227件中 31 - 40件表示
  • 谷村新司

    谷村新司から見た桑名正博

    1971年12月25日、谷村新司、堀内孝雄の2名で「アリス」結成。桑名正博の実家の蔵で練習を重ねる。谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見た阿久悠

    昭和恋唄(小林旭へ曲を提供。作詞は阿久悠。)※谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見た千住明

    『オリオン13』に収録されてある「ココロツタエ」には作曲・編曲共「千住明」によるソロバージョン。谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見た坂崎幸之助

    2002年、アルバム『半空』を発表。坂崎幸之助や鈴木康博といった旧友に混じって、元MR.BIGのギタリストポール・ギルバートが参加した。谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見た175R

    175RやGackt、TRICERATOPSら若手ミュージシャンとの交流も積極的である。デーモン閣下が谷村のコンサートにゲスト出演したこともある。また、1993年のコンサート『THE MAN』のバック・メンバーの中には、元爆風スランプのベーシスト江川ほーじんがいた。谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見たレッド・ツェッペリン

    1970年、大阪万博の会場で、後にアリスの所属事務所「ヤングジャパン」社長となる細川健と知り合う。細川の音頭取りで実行したアメリカ・コンサート・ツアーで「ロック・キャンディーズ」や「ザ・フォーク・クルセダーズ」らと共に参加していたソウル・バンド「ブラウン・ライス」のドラマー矢沢透と知り合い意気投合。帰国したら一緒にグループを組もうと約束する。このとき谷村の頭の中には、新グループ「アリス」の構想ができつつあった。このアメリカ・ツアー中にレッド・ツェッペリンのステージを観る機会があり、ジミー・ペイジの独特のギター・プレイに圧倒されたという。同じく訪米中にジャニス・ジョプリンのライブを観る機会にも恵まれ、「当時彼女の生演奏に触れることのできた数少ない日本人として幸運」と谷村本人が語っている。谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見たジェームス・ブラウン

    デビュー当初はヒット曲もなく、鳴かず飛ばずであった。なんとか打開策を見出そうと、ソウルミュージックの帝王ジェームス・ブラウンを初来日させるが、当時の日本ではマイナーなアーティストだったこともあって、来日公演は不入り。逆の意味で“伝説のライブ”となり、所属事務所ヤングジャパンは、莫大な借金を背負ってしまった。谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見た鬼束ちひろ

    いい日旅立ち・西へ(鬼束ちひろに楽曲提供)※谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見た堀内孝雄

    帰国した谷村は、アマチュア・ロック・バンド「フーリッシュ・ブラザーズ・フット」のボーカル堀内孝雄をアリスに勧誘。堀内は「ポート・ジュビリー」で、既に谷村とは知り合いだった。谷村新司 フレッシュアイペディアより)

  • 谷村新司

    谷村新司から見たTRICERATOPS

    175RやGackt、TRICERATOPSら若手ミュージシャンとの交流も積極的である。デーモン閣下が谷村のコンサートにゲスト出演したこともある。また、1993年のコンサート『THE MAN』のバック・メンバーの中には、元爆風スランプのベーシスト江川ほーじんがいた。谷村新司 フレッシュアイペディアより)

227件中 31 - 40件表示

「谷村新司」のニューストピックワード