132件中 41 - 50件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た中日ドラゴンズ

    谷繁 元信(たにしげ もとのぶ、1970年12月21日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(捕手)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たゴールデングラブ賞

    、開幕から本塁打を打ち続け、前田智徳、松井秀喜に次いでリーグ3位の速さで本塁打を2桁に乗せて話題となった。攻守の要としてチーム38年ぶりのリーグ優勝・日本一に大きく貢献し、自身初のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、リーグを代表する捕手に成長した。また佐々木主浩と共に最優秀バッテリー賞も受賞。翌もマシンガン打線の8番打者として、高打率を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た最優秀バッテリー賞

    、開幕から本塁打を打ち続け、前田智徳、松井秀喜に次いでリーグ3位の速さで本塁打を2桁に乗せて話題となった。攻守の要としてチーム38年ぶりのリーグ優勝・日本一に大きく貢献し、自身初のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞するなど、リーグを代表する捕手に成長した。また佐々木主浩と共に最優秀バッテリー賞も受賞。翌もマシンガン打線の8番打者として、高打率を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た中村武志

    は初めてシーズン20本塁打を打ち、オフにメジャーリーグへの移籍を目指しFA宣言を行う。トニー・アタナシオと代理人契約を結び、「年俸が下がってでもメジャーに行きたい気持ちがある」と強い決意で渡米。12月5日にはシアトル・マリナーズとサンディエゴ・パドレス、アナハイム・エンゼルスの関係者らの前でワークアウトを行ったが、良い条件が得られなかったためメジャー挑戦を断念し、中日ドラゴンズへ移籍。横浜は中日からの補償として金銭を選択するが、当時中日の正捕手であった中村武志が出場機会を求めトレード志願し、横浜へ金銭トレードで移籍。結果的に正捕手同士の“交換トレード”という形となった。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た斎藤雅樹

    下関球場で行われたオープン戦で巨人・斎藤雅樹から本塁打を放つなど結果を残すと監督の古葉竹識に抜擢され、高卒1年目にもかかわらず開幕一軍入りを果たした。公式戦初打席で初安打を放つ。一年目から一軍にフル帯同し、出場80試合、打率.175、3本塁打、10打点という成績を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た広島市民球場 (初代)

    初四球:1989年4月25日、対広島東洋カープ4回戦(広島市民球場)、9回表に紀藤真琴から谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た東京ヤクルトスワローズ

    6月4日対西武戦の5回の守備の際、高山久とのクロスプレーで左ひざ内側側副靭帯を損傷し約2カ月間登録抹消。谷繁不在の間、チームは15勝21敗1分けと大きく負け越したが、谷繁はその間リハビリと上半身のトレーニングに懸命に取り組み、7月29日に一軍復帰した後は打率.301、打点23と打撃面でも活躍して不在の穴を埋めた。9月末には球団記録にあと1つに迫る10試合連続打点もマークするなど、ペナントレース終盤の逆転優勝劇に大きく貢献し、2年ぶりのゴールデングラブ賞を、吉見一起と共に5年ぶりに最優秀バッテリー賞を受賞。8月25日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、プロ23年目、通算2594試合目にしてプロ入り初めて一塁手としてスタメン出場をした。なお、一塁手に限らず公式戦で捕手以外の守備に就いたのも初めてである。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た読売ジャイアンツ

    山深い中国山地の広島県比婆郡東城町(現・庄原市)の出身。野球好きの父の影響で小学校2年生のときに地元の少年野球チームに入り野球を始める。子どもの頃は巨人ファンで、原辰徳に憧れていたという。高校は島根県江津市の江の川高等学校(現・石見智翠館高等学校)に進学する。元々は投手として入部するも練習試合でよく打たれ、1ヶ月後には監督に捕手転向を命じられる。谷繁曰く「監督が怖くて逆らえなかった」とのこと。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た石見智翠館高等学校

    山深い中国山地の広島県比婆郡東城町(現・庄原市)の出身。野球好きの父の影響で小学校2年生のときに地元の少年野球チームに入り野球を始める。子どもの頃は巨人ファンで、原辰徳に憧れていたという。高校は島根県江津市の江の川高等学校(現・石見智翠館高等学校)に進学する。元々は投手として入部するも練習試合でよく打たれ、1ヶ月後には監督に捕手転向を命じられる。谷繁曰く「監督が怖くて逆らえなかった」とのこと。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た広島東洋カープ

    8月8日の対広島東洋カープ戦でプロ野球47人目となる通算300二塁打達成。8月10日の対巨人戦で、更新中だった捕手の連続守備機会無失策のプロ野球記録が1708で止まった。打率、得点、安打数、三塁打、塁打数、盗塁数では規定打席に達している中でリーグ最少を記録。前年に続き、ゴールデングラブ賞を受賞。同僚の川上も2年連続で受賞しており、同一チームの同一バッテリーによる2年連続受賞はセ・リーグ初。53年ぶりの日本一にも大きく貢献した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

132件中 41 - 50件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード