37件中 21 - 30件表示
  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た新進石川

    1994年、中西知事が任期中に死去したため新生・公明・民社・日本新・社会の非自民5党推薦で石川県知事選挙に出馬。当時、自由民主党幹事長を務めていた森喜朗が推す元農水事務次官の石川弘を破り、初当選を果たした。なお新生党には、石川県における森のライバルである奥田敬和が所属しており、県知事選でも一種の森奥戦争が繰り広げられた。以後連続5回当選。1998年の知事選では自由民主党が独自候補の擁立を断念し、自民・民主・民政・自由・公明・社民・新進石川7党推薦で再選。3期目以降も日本共産党を除く主要政党の推薦や支持を得て、再選を続けている。2006年、2010年の知事選挙は民主党本部の4選以上は推薦しないという党規により、党石川県総支部連合会(民主党石川県連)が支持を表明している。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た日本社会党

    1994年、中西知事が任期中に死去したため新生・公明・民社・日本新・社会の非自民5党推薦で石川県知事選挙に出馬。当時、自由民主党幹事長を務めていた森喜朗が推す元農水事務次官の石川弘を破り、初当選を果たした。なお新生党には、石川県における森のライバルである奥田敬和が所属しており、県知事選でも一種の森奥戦争が繰り広げられた。以後連続5回当選。1998年の知事選では自由民主党が独自候補の擁立を断念し、自民・民主・民政・自由・公明・社民・新進石川7党推薦で再選。3期目以降も日本共産党を除く主要政党の推薦や支持を得て、再選を続けている。2006年、2010年の知事選挙は民主党本部の4選以上は推薦しないという党規により、党石川県総支部連合会(民主党石川県連)が支持を表明している。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た民政党

    1994年、中西知事が任期中に死去したため新生・公明・民社・日本新・社会の非自民5党推薦で石川県知事選挙に出馬。当時、自由民主党幹事長を務めていた森喜朗が推す元農水事務次官の石川弘を破り、初当選を果たした。なお新生党には、石川県における森のライバルである奥田敬和が所属しており、県知事選でも一種の森奥戦争が繰り広げられた。以後連続5回当選。1998年の知事選では自由民主党が独自候補の擁立を断念し、自民・民主・民政・自由・公明・社民・新進石川7党推薦で再選。3期目以降も日本共産党を除く主要政党の推薦や支持を得て、再選を続けている。2006年、2010年の知事選挙は民主党本部の4選以上は推薦しないという党規により、党石川県総支部連合会(民主党石川県連)が支持を表明している。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た日本新党

    1994年、中西知事が任期中に死去したため新生・公明・民社・日本新・社会の非自民5党推薦で石川県知事選挙に出馬。当時、自由民主党幹事長を務めていた森喜朗が推す元農水事務次官の石川弘を破り、初当選を果たした。なお新生党には、石川県における森のライバルである奥田敬和が所属しており、県知事選でも一種の森奥戦争が繰り広げられた。以後連続5回当選。1998年の知事選では自由民主党が独自候補の擁立を断念し、自民・民主・民政・自由・公明・社民・新進石川7党推薦で再選。3期目以降も日本共産党を除く主要政党の推薦や支持を得て、再選を続けている。2006年、2010年の知事選挙は民主党本部の4選以上は推薦しないという党規により、党石川県総支部連合会(民主党石川県連)が支持を表明している。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た自由民主党幹事長

    1994年、中西知事が任期中に死去したため新生・公明・民社・日本新・社会の非自民5党推薦で石川県知事選挙に出馬。当時、自由民主党幹事長を務めていた森喜朗が推す元農水事務次官の石川弘を破り、初当選を果たした。なお新生党には、石川県における森のライバルである奥田敬和が所属しており、県知事選でも一種の森奥戦争が繰り広げられた。以後連続5回当選。1998年の知事選では自由民主党が独自候補の擁立を断念し、自民・民主・民政・自由・公明・社民・新進石川7党推薦で再選。3期目以降も日本共産党を除く主要政党の推薦や支持を得て、再選を続けている。2006年、2010年の知事選挙は民主党本部の4選以上は推薦しないという党規により、党石川県総支部連合会(民主党石川県連)が支持を表明している。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た法学部

    兵庫県西脇市に生まれ、高校卒業まで西脇市で育つ。兵庫県立西脇高等学校、京都大学法学部卒業。1968年4月、京大を卒業し自治省(現総務省)に入省。同期に早川忠孝(前衆議院議員)、西川一誠(福井県知事)、井戸敏三(兵庫県知事)らがいる。1991年、石川県に出向し、中西陽一石川県知事の下で副知事に就任。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た兵庫県立西脇高等学校

    兵庫県西脇市に生まれ、高校卒業まで西脇市で育つ。兵庫県立西脇高等学校、京都大学法学部卒業。1968年4月、京大を卒業し自治省(現総務省)に入省。同期に早川忠孝(前衆議院議員)、西川一誠(福井県知事)、井戸敏三(兵庫県知事)らがいる。1991年、石川県に出向し、中西陽一石川県知事の下で副知事に就任。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た日本

    谷本 正憲(たにもと まさのり、1945年(昭和20年)4月16日 - )は、日本の政治家。石川県知事(5期)、全国知事会副会長(東海北陸ブロック)。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た公職選挙法

    谷本の後援会「イヌワシ会」が、会員が経営する飲食店などで、会員のみ割引が受けられる特典を設けていたことが明らかになった。公職選挙法で禁止されている寄付行為には該当しないとされているが、後援会は、疑いを招きかねないとして、特典を廃止した。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本正憲

    谷本正憲から見た農林水産省

    1994年、中西知事が任期中に死去したため新生・公明・民社・日本新・社会の非自民5党推薦で石川県知事選挙に出馬。当時、自由民主党幹事長を務めていた森喜朗が推す元農水事務次官の石川弘を破り、初当選を果たした。なお新生党には、石川県における森のライバルである奥田敬和が所属しており、県知事選でも一種の森奥戦争が繰り広げられた。以後連続5回当選。1998年の知事選では自由民主党が独自候補の擁立を断念し、自民・民主・民政・自由・公明・社民・新進石川7党推薦で再選。3期目以降も日本共産党を除く主要政党の推薦や支持を得て、再選を続けている。2006年、2010年の知事選挙は民主党本部の4選以上は推薦しないという党規により、党石川県総支部連合会(民主党石川県連)が支持を表明している。谷本正憲 フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示