441件中 11 - 20件表示
  • GOLDEN☆BEST 柏原芳恵

    GOLDEN☆BEST 柏原芳恵から見た谷村新司谷村新司

    各レコード会社から発売されている廉価版ベスト・アルバム“GOLDEN☆BEST”シリーズの中の1作で、1980年代に発売されたシングルA面曲から選曲。阿久悠や筒美京平ら専業作家が手がけた楽曲以外に、五輪真弓・高見沢俊彦(THE ALFEE)・谷村新司・中島みゆき・松山千春などのシンガーソングライターから提供を受けた楽曲も多く収録されている。GOLDEN☆BEST 柏原芳恵 フレッシュアイペディアより)

  • デジタルプレミアムライブ 〜がんばろう東北・がんばろう関東〜

    デジタルプレミアムライブ 〜がんばろう東北・がんばろう関東〜から見た谷村新司谷村新司

    また、本番組の出演者中、複数の部に出演した人は第2部・第3部に出演した石井竜也と谷村新司のみである。デジタルプレミアムライブ 〜がんばろう東北・がんばろう関東〜 フレッシュアイペディアより)

  • 冬歌2

    冬歌2から見た谷村新司谷村新司

    歌: 山口百恵、1986年に谷村新司がセルフカヴァー(シングル「祇園祭/いい日旅立ち」1986年1月25日)。冬歌2 フレッシュアイペディアより)

  • オフィス南

    オフィス南から見た谷村新司谷村新司

    谷村仁司 - (谷村新司)ものまねオフィス南 フレッシュアイペディアより)

  • 牧田和男

    牧田和男から見た谷村新司谷村新司

    ベース牧田和男、ドラム藤岡博志(杏里、NObody他)、衛藤浩一(元theGood-Bye)、キーボード佐孝康夫(元葡萄畑、海援隊、谷村新司他)、ギター岡沢敏夫(柳ジョージ、theclass、他)、千葉浩(島英二バンド、ザ・ワイルドワンズ他)牧田和男 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤隆 (シンガーソングライター)

    佐藤隆 (シンガーソングライター)から見た谷村新司谷村新司

    自身での歌手活動の他に沢田研二、堺正章、ジュディ・オング、谷村新司、中森明菜、吉川晃司、桑島法子などへの楽曲提供、音楽監督として映画「波光きらめく果て」などを手がけている。佐藤隆 (シンガーソングライター) フレッシュアイペディアより)

  • 欧陽菲菲

    欧陽菲菲から見た谷村新司谷村新司

    忘れていいの (1984.4) ※谷村新司のカヴァー欧陽菲菲 フレッシュアイペディアより)

  • 第51回NHK紅白歌合戦

    第51回NHK紅白歌合戦から見た谷村新司谷村新司

    劇団四季、森進一、石原詢子、八代亜紀、中村美律子、布施明、谷村新司・堀内孝雄(アリス)、大泉逸郎、19、MAX、山本譲二、西城秀樹。第51回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た谷村新司谷村新司

    通りすぎた風(1983年2月1日シングル・谷村新司作曲)※1978年3月ラジオニッポン放送「山口百恵のスーパーライブカンパニー」最終回の公開録音の為に、その公開録音のゲスト「アリス」の谷村新司作曲、山口百恵の歌唱で初公開され、1980年のTV音楽番組「ミュージックフェア」では谷村新司とのデュエットで放送されたのみの未レコード化だった作品を、高田みづえがカヴァーした。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • 水越けいこ

    水越けいこから見た谷村新司谷村新司

    1男4女の末っ子。3歳で母を亡くし、中学校2年で父とも死別した。小学校4年で自宅が火災で全焼する経験もしている。山梨県立桂高等学校を卒業後、テレビ局や信用組合で働いていたが、1974年、テレビのオーディション番組『スター誕生!』の決戦大会に出場したのを契機にサンミュージックに誘われ、芸能界入りした。女性デュオユニット「姫だるま」、田中星児とデュエットした「空よ雲よ小さな風よ」(1977年。この曲をテーマソングとするTBS系「8時の空」に歌のお姉さんとして出演していた)を経て、1978年「しあわせをありがとう」でソロデビュー。他に「ほほにキスして」「めぐり逢いすれ違い」などのヒット曲がある。「Too far away」はヒット曲ではないが、谷村新司・安倍なつみなど多くの歌手がカバーし、水越の代表曲の一つとなっている。1980年代以降はテレビ出演を減らし、ライブとアルバム製作を中心に活動した。水越けいこ フレッシュアイペディアより)

441件中 11 - 20件表示

「谷村新司」のニューストピックワード