161件中 31 - 40件表示
  • 1999年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1999年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た谷繁元信谷繁元信

    (セ) ○上原(巨)、川村(横)、槙原(巨)、佐々木(横)?古田(ヤ)、谷繁(横)1999年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 大塚義樹

    大塚義樹から見た谷繁元信谷繁元信

    横浜ではシーズン終盤に代打で2打席連続本塁打を記録している。に34試合に出場し、秋元宏作や谷繁元信との正捕手争いに加わった。翌は背番号を4に改めたが、4試合に出場しただけに終わり、同年限りで現役を退いた。左投手に強いバッティングが売りだった。大塚義樹 フレッシュアイペディアより)

  • 石田文樹

    石田文樹から見た谷繁元信谷繁元信

    のドラフト5位で横浜大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)に入団。(同期入団は谷繁元信、井上純、石井琢朗など)中継ぎ投手としての起用が多かった。には名前を「文樹」から「大也」に改名して心機一転を図るが良い結果が出せず、同年秋に引退。引退後は横浜に残留し、打撃投手に転向。1998年には名前を再び「文樹」に戻した。石田文樹 フレッシュアイペディアより)

  • ボールインプレイ

    ボールインプレイから見た谷繁元信谷繁元信

    2004年10月16日にナゴヤドームで開催された2004年の日本シリーズ第1戦、中日ドラゴンズ対西武ライオンズ戦の5回裏、中日の攻撃。一死一塁の場面で打者の谷繁元信は捕手の前にゴロを打った。捕手の野田浩輔は谷繁にタッグしようとするも届かなかったため二塁へ送球、二塁塁審・杉永政信は一塁走者のフォースアウトを宣告、ついで一塁へ送球され打者走者もアウト、併殺成立、かと思われた。ボールインプレイ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツうるぐす

    スポーツうるぐすから見た谷繁元信谷繁元信

    2004年春のGI期間からスタートした競馬コーナー。杉本清が先生、その他の出演者は生徒役(江川は学級委員長)に扮し、江川と杉本がその週のGIレースを予想する(2005年春季以降は、江川や杉本に待ったをかける立場で武田も毎回予想に参加)。なお、2004年秋は三連単の予想をしていた。その日の放送にゲストがいる場合、ゲストも転校生という設定でコーナーに参加することもある(過去には蛍原徹、谷繁元信、三浦大輔が転校生として出演。松坂大輔もコーナー放送日にゲスト出演したことがあるが転校生としての出演なし)。また、2005年春季の最終週では徳光和夫が理事長役としてVTR出演した(徳光は競馬学園以前の競馬コーナーにも稀にVTR出演して予想を展開していた)。スポーツうるぐす フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・コーリー

    ブライアン・コーリーから見た谷繁元信谷繁元信

    初奪三振:同上、8回表に谷繁元信からブライアン・コーリー フレッシュアイペディアより)

  • 山下 大輔

    山下大輔から見た谷繁元信谷繁元信

    引退はシーズン開幕の前日に突然発表された。横浜大洋はその年、背番号1を欠いたままシーズンを送ることになった。からまでTBSで野球解説者を務めた。その間、横浜大洋では1989年から谷繁元信捕手が背番号1を引き継いでいた。山下が守備走塁コーチとして横浜大洋から球団名が変更された横浜に復帰した、監督に就任した近藤昭仁は「背番号1は捕手のイメージに合わない」として谷繁を8番に変更、内野手の進藤達哉(1992年まで36番)に1番を与えた。山下の前に大洋で1番を背負っていたのは当の近藤であった。山下大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 宮川一彦

    宮川一彦から見た谷繁元信谷繁元信

    初出場:1991年4月6日、対阪神タイガース1回戦(横浜スタジアム)、8回裏に谷繁元信の代打として出場宮川一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た谷繁元信谷繁元信

    (セ) 井川(阪)、三浦(横)、○ムーア(神)、五十嵐亮(ヤ)、S河原(巨)?矢野(阪)、谷繁(中)、古田(ヤ)2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • マット・ステアーズ

    マット・ステアーズから見た谷繁元信谷繁元信

    初盗塁:同上、2回表に二盗(投手:斎藤隆、捕手:谷繁元信マット・ステアーズ フレッシュアイペディアより)

161件中 31 - 40件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード