132件中 91 - 100件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た2012年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    4月25日の対ヤクルト戦でホームランを打ち、新人から24年連続本塁打の新記録を達成した。7月26日の阪神戦でも2ランホームランを放ち、これにより通算3000塁打を達成した。CSファイナルステージでは第1戦の第4打席に適時二塁打を放ち、前年から続いたポストシーズン無安打記録は60打席で止まった。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た横浜DeNAベイスターズ

    1988年のドラフト会議で横浜大洋ホエールズが1位指名で交渉権を獲得し、契約金5800万円、年俸480万円(金額は推定)で入団合意した。期待を込めて、チームの看板選手だった山下大輔が付けていた背番号1が与えられる。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たベストナイン

    、開幕から本塁打を打ち続け、前田智徳、松井秀喜に次いでリーグ3位の速さで本塁打を2桁に乗せて話題となった。攻守の要としてチーム38年ぶりのリーグ優勝・日本一に大きく貢献し、自身初のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、リーグを代表する捕手に成長した。また佐々木主浩と共に最優秀バッテリー賞も受賞。翌もマシンガン打線の8番打者として、高打率を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たJA全農Go・Go賞

    JA全農Go・Go賞:1回 (最多盗塁阻止賞:2012年7月)谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た本塁打

    夏の甲子園に2度出場。特に1988年夏には島根県予選で、5試合全てで本塁打の計7本を放ち甲子園大会でもベスト8に進出。強打の捕手として高校通算で42本の本塁打を放ち、「東の江藤、西の谷繁」と呼ばれた。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た江津市

    山深い中国山地の広島県比婆郡東城町(現・庄原市)の出身。野球好きの父の影響で小学校2年生のときに地元の少年野球チームに入り野球を始める。子どもの頃は巨人ファンで、原辰徳に憧れていたという。高校は島根県江津市の江の川高等学校(現・石見智翠館高等学校)に進学する。元々は投手として入部するも練習試合でよく打たれ、1ヶ月後には監督に捕手転向を命じられる。谷繁曰く「監督が怖くて逆らえなかった」とのこと。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た第70回全国高等学校野球選手権大会

    夏の甲子園に2度出場。特に1988年夏には島根県予選で、5試合全てで本塁打の計7本を放ち甲子園大会でもベスト8に進出。強打の捕手として高校通算で42本の本塁打を放ち、「東の江藤、西の谷繁」と呼ばれた。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    にはWBC日本代表に選ばれ、2次リーグのアメリカ戦ではスタメンマスクを被った。7月26日の対阪神タイガース戦で捕手としては史上4人目の通算2000試合出場を達成。打率、安打数、塁打数、盗塁数は規定打席に達している選手の中でリーグ最少を記録。8年ぶりにゴールデングラブ賞を、2年ぶりに川上と共に最優秀バッテリー賞を受賞。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たマシンガン打線

    、開幕から本塁打を打ち続け、前田智徳、松井秀喜に次いでリーグ3位の速さで本塁打を2桁に乗せて話題となった。攻守の要としてチーム38年ぶりのリーグ優勝・日本一に大きく貢献し、自身初のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、リーグを代表する捕手に成長した。また佐々木主浩と共に最優秀バッテリー賞も受賞。翌もマシンガン打線の8番打者として、高打率を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た東京ドーム

    1500試合出場:2002年8月1日、対読売ジャイアンツ20回戦(東京ドーム)、8番・捕手として先発出場 ※史上137人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード