132件中 11 - 20件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た古田敦也古田 敦也

    また、打順は基本的に8番もしくは7番であるが、中日移籍後は主力打者の離脱時に5番や6番で起用される試合も増えた。2004年や2006年に福留孝介が離脱すると、高い出塁率と得点圏打率を見込まれ、3番で起用されたこともあった。また、2004年の日本シリーズでも福留を欠いた打線の中で2戦目以降の全6試合で6番で起用された。谷繁本人によると、投手の捕球の為に試合の中盤から左手の握力が無くなると語っており、同じ捕手で打撃成績の良かった古田敦也を認めている。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た小野淳平

    1000四球:2012年4月10日、対読売ジャイアンツ1回戦(東京ドーム)、6回表に小野淳平から ※史上13人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た福原忍

    3000塁打:2012年7月27日、対阪神タイガース14回戦(ナゴヤドーム)、8回裏に福原忍から左越2ラン ※史上50人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た山本昌

    先発投手によってはスタメンから外れることも稀にある。2003年には野口茂樹が先発時は柳沢裕一が起用され、その後山本昌(2006年から起用されるが2008年頃から小田の不調により谷繁が起用。2010年は全て小田)やエンジェルベルト・ソトが先発のときは小田幸平、朝倉健太の時は小山桂司が起用される。休養のために先発を外れることもあり、落合監督も「谷繁は全試合出場は不可能」と言っており、「その時に若いのを育てる」と公言している。また、落合監督が最も恐れていることが谷繁の故障であり、年齢のことも配慮した起用が行われている(事実、2009年の中日は開幕から好調だったが4月末に谷繁が故障してからは思うように勝てなくなってしまった。2011年も交流戦中に故障し、8月にスタメンに復帰するまでは同様にチームの勝ち星が伸び悩んだ)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た松井秀喜

    、開幕から本塁打を打ち続け、前田智徳、松井秀喜に次いでリーグ3位の速さで本塁打を2桁に乗せて話題となった。攻守の要としてチーム38年ぶりのリーグ優勝・日本一に大きく貢献し、自身初のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、リーグを代表する捕手に成長した。また佐々木主浩と共に最優秀バッテリー賞も受賞。翌もマシンガン打線の8番打者として、高打率を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た野口茂樹

    先発投手によってはスタメンから外れることも稀にある。2003年には野口茂樹が先発時は柳沢裕一が起用され、その後山本昌(2006年から起用されるが2008年頃から小田の不調により谷繁が起用。2010年は全て小田)やエンジェルベルト・ソトが先発のときは小田幸平、朝倉健太の時は小山桂司が起用される。休養のために先発を外れることもあり、落合監督も「谷繁は全試合出場は不可能」と言っており、「その時に若いのを育てる」と公言している。また、落合監督が最も恐れていることが谷繁の故障であり、年齢のことも配慮した起用が行われている(事実、2009年の中日は開幕から好調だったが4月末に谷繁が故障してからは思うように勝てなくなってしまった。2011年も交流戦中に故障し、8月にスタメンに復帰するまでは同様にチームの勝ち星が伸び悩んだ)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た石川雅規

    1500本安打:2006年10月9日、対東京ヤクルトスワローズ21回戦(明治神宮野球場)、4回表に石川雅規から右中適時二塁打 ※史上90人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た佐伯貴弘

    高校は広島県内の広島県立広島工業高等学校に進学する予定で、同校の野球部監督からは「試験だけ受けてくれれば大丈夫」と言われていた。しかし、その言葉を真に受けて真剣に取り組まなかったせいか入試に落ちてしまい、やむなく紹介された島根県の江の川高校(現・石見智翠館高等学校)に進学したのだという。この件について、佐伯貴弘は「オマエ(谷繁)ぐらいやぞ。高校の入試で0点とったん」と発言している。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た石毛宏典

    200犠打:同上、7回裏に青木勇人から ※史上29人目(200本塁打と200犠打を両方達成したのは高木守道・石毛宏典以来、史上3人目)谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た前田智徳

    、開幕から本塁打を打ち続け、前田智徳、松井秀喜に次いでリーグ3位の速さで本塁打を2桁に乗せて話題となった。攻守の要としてチーム38年ぶりのリーグ優勝・日本一に大きく貢献し、自身初のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、リーグを代表する捕手に成長した。また佐々木主浩と共に最優秀バッテリー賞も受賞。翌もマシンガン打線の8番打者として、高打率を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード