441件中 31 - 40件表示
  • 2011年のラジオ (日本)

    2011年のラジオ (日本)から見た谷村新司谷村新司

    1月11日 - セイ!ヤング スペシャル 谷村新司・ばんばひろふみ 天才・秀才・バカ 〜武道館まで待てない!〜(文化放送、20:00)2011年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 奥田瑛二

    奥田瑛二から見た谷村新司谷村新司

    1986年には谷村新司とのデュエットでシングル盤「クラシック-CLASSIC-」をリリースしている。奥田瑛二 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオ深夜便

    ラジオ深夜便から見た谷村新司谷村新司

    遠藤ふき子(司会)、古屋和雄(司会)、谷村新司、南こうせつ、坂崎幸之助、中島みゆき(コメントゲスト、録音出演)ラジオ深夜便 フレッシュアイペディアより)

  • やしきたかじん

    やしきたかじんから見た谷村新司谷村新司

    前述の秋元のコメントの通り、たかじんの歌詞へのこだわりが強く、かつて多くたかじんの曲の作詞・作曲を手がけた鹿紋太郎が新曲作りに取り組む際には、鹿がたかじんの自宅に泊り込んで半月程度の合宿をおこなったという。1981年には、谷村新司が作詞・作曲し、たかじんが歌ったアニメ映画『機動戦士ガンダム』(劇場版3部作の第1作目)の主題歌『砂の十字架』が13万枚 のヒットとなるが、本人にとっては生涯最大の汚点だという。これには数々の事情があり、当時たかじんを担当していたディレクターがキングレコードの部長に涙ながらに土下座をして、長い間鳴かず飛ばずだったたかじんにレコードを出させて下さいと直訴。その結果キングレコードは条件として、たかじんにガンダムの主題歌を歌うように指示、たかじんも歌詞に「ガンダム」という固有名詞がないことを条件に、(土下座したディレクターのこともあり)渋々承諾する。しかし、歌詞が気に入らなかったことと、ジャケットに自分の写真でなく、(同作品の主人公の)「アムロ・レイ」のイラストが描かれていた事にたかじんがクレームをつけて発売は延期となるが、結局そのまま発売されてしまう。このように自分の意向が蔑ろにされ、全てが事後承諾で制作された経緯がある作品である上に、無理矢理歌わされた曲が結果的に大ヒットしたため、「これまた人生の汚点だ」として番組などで嘆いた。またその後長い間、機動戦士ガンダムを観る事すら拒んだ。しかし後年になり岡田斗司夫から「今、歌えば逆に新鮮かも」との提案に、少し色気を出していた。やしきたかじん フレッシュアイペディアより)

  • 第60回NHK紅白歌合戦

    第60回NHK紅白歌合戦から見た谷村新司谷村新司

    アリスの歌唱前には嵐の各メンバーが「絆」に関するメッセージを披露した。さらに歌唱時には、谷村新司の呼びかけにより観客が立ち上がった。第60回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ばんばひろふみ

    ばんばひろふみから見た谷村新司谷村新司

    セイ!ヤング(文化放送)のパーソナリティとして谷村新司と競演、「顔が大きい」という特徴をネタに聴取者からの投稿コーナーも含めかなりの弄られキャラを演じる。ばんばひろふみ フレッシュアイペディアより)

  • 寒雲

    寒雲から見た谷村新司谷村新司

    谷村新司のファンで、その多くの楽曲に深い感銘を受けている。歌手活動の傍ら、台日文化交流親善活動、国際活動にも尽力している。石川県白山市在住。寒雲 フレッシュアイペディアより)

  • 冴木彩乃

    冴木彩乃から見た谷村新司谷村新司

    『プロフェッショナルの鉄則』(横尾忠則、三上寛、谷村新司)冴木彩乃 フレッシュアイペディアより)

  • 第52回NHK紅白歌合戦

    第52回NHK紅白歌合戦から見た谷村新司谷村新司

    有働は本番直前に本番で失敗するという夢ばかり見たという。当日は緊張感と寝不足でわけの分からない状態で迎えたとし、本番終了後は担当者と抱き合い泣いたと話す。本人曰く 「紅白はやるものではなく、見るものである」「今回の司会で5歳老けた」。また、有働は本番中舞台袖の布をカーテンとしたスペースで着替えをしていた際、谷村新司が「うどちゃん頑張ってね」と布をめくって覗いていったことを明かしている。着替えに集中していて「ありがとうございます」と普通に返したが、その時はTバックの下着以外一糸纏わぬ姿だったという。第52回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2017 FNSうたの夏まつり

    2017 FNSうたの夏まつりから見た谷村新司谷村新司

    生誕80周年の加山雄三、デビュー50周年の萩原健一・森山良子、デビュー45周年の谷村新司、デビュー30周年の工藤静香・森高千里、デビュー25周年の大黒摩季、デビュー20周年のゆず、デビュー15周年のタッキー&翼・森山直太朗、デビュー10周年のBREAKERZ・Hey! Say! JUMP、デビュー5周年のA.B.C-Z・EXILE THE SECOND・GENERATIONS from EXILE TRIBE・乃木坂46といったそれぞれの節目を迎えるアニバーサリーアーティストが一堂に会して総出演して、夏らしいパワフルなパフォーマンスを披露したり、アニバーサリー企画以外にもAKB48が巨大プールにてメドレーを披露したり、ディズニー映画&2017年映画スーパーヒットメドレーといったスペシャル企画も行われた。2017 FNSうたの夏まつり フレッシュアイペディアより)

441件中 31 - 40件表示

「谷村新司」のニューストピックワード