161件中 121 - 130件表示
  • 2001年の日本シリーズ

    2001年の日本シリーズから見た谷繁元信谷繁元信

    ゲスト解説:谷繁元信(横浜、日本シリーズ終了後にFA宣言し中日へ移籍) <副音声:豊田泰光、江夏豊>2001年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 飯田哲也

    飯田哲也から見た谷繁元信谷繁元信

    1000試合出場:1998年8月25日、対広島東洋カープ22回戦(明治神宮野球場)、8回裏に土橋勝征の代走で出場 ※史上347人目(谷繁元信と同日達成)飯田哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の日本シリーズ

    1999年の日本シリーズから見た谷繁元信谷繁元信

    ニッポン放送(NRN) 実況:栗村智 解説:大矢明彦 ゲスト解説:佐々木主浩、谷繁元信(横浜) 1999年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た谷繁元信谷繁元信

    捕手出身として考えれば特別強肩というわけではないが、捕球してから投げるまでが速く、正確な送球ができる。さらにフェンスに当った後などの打球判断が良いこともあり補殺は多く、セ・パ両リーグでシーズン最多補殺を記録している(肩が強いという印象が薄いため、和田のところに打球が飛ぶと走者が本塁へ突入するということも一因ではある)。和田のスローイングに関して、谷繁元信は「上品な球」と表現している。また、「ボールを見ていなくても取れる範囲に送球がくる。走者を見ていられるためブロックしやすい」とも評している。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田英朗

    奥田英朗から見た谷繁元信谷繁元信

    大の中日ドラゴンズファンで、好きな選手に岩瀬仁紀を挙げている。また、中日戦ではスタンドでよく谷繁元信を野次っているという。奥田英朗 フレッシュアイペディアより)

  • 水野裕子

    水野裕子から見た谷繁元信谷繁元信

    2007年の春季キャンプで谷繁元信捕手から、始球式で85km/h以上が出せたら選手しかもっていないものをプレゼントしてくれるという約束を交わした。不定期で出演する『サンデードラゴンズ』で、この約束を実現するための様々な挑戦が行われている。同年9月5日に始球式を行う。ストライクを投げるものの、球速は75km/hだった。2008年の春季キャンプでリベンジをすることになった。水野裕子 フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た谷繁元信谷繁元信

    2002年、山田久志ヘッドコーチが監督に就任。中日OB以外から選ばれる監督としては山内一弘以来となる。谷繁元信が横浜からFA移籍。8月1日の巨人戦で川上憲伸がノーヒットノーランを達成。チームは対巨人戦9連敗が響き3位。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た谷繁元信谷繁元信

    は、東日本大震災の影響で日程が遅れたことに加え、4月5日の阪神タイガースとの練習試合で右ふくらはぎを負傷して、開幕に出遅れる。その後は2軍での調整を経て、交流戦初戦の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で5番捕手で1軍復帰を果たすと、9回表に2死走者なしから初安打を放ち、逆転の足がかりを作った。その後も正捕手としてだけでなく、シリーズ終盤ではラミレスに代わって4番に定着するなどして、攻守にわたってチームを牽引。9月29日の横浜ベイスターズ戦では谷繁元信が打ち出した、セントラル・リーグ記録の連続守備機会無失策1,708を抜く、新記録の1,709を達成するなどして、最終的には114試合に出場して、打率.292で114安打の61打点、本塁打もチーム2位の20本と5年連続の20本塁打を達成した。シーズン中には、第7回「ジョージア魂賞」を受賞、JA全農Go・Go賞は、8月の「最多盗塁阻止賞」部門、9月の「最多二塁打、三塁打賞」部門、10月の「最優秀賞」と3か月連続で受賞し、シーズン終了後には5年連続となるベストナインにも選出された。オフの契約更改では、怪我で出遅れながらもナインを牽引したことが評価され、現状維持の4億円(推定)で更改した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉竹識

    古葉竹識から見た谷繁元信谷繁元信

    1987年、大洋の監督に就任する。広島黄金時代の采配を期待されたが小林正之や寺岡孝、佐野嘉幸、福嶋久晃、中村光良など広島時代のコーチ陣を引き連れ組閣したことが裏目に出てチーム成績は低迷し、順位は1988年の4位が最高だった。1989年、シーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。一方で、1988年に広島の名スカウト木庭教を招聘した。1998年の優勝時の主力である野村弘樹、谷繁元信、石井琢朗らは古葉の在任時に獲得した選手である。古葉竹識 フレッシュアイペディアより)

  • 森祇晶

    森祇晶から見た谷繁元信谷繁元信

    2001年横浜ベイスターズ監督に就任。1年目は主砲のロバート・ローズが退団するも3位を維持し、チームは5年連続Aクラス入りを果たす。しかし、正捕手の谷繁元信や前年のチーム最多勝投手の小宮山悟がFA移籍をするなど戦力が低下した2年目は、16年ぶりの13連敗を喫するなど最下位を独走し、シーズン途中の2002年9月25日に途中休養を余儀なくされ、シーズン終了を持って解任された。特に成績が低迷した横浜監督の2年目はファンや地元マスコミの批判にさらされることが多く、横浜では過去に森と同じく優勝実績があり鳴り物入りで就任した古葉竹識が、就任3年目に最下位に転落し契約を1年残しての辞任に追い込まれたという類似ケースがあったことや、森の前任監督である権藤博が放任野球を標榜して1998年に日本一を達成しており、森が標榜したバントを多用する手堅い采配がそれとは対極のものであったことも、横浜ファンからの森の評価を下げる要因となった。森祇晶 フレッシュアイペディアより)

161件中 121 - 130件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード