161件中 41 - 50件表示
  • 中野栄一

    中野栄一から見た谷繁元信谷繁元信

    入団当初は、打撃力があるので当時の正捕手である中村武志の後継者として期待されていた。しかし、肩や腰の故障などで2軍暮らしが続く。2003年は谷繁元信の故障により、1軍のスタメンマスクをかぶる。打撃はまずまずの結果であったが、リード面では結果を残せず、以後柳沢裕一に代役を奪われた。2004年には1軍出場が1試合にとどまり、自由契約となった。中野栄一 フレッシュアイペディアより)

  • 小山昭晴

    小山昭晴から見た谷繁元信谷繁元信

    遠投120mの強肩で期待されたが、当時の大洋は捕手層が厚く、1985年に入団8年目にして1軍初出場、翌1986年にプロ初ヒットを放つ。1988年に堀井幹夫と共に石川賢との2対1トレードでロッテオリオンズに移籍、登録名を昭吉(あきよし)と改名した。1989年オフに自由契約となり翌1990年から大洋に復帰するが、谷繁元信の教育係的存在で一軍出場は1990年の2試合に留まり、1992年に引退した。小山昭晴 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井優志

    藤井優志から見た谷繁元信谷繁元信

    しかし、同時期の中日には中村武志、鈴木郁洋、谷繁元信といった捕手がいたためその厚い壁に阻まれることとなる。さらに、守備よりも打撃を得意としたため2軍では捕手の他に一塁手や外野手として出場することもあった。藤井優志 フレッシュアイペディアより)

  • トム・エバンス

    トム・エバンスから見た谷繁元信谷繁元信

    初盗塁:2001年7月10日、対横浜ベイスターズ14回戦(横浜スタジアム)、5回表に二盗(投手:川村丈夫、捕手:谷繁元信トム・エバンス フレッシュアイペディアより)

  • 横浜Boy Style

    横浜Boy Styleから見た谷繁元信谷繁元信

    「WINNING」のバックコーラスには、当時横浜で現役だった佐々木主浩・盛田幸妃・野村弘樹・谷繁元信・石井琢朗・進藤達哉の6選手が参加している。日本テレビ系朝の生ワイド番組『ズームイン!!朝!』内のコーナー「プロ野球いれコミ情報」の最中、魁三太郎が横浜ベイスターズの情報を伝える際、そのカラオケバージョンが実際にBGMとして使用されていた。また、横浜ベイスターズの応援団が試合前やラッキーセブン、勝利後に、トランペットで演奏していた。球団名が横浜DeNAベイスターズとなった2012年以降も応援団による引き続きの使用が確認されており、歌詞の「横浜ベイスターズ」の部分も変わらず歌われている。横浜Boy Style フレッシュアイペディアより)

  • 小山桂司

    小山桂司から見た谷繁元信谷繁元信

    に両打ちから右打ちに転向。同年は初の開幕一軍入りを果たし、谷繁元信の代役として先発マスクを被る機会も増え、5月12日の東京ヤクルトスワローズ戦(長良川球場)で一場靖弘からプロ入り初本塁打を放つ。谷繁の復帰以降は代走での起用や、相性のいい朝倉健太、チェンが先発する試合でスタメン出場する事が多かった等、第二捕手としての地位を確立した。も前年同様にチェン・朝倉とのバッテリーや、大量ビハインドの試合での出場機会があったものの、朝倉が調子を落とし、且つ小田幸平が調子を上げた中盤以降は出場機会が減少し第三の捕手としての起用に留まった。小山桂司 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本真或

    岡本真或から見た谷繁元信谷繁元信

    2008年に和田一浩の人的補償で西武へ移籍。これにより中日初のFA移籍による人的補償で他球団へ移籍した選手となった。(なお、中日はこれまでに金村義明、武田一浩、川崎憲次郎、谷繁元信の4名をFAで獲得したが所属球団への補償は全て金銭補償であった。)岡本真或 フレッシュアイペディアより)

  • ジョナサン・ハースト

    ジョナサン・ハーストから見た谷繁元信谷繁元信

    初奪三振:同上、2回裏に谷繁元信からジョナサン・ハースト フレッシュアイペディアより)

  • 課長バカ一代

    課長バカ一代から見た谷繁元信谷繁元信

    大の野球好き。部下に「ロッテのスターティングメンバーを知らずに野球通ヅラするな!」といなした上で、ガリクソンの桑田との真摯なエピソードを語ったり、球場でタニシゲの応援するなど、ベイスターズのファンと思われる。裏設定として実は双子の兄弟がいるという設定および、妻と別居中と言う設定があるが、本編には全く関係がない。課長バカ一代 フレッシュアイペディアより)

  • 小田幸平

    小田幸平から見た谷繁元信谷繁元信

    2006年、移籍して間もなく正捕手である谷繁元信がWBCへの出場で戦列を離れたため、オープン戦ではほぼスタメンで出場。打撃はともかく、守備とリードがとても良いと評価された。シーズンが開幕すると谷繁の体力の衰えや打撃面での極度の不調などもあり、主に移動後での1戦目や交流戦などで先発起用された。また、山本昌との相性の良さから、同投手の先発時はスタメンで起用されることが多かった。結果、2番手捕手として一軍に定着し、谷繁の後継者として期待される存在となる。小田幸平 フレッシュアイペディアより)

161件中 41 - 50件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード