368件中 21 - 30件表示
  • J-MELO

    J-MELOから見た谷村新司谷村新司

    5月 安良城紅・矢野沙織・吉田兄弟(日本語でのコメント)/ 西川箕乃助(英語での日舞指導)/ 谷村新司(日本語でのコメント)/ 尾高忠明(日本語でのコメント)J-MELO フレッシュアイペディアより)

  • 琉球の風 (NHK大河ドラマ)

    琉球の風 (NHK大河ドラマ)から見た谷村新司谷村新司

    オープニングテーマは谷村新司のポップス曲であり、NHK交響楽団の演奏ではない希有な作品である(他は『花の生涯』『赤穂浪士』と初期の2作品だけである。尤も、オープニングの曲全体が歌詞つきの楽曲であるのは本作のみ)。琉球の風 (NHK大河ドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 第60回NHK紅白歌合戦

    第60回NHK紅白歌合戦から見た谷村新司谷村新司

    アリスの歌唱前には嵐の各メンバーが「絆」に関するメッセージを披露した。さらに歌唱時には、谷村新司の呼びかけにより観客が立ち上がった。第60回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ボキャブラ天国

    ボキャブラ天国から見た谷村新司谷村新司

    谷村新司に関しては、映っていない状態であった。ボキャブラ天国 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田瑛二

    奥田瑛二から見た谷村新司谷村新司

    1986年には谷村新司とのデュエットでシングル盤「クラシック-CLASSIC-」をリリースしている。奥田瑛二 フレッシュアイペディアより)

  • 冬歌2

    冬歌2から見た谷村新司谷村新司

    歌: 山口百恵、1986年に谷村新司がセルフカヴァー(シングル「祇園祭/いい日旅立ち」1986年1月25日)。冬歌2 フレッシュアイペディアより)

  • 大入りダイヤルまだ宵の口

    大入りダイヤルまだ宵の口から見た谷村新司谷村新司

    谷村新司のライオン・フォーク・ビレッジ大入りダイヤルまだ宵の口 フレッシュアイペディアより)

  • いい日旅立ち

    いい日旅立ちから見た谷村新司谷村新司

    「いい日旅立ち」(いいひたびだち)は1978年11月にリリースされた山口百恵の24枚目のシングルおよび、その楽曲を使った日本国有鉄道(国鉄)による旅行誘致キャンペーンのキャッチコピーである。同曲の大ヒットで百恵自身の代表曲の一つに挙げられ、また作詞・作曲担当の谷村新司の代表作ともなった。いい日旅立ち フレッシュアイペディアより)

  • 山口百恵

    山口百恵から見た谷村新司谷村新司

    通りすぎた風(1983年2月1日シングル・谷村新司作曲)※1978年3月ラジオニッポン放送「山口百恵のスーパーライブカンパニー」最終回の公開録音の為に、その公開録音のゲスト「アリス」の谷村新司作曲、山口百恵の歌唱で初公開され、1980年のTV音楽番組「ミュージックフェア」では谷村新司とのデュエットで放送されたのみの未レコード化だった作品を、高田みづえがカヴァーした。山口百恵 フレッシュアイペディアより)

  • 森進一

    森進一から見た谷村新司谷村新司

    演歌歌手と呼ばれることを嫌い、流行歌手として、固定観念に捉われず様々なジャンルの作品を歌うことを信条としている。一般的に形式を重んじ急激な変化を好まない演歌界においては森のようなスタイルは稀少である。楽曲提供者には岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、井上陽水、谷村新司、シャ乱Qメンバー、須藤晃、長渕剛、細野晴臣、松山千春、BORO、坂井泉水、小室哲哉といった多彩な顔ぶれが名を連ねる。演歌嫌いを公言して憚らなかった淡谷のり子からもその音楽性を賞賛された。森はこうした自身の多彩な活動について「僕が歌ってきたのは演歌ではなく流行歌です」と説明している。森進一 フレッシュアイペディアより)

368件中 21 - 30件表示