前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た川上憲伸

    移籍1年目のは自己最多となる24本塁打を打つ。オフに落合博満が監督に就任。正捕手のエースナンバーは森昌彦に代表される27、もしくは田淵幸一に代表される22という落合監督の持論により、背番号を7から27に変更。は不動の正捕手として攻守ともにチームを牽引し、リーグ優勝に貢献。川上憲伸と共に2度目の最優秀バッテリー賞を受賞。日本シリーズ第3戦で逆転満塁本塁打を放つ活躍を見せるも、チームは日本シリーズ敗退を喫した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た佐々木主浩

    、横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズへ球団名が変わるのを機に、捕手だと1という数字が防具に隠れて見えないという理由から背番号を8に変更。近藤昭仁が監督に、大矢明彦がバッテリーコーチに就任し、大矢からリード面を中心に守備を徹底的に鍛えられる。それでもしばらくは秋元との併用が続き、先発出場していた試合でも抑え投手の佐々木主浩が登板すると、佐々木のフォークボールが取れないとの理由から秋元に交代させられていた。また肩は強かったものの、リード面での評価もあまり高くはなかった。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た朝倉健太

    先発投手によってはスタメンから外れることも稀にある。2003年には野口茂樹が先発時は柳沢裕一が起用され、その後山本昌(2006年から起用されるが2008年頃から小田の不調により谷繁が起用。2010年は全て小田)やエンジェルベルト・ソトが先発のときは小田幸平、朝倉健太の時は小山桂司が起用される。休養のために先発を外れることもあり、落合監督も「谷繁は全試合出場は不可能」と言っており、「その時に若いのを育てる」と公言している。また、落合監督が最も恐れていることが谷繁の故障であり、年齢のことも配慮した起用が行われている(事実、2009年の中日は開幕から好調だったが4月末に谷繁が故障してからは思うように勝てなくなってしまった。2011年も交流戦中に故障し、8月にスタメンに復帰するまでは同様にチームの勝ち星が伸び悩んだ)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た吉見一起

    6月4日対西武戦の5回の守備の際、高山久とのクロスプレーで左ひざ内側側副靭帯を損傷し約2カ月間登録抹消。谷繁不在の間、チームは15勝21敗1分けと大きく負け越したが、谷繁はその間リハビリと上半身のトレーニングに懸命に取り組み、7月29日に一軍復帰した後は打率.301、打点23と打撃面でも活躍して不在の穴を埋めた。9月末には球団記録にあと1つに迫る10試合連続打点もマークするなど、ペナントレース終盤の逆転優勝劇に大きく貢献し、2年ぶりのゴールデングラブ賞を、吉見一起と共に5年ぶりに最優秀バッテリー賞を受賞。8月25日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、プロ23年目、通算2594試合目にしてプロ入り初めて一塁手としてスタメン出場をした。なお、一塁手に限らず公式戦で捕手以外の守備に就いたのも初めてである。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た阪神タイガース

    にはWBC日本代表に選ばれ、2次リーグのアメリカ戦ではスタメンマスクを被った。7月26日の対阪神タイガース戦で捕手としては史上4人目の通算2000試合出場を達成。打率、安打数、塁打数、盗塁数は規定打席に達している選手の中でリーグ最少を記録。8年ぶりにゴールデングラブ賞を、2年ぶりに川上と共に最優秀バッテリー賞を受賞。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たエンジェルベルト・ソト

    先発投手によってはスタメンから外れることも稀にある。2003年には野口茂樹が先発時は柳沢裕一が起用され、その後山本昌(2006年から起用されるが2008年頃から小田の不調により谷繁が起用。2010年は全て小田)やエンジェルベルト・ソトが先発のときは小田幸平、朝倉健太の時は小山桂司が起用される。休養のために先発を外れることもあり、落合監督も「谷繁は全試合出場は不可能」と言っており、「その時に若いのを育てる」と公言している。また、落合監督が最も恐れていることが谷繁の故障であり、年齢のことも配慮した起用が行われている(事実、2009年の中日は開幕から好調だったが4月末に谷繁が故障してからは思うように勝てなくなってしまった。2011年も交流戦中に故障し、8月にスタメンに復帰するまでは同様にチームの勝ち星が伸び悩んだ)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た新井貴浩

    捕手としては小柄な体格だが、ゴールデングラブ賞を5度、最優秀バッテリー賞を4度受賞している。特に捕球と盗塁阻止に優れ、盗塁阻止率リーグ1位を5度獲得している。。また、阪神タイガース・新井貴浩は、「初球を見逃すと、『はい、今のボール最初から打つ気ありませんでした』って言ってきて、バレまくり」という表現で、谷繁の洞察力、ささやき戦術を評価している。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た今井啓介

    200本塁打:2009年9月1日、対広島東洋カープ19回戦(浜松球場)、3回裏に今井啓介から左越ソロ ※史上94人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た相川亮二

    所属した球団で最初に付けた背番号(横浜大洋=1、中日=7)を、いずれも後に就任した監督(横浜・近藤昭仁、中日・落合博満)から「捕手のイメージに合わない」という理由で変更されている。最初の変更の際は、同じく現役時代に1番を付け、二塁手だった近藤監督の「背番号1は内野手の番号」という持論により1番は内野手の進藤達哉に与えられ、かつて大洋に在籍した名捕手・辻恭彦がつけるなど、横浜では捕手の番号というイメージがあった背番号8が谷繁に与えられた(谷繁が横浜退団後も8番は欠番となり、同じく捕手の相川亮二がレギュラーを獲得して着用するまで使用されなかった)。ちなみに、1992年秋の「横浜ベイスターズ」への球団名変更直後の秋季練習で、「ベイスターズの背番号1」のユニフォームを着用している。また中日での背番号7も、1桁の背番号の場合、キャッチャーのプロテクターで背番号が隠れてしまったり、割れてしまうことがあまり縁起がよいものではない、という落合監督の持論により変更されている。二度目の変更の際も、自身の背番号は内野手の、巨人から移籍してきた川相昌弘が付けている。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た飯田哲也

    1000試合出場:1998年8月25日、対阪神タイガース22回戦(阪神甲子園球場)、8番・捕手として先発出場 ※史上347人目(飯田哲也と同日達成)谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード