132件中 31 - 40件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た野村克也

    、開幕直後の右ふくらはぎのけがで約1カ月間欠場。7月5日の対阪神戦で捕手として野村克也に続く歴代2位の通算2328試合出場を達成。9月1日、通算200号本塁打と200犠打を達成(両方を達成したのは史上3人目)。9月にプロ野球史上初の4度目のFA権を取得。21年目で自身初の守備率10割(無失策)を達成し、ゴールデングラブ賞を受賞。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た岩瀬仁紀

    ノーヒットノーラン達成に現役通算で2度立ち会っている。2002年8月1日の巨人戦(東京ドーム)で川上憲伸を、2006年9月16日には阪神との首位攻防戦となった試合(ナゴヤドーム)で山本昌をリードして記録達成を助けた。また2007年の日本シリーズにおいては、日本ハムを相手に中日の3勝1敗で迎えた11月1日の第5戦(ナゴヤドーム)で、先発の山井大介が8回、抑えの岩瀬仁紀が1回を投げて、公式戦・ポストシーズンを通じて日本プロ野球史上初継投による完全試合(ただしNPBでは継投による完全試合達成は記録としては扱われない)を達成し、53年ぶりの日本一を飾った。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た与田剛与田 剛

    初盗塁:1990年4月7日、対中日ドラゴンズ1回戦(ナゴヤ球場)、11回表に二盗(投手:与田剛、捕手:中村武志)谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たサザンオールスターズ

    サザンオールスターズの大ファンで、ナゴヤドームでの登場曲も中日入団以来一貫してサザンの『HOTEL PACIFIC』を使用している(2009年・2010年は偶数打席のみ。奇数打席はFabolousの『Everything,Everyday,Everywhere』)。春季キャンプ中も日課として毎朝ホテルの自室でサザンの音楽を大音量で流しているという。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た尾花高夫

    初本塁打:1989年5月27日、対ヤクルトスワローズ9回戦(柏崎市佐藤池野球場)、5回表に尾花高夫からソロ谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た野間口貴彦

    350二塁打:2011年9月19日、対読売ジャイアンツ19回戦(東京ドーム)、5回表に野間口貴彦から左線適時二塁打 ※史上32人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た落合博満

    移籍1年目のは自己最多となる24本塁打を打つ。オフに落合博満が監督に就任。正捕手のエースナンバーは森昌彦に代表される27、もしくは田淵幸一に代表される22という落合監督の持論により、背番号を7から27に変更。は不動の正捕手として攻守ともにチームを牽引し、リーグ優勝に貢献。川上憲伸と共に2度目の最優秀バッテリー賞を受賞。日本シリーズ第3戦で逆転満塁本塁打を放つ活躍を見せるも、チームは日本シリーズ敗退を喫した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た山下大輔山下 大輔

    1988年のドラフト会議で横浜大洋ホエールズが1位指名で交渉権を獲得し、契約金5800万円、年俸480万円(金額は推定)で入団合意した。期待を込めて、チームの看板選手だった山下大輔が付けていた背番号1が与えられる。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た原辰徳

    山深い中国山地の広島県比婆郡東城町(現・庄原市)の出身。野球好きの父の影響で小学校2年生のときに地元の少年野球チームに入り野球を始める。子どもの頃は巨人ファンで、原辰徳に憧れていたという。高校は島根県江津市の江の川高等学校(現・石見智翠館高等学校)に進学する。元々は投手として入部するも練習試合でよく打たれ、1ヶ月後には監督に捕手転向を命じられる。谷繁曰く「監督が怖くて逆らえなかった」とのこと。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た川口和久

    初打席・初安打:同上、8回裏に川口和久から左前安打谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード