132件中 81 - 90件表示
  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た全国高等学校野球選手権島根大会

    夏の甲子園に2度出場。特に1988年夏には島根県予選で、5試合全てで本塁打の計7本を放ち甲子園大会でもベスト8に進出。強打の捕手として高校通算で42本の本塁打を放ち、「東の江藤、西の谷繁」と呼ばれた。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た愛称

    愛称は「シゲ」。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た阪神甲子園球場

    初打点:1989年5月21日、対阪神タイガース6回戦(阪神甲子園球場)、5回表に池田親興から適時三塁打谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た大阪近鉄バファローズ

    しかし、ポストシーズンでは一転不振に陥る。CSでは全試合にスタメン出場するも無安打に終わる。続く福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでも全試合にスタメン出場したが無安打は続き、11月20日の第7戦で3回の第1打席で三振を喫した時点で1989年の近鉄バファローズ・大石大二郎以来となる21打数連続無安打のシリーズワースト記録と並んだ。続く5回の第2打席も三振し、シリーズワースト記録を更新。8回の第3打席も三振に倒れ、最終的には23打数まで伸ばし、CSファイナルステージ第1戦の第1打席から43打席連続無安打を喫したことになった。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見たナゴヤドーム

    1000三振:2003年8月6日、対広島東洋カープ19回戦(ナゴヤドーム)、2回裏に高橋建から ※史上34人目谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た横浜スタジアム

    初出場:1989年4月11日、対広島東洋カープ1回戦(横浜スタジアム)、8回裏に岡本透の代打として出場谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た2004年の日本シリーズ

    移籍1年目のは自己最多となる24本塁打を打つ。オフに落合博満が監督に就任。正捕手のエースナンバーは森昌彦に代表される27、もしくは田淵幸一に代表される22という落合監督の持論により、背番号を7から27に変更。は不動の正捕手として攻守ともにチームを牽引し、リーグ優勝に貢献。川上憲伸と共に2度目の最優秀バッテリー賞を受賞。日本シリーズ第3戦で逆転満塁本塁打を放つ活躍を見せるも、チームは日本シリーズ敗退を喫した。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た捕手

    谷繁 元信(たにしげ もとのぶ、1970年12月21日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手(捕手)。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た明治神宮野球場

    6月4日対西武戦の5回の守備の際、高山久とのクロスプレーで左ひざ内側側副靭帯を損傷し約2カ月間登録抹消。谷繁不在の間、チームは15勝21敗1分けと大きく負け越したが、谷繁はその間リハビリと上半身のトレーニングに懸命に取り組み、7月29日に一軍復帰した後は打率.301、打点23と打撃面でも活躍して不在の穴を埋めた。9月末には球団記録にあと1つに迫る10試合連続打点もマークするなど、ペナントレース終盤の逆転優勝劇に大きく貢献し、2年ぶりのゴールデングラブ賞を、吉見一起と共に5年ぶりに最優秀バッテリー賞を受賞。8月25日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で、プロ23年目、通算2594試合目にしてプロ入り初めて一塁手としてスタメン出場をした。なお、一塁手に限らず公式戦で捕手以外の守備に就いたのも初めてである。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た故意四球

    1996年に一度だけ打率3割に到達したことがあるが、セ・リーグ規定打席到達者中最低打率を4回記録している。しかし2桁本塁打を8度記録するなど長打力があり、次打者が投手であることが多い8番を打つことが多いため四球・故意四球が多く、打率よりも1割以上高い出塁率を記録したシーズンが7度あるほか、2011年終了時点で現役最多の故意四球を受けている。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

132件中 81 - 90件表示

「谷繁元信」のニューストピックワード