29件中 11 - 20件表示
  • 石川県民大学校

    石川県民大学校から見た谷本正憲谷本正憲

    石川県立生涯学習センターが運営主体であり、石川県知事(現在は谷本正憲)が学長を務めている。石川県民大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 森奥戦争

    森奥戦争から見た谷本正憲谷本正憲

    1994年(平成6年)に、長年県政のトップであった中西陽一知事が死去。後継知事選で、奥田は副知事の谷本正憲を擁立。自民党幹事長であった森は、参院議員の石川弘を候補として擁立するも、連立与党の前に敗北した。森奥戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 粟森喬

    粟森喬から見た谷本正憲谷本正憲

    1993年、奥田敬和の自民党離党、新生党結成により協力関係を構築し、翌年の県知事選で推薦した谷本正憲が当選したことで県政の主流派に属する。しかし1995年、第17回参院選で再選を目指すものの馳浩に破れて落選した。粟森喬 フレッシュアイペディアより)

  • 生方幸夫

    生方幸夫から見た谷本正憲谷本正憲

    2010年3月の石川県知事選挙、地元の民主党県連は与野党相乗りで現職の谷本正憲を支持したが、生方は96年初当選同期で、過去の民主党代表選挙で横路の推薦人名簿に一緒に名を連ねた事もある早大の同窓桑原豊を支援(桑原は落選)。生方幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本

    2010年の日本から見た谷本正憲谷本正憲

    3月14日 - 任期満了に伴う石川県知事選挙が施行され、現職の谷本正憲が対立候補3人を退けて5回目の当選を果たした。2010年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立中央病院

    石川県立中央病院から見た谷本正憲谷本正憲

    石川県知事の谷本正憲は2010年2月3日の石川県議会で、2010年度に中央病院の建替え事業に着手すると表明。これは谷本が2010年の知事選挙で公約を掲げており、同年3月14日の選挙で当選後2011年秋を目途に基本構想を固める方針となった。石川県立中央病院 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県庁

    石川県庁から見た谷本正憲谷本正憲

    石川県の知事は1945年以降公選制になってから選出されたのは4人(柴野和喜夫、田谷充実、中西陽一、谷本正憲)で、日本の都道府県では最も少ない。中でも、中西陽一は1963年から1994年まで知事を務め、8期31年という全国の知事で最も長い在任期間記録は現在も破られていない。石川県庁 フレッシュアイペディアより)

  • 道場六三郎

    道場六三郎から見た谷本正憲谷本正憲

    2007年3月の能登半島地震発生後、能登地方では観光客が減少するなどの影響が出たが、道場はふるさと石川県知事・谷本正憲らの要請を受け、東京での観光PRイベントに県の観光大使として参加し、料理人の立場からアピールした。老いてもなお、ふるさとのために奮闘している。道場六三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 石川弘

    石川弘から見た谷本正憲谷本正憲

    1994年3月27日 石川県知事選挙(無所属)落選。盟友奥田敬和は当時新生党幹部として非自民連立与党統一候補谷本正憲を支援。石川弘 フレッシュアイペディアより)

  • 西川一誠

    西川一誠から見た谷本正憲谷本正憲

    福井県立丹生高等学校、京都大学法学部卒。1968年に自治省入省(同期入省に早川忠孝・谷本正憲・井戸敏三)。途中香川県、茨城県に出向し、省内の最終職歴は国土庁長官官房審議官。その後1995年から2002年まで福井県副知事を務めた。2003年3月、マニフェストを掲げ福井県知事選挙(統一地方選挙)に初当選し翌月就任。2007年4月8日、任期満了に伴う福井県知事選挙に出馬(自由民主党・公明党・民主党・国民新党が推薦)、当選した(得票数32万2604票、得票率84.7%)。現在2期目。西川一誠 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「谷本正憲」のニューストピックワード