161件中 91 - 100件表示
  • サンデードラゴンズ

    サンデードラゴンズから見た谷繁元信谷繁元信

    水野裕子が中日ドラゴンズ・谷繁元信捕手との約束を番組がバックアップするべく誕生したコーナー。サンデードラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越裕介

    鳥越裕介から見た谷繁元信谷繁元信

    初盗塁:同上、7回裏に二盗(投手:渡部高史、捕手:谷繁元信鳥越裕介 フレッシュアイペディアより)

  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見た谷繁元信谷繁元信

    2006年9月10日、現役最後の関西地方での試合となるオリックス戦(京セラドーム大阪)にて現役最後となる本塁打を放った。この試合では相手チームの清原和博から贈られたバッティンググローブを着用しており、それには直筆で「己を信じリラックスして(似顔絵の新庄)らしいプレーを楽しみにしています 清原和博」と記されていた。新庄はこのお礼として2008年に引退試合を迎える清原に対して、自身が2006年の最後のオールスターゲームで着用した金色のバッティンググローブを贈った。2006年10月26日、日本シリーズ最終第5戦(札幌ドーム)での現役最後の打席は3球三振であった。涙を流しながら打席に立っている自身に対して、阪神時代から長年に渡り対戦してきた中日・谷繁元信捕手が1球目の見逃し後に「泣くな、真っ直ぐいくぞ」と言ってくれたように思ったと、翌日の引退会見で語った。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • 中崎翔太

    中崎翔太から見た谷繁元信谷繁元信

    初奪三振:同上、7回裏に谷繁元信から中崎翔太 フレッシュアイペディアより)

  • 中村武志

    中村武志から見た谷繁元信谷繁元信

    オフに山田久志が新監督に就任した中日はドラフト1・2位に捕手を指名。更に横浜ベイスターズから正捕手であった谷繁元信をFAで獲得。中村は出場機会を求めトレードを志願し、金銭トレードで横浜に移籍した。は開幕から相川亮二との併用、翌年以降は西武ライオンズから中嶋聡の加入などで更に出場試合数を減らす。古巣中日に1試合6盗塁を許すなど肩の衰えは顕著で、打撃でも2003年の11本塁打以外は目立った活躍もなかった。中村武志 フレッシュアイペディアより)

  • 無冠の帝王

    無冠の帝王から見た谷繁元信谷繁元信

    野球においては打者三冠タイトル(首位打者、本塁打王、打点王)を獲得していないが、それらのタイトルを獲得してもおかしくないほどの実績のある選手を指している(その他の打者タイトルやベストナイン、ゴールデングラブ賞、新人王等は除外されている)。一方、投手についてはタイトルが多数あり、どれも獲っていない人物というのはめったにいないため基準が定かでない。捕手については谷繁元信、城島健司など強打者ながらも無冠の選手もいるが、「無冠の帝王」といわれることは少ない。無冠の帝王 フレッシュアイペディアより)

  • 隠善智也

    隠善智也から見た谷繁元信谷繁元信

    初盗塁:同上、5回裏に二盗(投手:中田賢一、捕手:谷繁元信隠善智也 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本シリーズ

    2008年の日本シリーズから見た谷繁元信谷繁元信

    ニッポン放送(NRN…MBS・KBC・STV) 実況:松本秀夫 解説:江本孟紀 ゲスト解説:谷繁元信(中日)2008年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 辻恭彦

    辻恭彦から見た谷繁元信谷繁元信

    享栄商業高校では、1960年に正捕手として全国高校野球選手権大会(第42回)に出場したが、初戦で徳島商業高校に敗れている(スコアは、2-4)。高校卒業後は西濃運輸に入社し、同社でも捕手として活躍した。1962年、第33回都市対抗野球大会に出場後、シーズン途中で阪神タイガースへ入団。1971年には全試合に出場したが、これはセ・リーグ捕手では初の記録になった。タイガースでは主に田淵幸一の控えであったが、キャッチング技術を江夏豊に信頼されていたため、江夏とバッテリーを組む事が多かった。その後、1974年オフに辻佳紀(前述)との交換トレードで大洋ホエールズへ移籍。辻佳紀とのトレードは、捕手同士の交換トレードという事だけではなく、同姓選手同士のそれという点でも当時話題となった(このようなトレードが話題になった前例には、1966年オフに広島カープと阪急ブレーブスとの間で成立した、大石清投手と大石弥太郎投手との交換トレードがある)。ホエールズでは、福嶋久晃や伊藤勲らの控えとして活躍した。そして、1984年オフに42歳で引退。頑丈な身体で怪我も少なく、捕手で実働22年は、野村克也・中嶋聡の26年、谷繁元信の24年、八重樫幸雄の23年に次ぐ記録である。辻恭彦 フレッシュアイペディアより)

  • 炭谷銀仁朗

    炭谷銀仁朗から見た谷繁元信谷繁元信

    プロ1年目の、キャンプから頭角を現し、オープン戦では2本塁打、5割近い盗塁阻止率を記録したため、谷繁元信以来17年ぶりとなる高卒新人捕手の開幕一軍、更には3月25日の対オリックス戦では谷本稔以来、51年ぶりとなる高卒ルーキー捕手の開幕戦スタメンデビュー、飯田幸夫以来40年ぶりとなるパ・リーグ高卒新人開幕スタメンまで果たした。この開幕戦で7回に中堅へ安打を放ったが、高卒新人が開幕戦で安打を放ったのは、立浪和義以来2リーグ分裂後4人目であった。翌3月26日の開幕第2戦では19歳の涌井秀章とバッテリーを組み、初勝利。これは1989年の横浜大洋ホエールズの石井忠徳・谷繁バッテリー以来17年ぶりとなる10代バッテリーでの勝利であった。同月29日の対ソフトバンク戦(北九州市民球場)では、2回表にD.J.カラスコからプロ初本塁打となる満塁本塁打を放った。高卒新人がルーキーイヤーに満塁本塁打を記録したのは清原和博以来20年ぶりで、かつ高卒新人捕手としては史上初の快挙であった。同試合の6回表には2号本塁打を放ち、松井秀喜以来となる高卒新人の1試合2本塁打も記録した。しかし、その後は打率.160と不振に陥り、リード面においても課題を指摘されたことから、5月以降細川亨に正捕手の座を奪われ、5月12日に一軍登録を抹消された。6月6日に一軍へ復帰すると同日の試合で即スタメン起用され先制点を挙げるなど活躍し、再び一軍に定着した。同日の勝利投手は10代コンビの涌井であり、以降は涌井の先発時のみスタメンという起用法が続いた。シーズン終盤には細川のケガによる離脱により再び先発マスクを被ることが多くなった。炭谷銀仁朗 フレッシュアイペディアより)

161件中 91 - 100件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード