前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
161件中 1 - 10件表示
  • 1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た谷繁元信谷繁元信

    第1戦は松井稼頭央のオールスターデビュー戦となった。2番遊撃手で先発出場を果たす。ヒットで出塁すれば即盗塁を決める快足技で1試合4盗塁を決めてセの捕手古田敦也や谷繁元信をきりきり舞いさせた。第2戦はフリーエージェントでパ・リーグの西武からセ・リーグの巨人へ移籍した「お祭り男」清原和博が全セの主砲として2本塁打を放ち自身6度目のMVPを受賞した。1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 井野修

    井野修から見た谷繁元信谷繁元信

    2009年(平成21年)5月25日ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ戦の5回裏の中日の攻撃で、谷繁元信がバントの構えから引いたバットに糸数敬作投手の投球が当たり、打球はファウルグラウンドに落ちた。井野は一度ファウルのジェスチャーをしたが中日落合博満監督の抗議を受けて、当事者選手両者ではなく、一方だけのセリーグの谷繁元信一人のみに再確認し、そのバットがパリーグ捕手・大野奨太のミットに当たったとして打撃妨害に判定を覆した。日本ハム梨田昌孝監督が抗議に出るも覆らず、この判定を境に流れが変わりそれまでリードしていた日本ハムは逆転負けを喫した。テレビ映像では、バットに球が当たってから、ミットにバットが触れていた。前年にも同じ中日戦で別の球審ではあったが同様の判定の覆され方で多田野数人が危険球退場となっていたため、日本ハムにとっては非常に後味の悪い判定となってしまった。井野修 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た谷繁元信谷繁元信

    昨年痛めた肘を2度手術した影響でシーズン開幕には間に合わなかったが、一軍合流後は安定した活躍を見せ、オールスターゲームにも監督推薦で選出され、9月には自身初の月間MVPを獲得。最終的に内海哲也(巨人)と並ぶ18勝を挙げ2度目の最多勝を獲得し、4年連続の二桁勝利となった。防御率も1.65と自身2度目の防御率1点台を記録し、初の最優秀防御率のタイトルも獲得した。さらに、谷繁元信と共に、自身初の最優秀バッテリー賞も受賞した。その他、最高勝率(.857)、最多完封(3完封)、最多無四球試合(3試合)も達成している。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 井上純

    井上純から見た谷繁元信谷繁元信

    1988年、東陵高校時代は大会屈指のスラッガーとして、3年生時に当校の甲子園初出場(夏の甲子園に出場)に貢献。宮城県大会決勝の東北高校戦では3ラン本塁打を放って東稜高校の甲子園初出場に貢献した。初戦の福井商業高校に敗退したものの打撃力と俊足を評価され横浜大洋ホエールズ(現横浜ベイスターズ)が指名し入団。(同期入団は谷繁元信、石井琢朗など)井上純 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本シリーズ

    2005年の日本シリーズから見た谷繁元信谷繁元信

    実況:伊藤史隆 解説:吉田義男、真弓明信、福本豊 ゲスト解説:谷繁元信(中日)2005年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 関口宏の東京フレンドパークII

    関口宏の東京フレンドパークIIから見た谷繁元信谷繁元信

    1998年12月28日 - 横浜ベイスターズ(石井琢、波留、鈴木尚、谷繁、斎藤隆、島田・8枚)関口宏の東京フレンドパークII フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た谷繁元信谷繁元信

    急性感音性難聴を患ったことなどにより不調に終わり、翌はプロ入り初の二桁敗戦を喫する。は、開幕投手を任されるはずだったが、足の深爪により登板できず、替わりに二軍の開幕投手となるも、相手投手に本塁打を打たれるなど不安が残った。しかし一軍に復帰してからは調子を取り戻し、桑田真澄と最優秀防御率争いを繰り広げた。8月1日には、この年日本一になった読売ジャイアンツ相手に、プロ野球史上70人目、81度目のノーヒットノーランを達成し、対巨人戦の連敗を9で止めた。この年を最後にニューヨーク・ヤンキースに移籍した松井秀喜からは3三振を奪っている。なお、この日はバッテリーを組んだ谷繁元信の、1500試合出場の日でもあった。また、前年の8月1日も巨人戦で登板し、相手先発はこの日と同じく入来祐作であった。前年は高橋由伸に通算100号本塁打を打たれた後に打球を足に受け途中降板し敗戦投手となり、チームも完封負けを喫して散々な結果となった1年後にリベンジした形となった。主力投手であった野口茂樹の故障もあり、この頃から中日のエースと呼ばれるようになる。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木主浩

    佐々木主浩から見た谷繁元信谷繁元信

    ポストシーズンでは4試合の登板で奪三振率13.63の快投を見せるが、ヤンキースとのリーグチャンピオンシップシリーズ第4戦では自己最速タイとなる96mph(約154km/h)を記録するも、アルフォンソ・ソリアーノにサヨナラ本塁打を打たれ、チームは翌日の試合で敗退した。オフにはシーズン終了報告で任天堂の本社を訪れ、メジャー移籍を目指していた谷繁元信の獲得を進言したが、入団には至らなかった。佐々木主浩 フレッシュアイペディアより)

  • 相川亮二

    相川亮二から見た谷繁元信谷繁元信

    一軍公式戦の初出場は入団5年目、8月21日のヤクルト戦。9月3日の阪神戦で初安打を放つ。翌は当時の正捕手、谷繁元信が戦線離脱したのをきっかけに初めてスタメン出場し、8月25日の巨人戦で桑田真澄からサヨナラ安打を打つなど、徐々に頭角を現す。相川亮二 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の日本シリーズ

    1998年の日本シリーズから見た谷繁元信谷繁元信

    (横)○野村(1勝)、阿波野、佐々木-谷繁1998年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
161件中 1 - 10件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード