132件中 71 - 80件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た秋元宏作

    に須藤豊が監督に就任すると、西武ライオンズから獲得した秋元宏作と併用されるようになり、前年まで正捕手だった市川和正は第3捕手へと追いやられた。しかし、はシーズン中に休養した須藤に代わりヘッドコーチから監督代行に昇格した江尻亮に、リード、打撃とも評価されず、一時出場機会を失った。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た進藤達哉

    所属した球団で最初に付けた背番号(横浜大洋=1、中日=7)を、いずれも後に就任した監督(横浜・近藤昭仁、中日・落合博満)から「捕手のイメージに合わない」という理由で変更されている。最初の変更の際は、同じく現役時代に1番を付け、二塁手だった近藤監督の「背番号1は内野手の番号」という持論により1番は内野手の進藤達哉に与えられ、かつて大洋に在籍した名捕手・辻恭彦がつけるなど、横浜では捕手の番号というイメージがあった背番号8が谷繁に与えられた(谷繁が横浜退団後も8番は欠番となり、同じく捕手の相川亮二がレギュラーを獲得して着用するまで使用されなかった)。ちなみに、1992年秋の「横浜ベイスターズ」への球団名変更直後の秋季練習で、「ベイスターズの背番号1」のユニフォームを着用している。また中日での背番号7も、1桁の背番号の場合、キャッチャーのプロテクターで背番号が隠れてしまったり、割れてしまうことがあまり縁起がよいものではない、という落合監督の持論により変更されている。二度目の変更の際も、自身の背番号は内野手の、巨人から移籍してきた川相昌弘が付けている。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た広島県立広島工業高等学校

    高校は広島県内の広島県立広島工業高等学校に進学する予定で、同校の野球部監督からは「試験だけ受けてくれれば大丈夫」と言われていた。しかし、その言葉を真に受けて真剣に取り組まなかったせいか入試に落ちてしまい、やむなく紹介された島根県の江の川高校(現・石見智翠館高等学校)に進学したのだという。この件について、佐伯貴弘は「オマエ(谷繁)ぐらいやぞ。高校の入試で0点とったん」と発言している。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たサンディエゴ・パドレス

    は初めてシーズン20本塁打を打ち、オフにメジャーリーグへの移籍を目指しFA宣言を行う。トニー・アタナシオと代理人契約を結び、「年俸が下がってでもメジャーに行きたい気持ちがある」と強い決意で渡米。12月5日にはシアトル・マリナーズとサンディエゴ・パドレス、アナハイム・エンゼルスの関係者らの前でワークアウトを行ったが、良い条件が得られなかったためメジャー挑戦を断念し、中日ドラゴンズへ移籍。横浜は中日からの補償として金銭を選択するが、当時中日の正捕手であった中村武志が出場機会を求めトレード志願し、横浜へ金銭トレードで移籍。結果的に正捕手同士の“交換トレード”という形となった。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た埼玉西武ライオンズ

    に須藤豊が監督に就任すると、西武ライオンズから獲得した秋元宏作と併用されるようになり、前年まで正捕手だった市川和正は第3捕手へと追いやられた。しかし、はシーズン中に休養した須藤に代わりヘッドコーチから監督代行に昇格した江尻亮に、リード、打撃とも評価されず、一時出場機会を失った。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たシアトル・マリナーズ

    は初めてシーズン20本塁打を打ち、オフにメジャーリーグへの移籍を目指しFA宣言を行う。トニー・アタナシオと代理人契約を結び、「年俸が下がってでもメジャーに行きたい気持ちがある」と強い決意で渡米。12月5日にはシアトル・マリナーズとサンディエゴ・パドレス、アナハイム・エンゼルスの関係者らの前でワークアウトを行ったが、良い条件が得られなかったためメジャー挑戦を断念し、中日ドラゴンズへ移籍。横浜は中日からの補償として金銭を選択するが、当時中日の正捕手であった中村武志が出場機会を求めトレード志願し、横浜へ金銭トレードで移籍。結果的に正捕手同士の“交換トレード”という形となった。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た全国高等学校野球選手権大会

    夏の甲子園に2度出場。特に1988年夏には島根県予選で、5試合全てで本塁打の計7本を放ち甲子園大会でもベスト8に進出。強打の捕手として高校通算で42本の本塁打を放ち、「東の江藤、西の谷繁」と呼ばれた。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た福岡ソフトバンクホークス

    しかし、ポストシーズンでは一転不振に陥る。CSでは全試合にスタメン出場するも無安打に終わる。続く福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも全試合にスタメン出場したが無安打は続き、11月20日の第7戦で3回の第1打席で三振を喫した時点で1989年の近鉄バファローズ・大石大二郎以来となる21打数連続無安打のシリーズワースト記録と並んだ。続く5回の第2打席も三振し、シリーズワースト記録を更新。8回の第3打席も三振に倒れ、最終的には23打数まで伸ばし、CSファイナルステージ第1戦の第1打席から43打席連続無安打を喫したことになった。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た日本選手権シリーズ

    日本シリーズ優秀選手賞:1回 (2004年)谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た北海道日本ハムファイターズ

    ノーヒットノーラン達成に現役通算で2度立ち会っている。2002年8月1日の巨人戦(東京ドーム)で川上憲伸を、2006年9月16日には阪神との首位攻防戦となった試合(ナゴヤドーム)で山本昌をリードして記録達成を助けた。また2007年の日本シリーズにおいては、日本ハムを相手に中日の3勝1敗で迎えた11月1日の第5戦(ナゴヤドーム)で、先発の山井大介が8回、抑えの岩瀬仁紀が1回を投げて、公式戦・ポストシーズンを通じて日本プロ野球史上初継投による完全試合(ただしNPBでは継投による完全試合達成は記録としては扱われない)を達成し、53年ぶりの日本一を飾った。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

132件中 71 - 80件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード