212件中 81 - 90件表示
  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た行商

    兵庫県黒井村の出身で、生家は小間物屋。父が早世して実家が没落。小学校を終えると、酒造見習いの丁稚となった。数えの19歳で京都府福知山に移り住み、呉服や素麺の行商から身を起こして、焼酎、味醂、清酒の製造を手掛け、1926年(大正15年)4月に数えの52歳で亡くなった。趣味や遊びは一切せず、商売に心血を注ぎ、学問を独学で続けた。味醂や酒の醸造に成功できたのも独学で醸造学を学んだからだった。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た東京大学

    麻布中学校・高等学校、東京大学法学部を卒業。短期間の弁護士生活を経て、元文相で父・谷垣専一の死去に伴う補選で父の地盤を引き継ぎ、1983年(昭和58年)旧京都2区補欠選挙に自民党より出馬し初当選、選挙区に20日間泊り込んで支援した白川勝彦や亡父も属した宏池会に所属。この補選では前尾繁三郎の死去にともない、同じ2区から野中広務も当選しており、選挙の実務を担当したのが当時党総務局長だった小沢一郎である。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た蕎麦

    社団法人日本蕎麦協会(会長)谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た補欠選挙

    麻布中学校・高等学校、東京大学法学部を卒業。短期間の弁護士生活を経て、元文相で父・谷垣専一の死去に伴う補選で父の地盤を引き継ぎ、1983年(昭和58年)旧京都2区補欠選挙に自民党より出馬し初当選、選挙区に20日間泊り込んで支援した白川勝彦や亡父も属した宏池会に所属。この補選では前尾繁三郎の死去にともない、同じ2区から野中広務も当選しており、選挙の実務を担当したのが当時党総務局長だった小沢一郎である。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た名誉棄損

    週刊文春(2005年12月8日号)で1988年(昭和63年)訪中時に女性を買春し、中国公安当局に尋問されたと報じられた。これを受けて谷垣は名誉を棄損されたとして、謝罪広告の掲載と2200万円の損害賠償を求めて週刊文春の発行元である文藝春秋側を提訴。1審(東京地裁)は名誉棄損の成立を認めて文藝春秋側に330万円の支払いを命じ、2審(東京高裁)では1審判決を支持した上で賠償額を220万円に減額。その後最高裁は文藝春秋側の上告を棄却し、2審判決が確定した。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た農林中央金庫

    専一は1958年(昭和33年)に農林省を辞職。、農林中央金庫の監事になっていたが、福知山出身の芦田均元首相が死去したので、後任に地元の人が専一を衆院選に担ぎ出した。大平内閣で文部大臣になった。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た文藝春秋

    週刊文春(2005年12月8日号)で1988年(昭和63年)訪中時に女性を買春し、中国公安当局に尋問されたと報じられた。これを受けて谷垣は名誉を棄損されたとして、謝罪広告の掲載と2200万円の損害賠償を求めて週刊文春の発行元である文藝春秋側を提訴。1審(東京地裁)は名誉棄損の成立を認めて文藝春秋側に330万円の支払いを命じ、2審(東京高裁)では1審判決を支持した上で賠償額を220万円に減額。その後最高裁は文藝春秋側の上告を棄却し、2審判決が確定した。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た山岳

    麻布中学時代は剣道部、麻布高校時代は山岳部に所属。いずれにおいても部活の先輩であった橋本龍太郎に指導を受けた。その縁で、橋本龍太郎が会長を務めていた日本山岳ガイド協会の会長を、谷垣自身が現在務めている。山岳部の活動にのめり込んで大学を何度も留年したり 、司法試験で何度も不合格になるなどのエピソードも持っている。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見たBSフジ

    1月19日、BSフジの番組「BSフジLIVE プライムニュース」にて、永住外国人への地方選挙権付与法案について「米軍普天間飛行場移設問題を地方の首長選(2010年1月24日の名護市長選)に委ねようとする動きを見ていると、地方参政権を付与するのがいいのかどうか」と述べ、外国人参政権に反対する意向を改めて表明。賛否では党議拘束をかけるべきだとの考えを示した。また同市長選と同日の党大会には自身の選挙区に含まれる網野町(平成の大合併で京丹後市)出身の野村克也を来賓として招聘。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た自由民主党総裁

    衆議院議員(11期)、財務大臣(第3・4・5代)、国土交通大臣(第9代)、自由民主党政調会長(第50代)、国家公安委員会委員長(第69代)、金融再生委員会委員長(第3・4代)、科学技術庁長官(第56代)、産業再生機構担当大臣、きょうと青年政治大学校学長(第3代))、自由民主党総裁(第24代)を歴任。有隣会顧問。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

212件中 81 - 90件表示