132件中 21 - 30件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た高木守道

    200犠打:同上、7回裏に青木勇人から ※史上29人目(200本塁打と200犠打を両方達成したのは高木守道・石毛宏典以来、史上3人目)谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た福留孝介

    また、打順は基本的に8番もしくは7番であるが、中日移籍後は主力打者の離脱時に5番や6番で起用される試合も増えた。2004年や2006年に福留孝介が離脱すると、高い出塁率と得点圏打率を見込まれ、3番で起用されたこともあった。また、2004年の日本シリーズでも福留を欠いた打線の中で2戦目以降の全6試合で6番で起用された。谷繁本人によると、投手の捕球の為に試合の中盤から左手の握力が無くなると語っており、同じ捕手で打撃成績の良かった古田敦也を認めている。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た川相昌弘

    所属した球団で最初に付けた背番号(横浜大洋=1、中日=7)を、いずれも後に就任した監督(横浜・近藤昭仁、中日・落合博満)から「捕手のイメージに合わない」という理由で変更されている。最初の変更の際は、同じく現役時代に1番を付け、二塁手だった近藤監督の「背番号1は内野手の番号」という持論により1番は内野手の進藤達哉に与えられ、かつて大洋に在籍した名捕手・辻恭彦がつけるなど、横浜では捕手の番号というイメージがあった背番号8が谷繁に与えられた(谷繁が横浜退団後も8番は欠番となり、同じく捕手の相川亮二がレギュラーを獲得して着用するまで使用されなかった)。ちなみに、1992年秋の「横浜ベイスターズ」への球団名変更直後の秋季練習で、「ベイスターズの背番号1」のユニフォームを着用している。また中日での背番号7も、1桁の背番号の場合、キャッチャーのプロテクターで背番号が隠れてしまったり、割れてしまうことがあまり縁起がよいものではない、という落合監督の持論により変更されている。二度目の変更の際も、自身の背番号は内野手の、巨人から移籍してきた川相昌弘が付けている。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た和田一浩

    負けず嫌いな性格で、落合英二の「2009年に日本一になったジャイアンツは強かったですか?」という質問には「強いって思いたくないし、負けないチームだったなって思いました」と答えている。同席していた和田一浩の「僕は強いと思いました」という感想には「強かったけど、強いと思った時点で負けなんですよ。喧嘩でもそうじゃないですか。相手を強いと思ったら負けなんです」と返している。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た大矢明彦

    、横浜大洋ホエールズから横浜ベイスターズへ球団名が変わるのを機に、捕手だと1という数字が防具に隠れて見えないという理由から背番号を8に変更。近藤昭仁が監督に、大矢明彦がバッテリーコーチに就任し、大矢からリード面を中心に守備を徹底的に鍛えられる。それでもしばらくは秋元との併用が続き、先発出場していた試合でも抑え投手の佐々木主浩が登板すると、佐々木のフォークボールが取れないとの理由から秋元に交代させられていた。また肩は強かったものの、リード面での評価もあまり高くはなかった。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た山口鉄也

    100死球:同上、11回表に山口鉄也から ※史上15人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た落合英二

    負けず嫌いな性格で、落合英二の「2009年に日本一になったジャイアンツは強かったですか?」という質問には「強いって思いたくないし、負けないチームだったなって思いました」と答えている。同席していた和田一浩の「僕は強いと思いました」という感想には「強かったけど、強いと思った時点で負けなんですよ。喧嘩でもそうじゃないですか。相手を強いと思ったら負けなんです」と返している。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た村中恭兵

    1500三振:2009年8月14日、対東京ヤクルトスワローズ16回戦(ナゴヤドーム)、2回裏に村中恭兵から ※史上7人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た山井大介

    ノーヒットノーラン達成に現役通算で2度立ち会っている。2002年8月1日の巨人戦(東京ドーム)で川上憲伸を、2006年9月16日には阪神との首位攻防戦となった試合(ナゴヤドーム)で山本昌をリードして記録達成を助けた。また2007年の日本シリーズにおいては、日本ハムを相手に中日の3勝1敗で迎えた11月1日の第5戦(ナゴヤドーム)で、先発の山井大介が8回、抑えの岩瀬仁紀が1回を投げて、公式戦・ポストシーズンを通じて日本プロ野球史上初継投による完全試合(ただしNPBでは継投による完全試合達成は記録としては扱われない)を達成し、53年ぶりの日本一を飾った。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た古葉竹識

    下関球場で行われたオープン戦で巨人・斎藤雅樹から本塁打を放つなど結果を残すと監督の古葉竹識に抜擢され、高卒1年目にもかかわらず開幕一軍入りを果たした。公式戦初打席で初安打を放つ。一年目から一軍にフル帯同し、出場80試合、打率.175、3本塁打、10打点という成績を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード