441件中 21 - 30件表示
  • 大入りダイヤルまだ宵の口

    大入りダイヤルまだ宵の口から見た谷村新司谷村新司

    谷村新司のライオン・フォーク・ビレッジ大入りダイヤルまだ宵の口 フレッシュアイペディアより)

  • いい日旅立ち

    いい日旅立ちから見た谷村新司谷村新司

    当時山口は阿木燿子・宇崎竜童のコンビによる楽曲が多かった中で、本作は谷村新司を楽曲製作者に迎えて作られた。累計売上は100万枚を記録し、累計では山口にとって最大のヒット曲となった(ただしオリコンの集計では53.6万枚で横須賀ストーリーに次ぐ2番目となっている)。2005年にNHKが実施した「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」では紅組10位にランクインされたほか、2007年には日本の歌百選に選ばれている。いい日旅立ち フレッシュアイペディアより)

  • 琉球の風 (NHK大河ドラマ)

    琉球の風 (NHK大河ドラマ)から見た谷村新司谷村新司

    オープニングテーマは谷村新司のポップス曲であり、NHK交響楽団の演奏ではない希有な作品である(他は『花の生涯』『赤穂浪士』と初期の2作品だけである。もっとも、オープニングの曲全体が歌詞つきの楽曲であるのは本作のみ)。琉球の風 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 花梨 (柏原芳恵の曲)

    花梨 (柏原芳恵の曲)から見た谷村新司谷村新司

    作詞・作曲者は大ヒット曲「昴 -すばる-」や、山口百恵に「いい日旅立ち」など楽曲提供をし、またアリスとしても活動した谷村新司が担当。花梨 (柏原芳恵の曲) フレッシュアイペディアより)

  • ガラスの花 (高田みづえの曲)

    ガラスの花 (高田みづえの曲)から見た谷村新司谷村新司

    サビ部分のバック・コーラスには同曲の作詞・作曲・編曲者でもある谷村新司が担当した。ガラスの花 (高田みづえの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 第54回NHK紅白歌合戦

    第54回NHK紅白歌合戦から見た谷村新司谷村新司

    谷村新司の「いい日旅立ち・西へ」、TOKIOの「AMBITIOUS JAPAN!」をはじめ、JRグループに関する歌が多かったこともあり、翌日ますだおかだに漫才で「あれは絶対JRから金貰ってるで!」と言われていた。第54回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • MBSヤングタウン

    MBSヤングタウンから見た谷村新司谷村新司

    1976年、1977年の在阪ラジオ局聴取率調査では、当番組の平均聴取率が10%台にまで到達。在阪全局、全番組の中で、谷村新司、佐藤良子が出演する水曜日が1位。笑福亭鶴光、角淳一、佐々木美絵が出演する木曜日が2位を記録している。この時期を境に、MBS全体の聴取率はOBC、ABCを上回るようになった。MBSヤングタウン フレッシュアイペディアより)

  • 僕らの音楽 Our Music

    僕らの音楽 Our Musicから見た谷村新司谷村新司

    2015年4月10日(金曜日)23:00 - 23:58(JST)には、『僕らの音楽〜羽ばたく君へ〜』と題して、約7ヶ月ぶりに復活特別番組が放送された。ゲストとしてE-girls、さだまさし、SMAP、谷村新司、ゆずが出演し、同年4月1日に行われたフジテレビ入社式後の懇親会でのライブの模様と、別途収録した新入社員からの質問にゲストが回答する形式でのトークコーナーを放送した。僕らの音楽 Our Music フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た谷村新司谷村新司

    先述の通り、演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。森への楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水(ZARD)、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

  • 浅葉克己

    浅葉克己から見た谷村新司谷村新司

    「昴」(角川書店刊・谷村新司小説・装丁)浅葉克己 フレッシュアイペディアより)

441件中 21 - 30件表示

「谷村新司」のニューストピックワード