132件中 61 - 70件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た柳沢裕一

    先発投手によってはスタメンから外れることも稀にある。2003年には野口茂樹が先発時は柳沢裕一が起用され、その後山本昌(2006年から起用されるが2008年頃から小田の不調により谷繁が起用。2010年は全て小田)やエンジェルベルト・ソトが先発のときは小田幸平、朝倉健太の時は小山桂司が起用される。休養のために先発を外れることもあり、落合監督も「谷繁は全試合出場は不可能」と言っており、「その時に若いのを育てる」と公言している。また、落合監督が最も恐れていることが谷繁の故障であり、年齢のことも配慮した起用が行われている(事実、2009年の中日は開幕から好調だったが4月末に谷繁が故障してからは思うように勝てなくなってしまった。2011年も交流戦中に故障し、8月にスタメンに復帰するまでは同様にチームの勝ち星が伸び悩んだ)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たロバート・ローズ

    大矢が監督に昇格したからは重点的に起用されるようになり、それに伴って打撃も成長。初めて打率三割も記録した。この頃から同僚のロバート・ローズの影響で筋肉トレーニングを始め、翌は初めて二桁本塁打を記録。リード面でも成長し、投手陣の成績が良くなるなど、捕手としての評価が急上昇する。オフにはFA権を獲得し、当時正捕手が不在だった巨人への移籍の噂なども囁かれたが、リーグ2位になり現実味が帯びてきたチーム優勝を目指し宣言残留をした。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た小山桂司

    先発投手によってはスタメンから外れることも稀にある。2003年には野口茂樹が先発時は柳沢裕一が起用され、その後山本昌(2006年から起用されるが2008年頃から小田の不調により谷繁が起用。2010年は全て小田)やエンジェルベルト・ソトが先発のときは小田幸平、朝倉健太の時は小山桂司が起用される。休養のために先発を外れることもあり、落合監督も「谷繁は全試合出場は不可能」と言っており、「その時に若いのを育てる」と公言している。また、落合監督が最も恐れていることが谷繁の故障であり、年齢のことも配慮した起用が行われている(事実、2009年の中日は開幕から好調だったが4月末に谷繁が故障してからは思うように勝てなくなってしまった。2011年も交流戦中に故障し、8月にスタメンに復帰するまでは同様にチームの勝ち星が伸び悩んだ)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た岡本透

    初出場:1989年4月11日、対広島東洋カープ1回戦(横浜スタジアム)、8回裏に岡本透の代打として出場谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た市川和正

    に須藤豊が監督に就任すると、西武ライオンズから獲得した秋元宏作と併用されるようになり、前年まで正捕手だった市川和正は第3捕手へと追いやられた。しかし、はシーズン中に休養した須藤に代わりヘッドコーチから監督代行に昇格した江尻亮に、リード、打撃とも評価されず、一時出場機会を失った。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た高橋建

    100本塁打:2001年10月3日、対広島東洋カープ27回戦(広島市民球場)、2回表に高橋建から右越2ラン ※史上217人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た高山久 (野球)

    6月4日対西武戦の5回の守備の際、高山久とのクロスプレーで左ひざ内側側副靭帯を損傷し約2カ月間登録抹消。谷繁不在の間、チームは15勝21敗1分けと大きく負け越したが、谷繁はその間リハビリと上半身のトレーニングに懸命に取り組み、7月29日に一軍復帰した後は打率.301、打点23と打撃面でも活躍して不在の穴を埋めた。9月末には球団記録にあと1つに迫る10試合連続打点もマークするなど、ペナントレース終盤の逆転優勝劇に大きく貢献し、2年ぶりのゴールデングラブ賞を、吉見一起と共に5年ぶりに最優秀バッテリー賞を受賞。8月25日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、プロ23年目、通算2594試合目にしてプロ入り初めて一塁手としてスタメン出場をした。なお、一塁手に限らず公式戦で捕手以外の守備に就いたのも初めてである。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た青木勇人 (野球)

    200犠打:同上、7回裏に青木勇人から ※史上29人目(200本塁打と200犠打を両方達成したのは高木守道・石毛宏典以来、史上3人目)谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た森祇晶

    移籍1年目のは自己最多となる24本塁打を打つ。オフに落合博満が監督に就任。正捕手のエースナンバーは森昌彦に代表される27、もしくは田淵幸一に代表される22という落合監督の持論により、背番号を7から27に変更。は不動の正捕手として攻守ともにチームを牽引し、リーグ優勝に貢献。川上憲伸と共に2度目の最優秀バッテリー賞を受賞。日本シリーズ第3戦で逆転満塁本塁打を放つ活躍を見せるも、チームは日本シリーズ敗退を喫した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た須藤豊

    須藤豊が監督に就任すると、西武ライオンズから獲得した秋元宏作と併用されるようになり、前年まで正捕手だった市川和正は第3捕手へと追いやられた。しかし、はシーズン中に休養した須藤に代わりヘッドコーチから監督代行に昇格した江尻亮に、リード、打撃とも評価されず、一時出場機会を失った。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

132件中 61 - 70件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード