麺

    兵庫県黒井村(現:丹波市)の出身で、生家は小間物屋。父が早世して実家が没落。小学校を終えると、酒造見習いの丁稚となった。数えの19歳で京都府福知山に移り住み、呉服や素麺の行商から身を起こして、焼酎、味醂、清酒の製造を手掛け、1926年(大正15年)4月に数えの52歳で亡くなった。趣味や遊びは一切せず、商売に心血を注ぎ、学問を独学で続けた。味醂や酒の醸造に成功できたのも独学で醸造学を学んだからだった。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

303件中 91 - 100件表示

「谷垣禎一」のニューストピックワード