前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • 市場前駅

    市場前駅から見た豊洲新市場豊洲新市場

    駅名にある「市場」とは、将来東京中央卸売市場築地市場に替わって供用開始する予定の「豊洲新市場」の事を指している(「豊洲新市場基本計画」)。このため、当駅は主に同施設の建設工事に係る作業員が利用している。なお、都営地下鉄大江戸線には「築地市場駅」があり、築地市場が移転した暁には駅名改称を計画している。2010年の都議会で、第1会派の民主党などが豊洲に市場を移転させる事に反対し、予算計上を削除してしまった事から暗礁に乗り上げる様相を呈していた。しかし、2012年、開かれた都議会の予算特別委員会で、これまで移転に難色を示していた民主党も賛成に回ったことにより、予算が配分された。豊洲新市場は2018年までに完成させるとしている。市場前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 築地市場

    築地市場から見た豊洲新市場豊洲新市場

    築地市場が、取り扱い数量の拡大(2005年に2140トンで日本最高)により施設が手狭になったことや1935年(昭和10年)開場の施設の老朽化や違法駐車増加、銀座などに近い築地という立地条件の良さの他目的への利用価値の観点から、道路条件や駐車スペースなど2012年(平成24年)をめどに東京都江東区の東京ガスの工場跡地の豊洲新市場への移転が検討された。東京都は、築地市場の移転先を豊洲にすることは元々は反対の立場で築地市場の再整備を始めていたが、営業しながらの再整備工事は完成まで長期間かかり、再整備工事期間中は市場の営業活動に悪影響をもたらすことなどの問題点が浮上し、当初の計画通りに工事を進めることが困難なことから賛成へと変化し、2001年(平成13年)に再整備をやめて豊洲に移転することを決定した。東京都側と築地市場業界との協議機関として、新市場建設協議会が設置されており、2004年(平成16年)7月、「豊洲新市場基本計画」が策定された。築地市場 フレッシュアイペディアより)

  • 原島文雄

    原島文雄から見た豊洲新市場豊洲新市場

    豊洲新市場予定地の土壌汚染対策工事に関する技術会議座長(2008年8月?)原島文雄 フレッシュアイペディアより)

  • 前田博

    前田博から見た豊洲新市場豊洲新市場

    豊洲新市場整備等事業(東京都)前田博 フレッシュアイペディアより)

  • ディファ有明

    ディファ有明から見た豊洲新市場豊洲新市場

    自動車 都心から、晴海通りを南進し、晴海大橋南詰交差点を右折、東京都道484号豊洲有明線沿い(豊洲新市場予定地を通過して有明北橋を渡って右手)ディファ有明 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ベイサイドスクエア

    東京ベイサイドスクエアから見た豊洲新市場豊洲新市場

    築地市場の老朽化に伴う移転先として「豊洲新市場基本計画」があり、2012年をめどに豊洲新市場が建設される予定。そのため、ゆりかもめ「市場前駅」が建設済みである(2006年3月開業)。東京ベイサイドスクエア フレッシュアイペディアより)

  • 豊洲

    豊洲から見た豊洲新市場豊洲新市場

    元々は工業地が多くを占めたが、現在は区画整理、大規模再開発が盛んで、中高層の共同住宅や商業施設が多くなっている。都心にも比較的近いわりには他地域の同水準の物件に比べて不動産価格が2-3割り安い豊洲では埋立地の開発が進み、築地市場の移転先(豊洲新市場)にも決定している。豊洲では2011年(平成23年)までの10年間に7,620戸もの新築マンションが供給され、駅別に見たランキングでは川崎(7,803戸)に次ぐ第2位であった。豊洲 フレッシュアイペディアより)

  • 東京都市計画道路幹線街路環状第2号線

    東京都市計画道路幹線街路環状第2号線から見た豊洲新市場豊洲新市場

    勝どきから築地・青果市場前交差点までの区間については、移転予定となっている築地市場の跡地を利用して2015年(平成27年)に完成する計画であったが、同市場の豊洲新市場(豊洲)移転計画自体が遅延している状態である。計画では汐先橋交差点を地下トンネルで通過、現在の築地市場付近で地上に出て、隅田川を橋梁で渡るという構造である。東京都市計画道路幹線街路環状第2号線 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年代

    2010年代から見た豊洲新市場豊洲新市場

    築地市場に代わる新たな中央卸売市場として、東京都江東区豊洲に豊洲新市場が開場する予定。2010年代 フレッシュアイペディアより)

  • 田中康夫

    田中康夫から見た豊洲新市場豊洲新市場

    石原慎太郎については一橋大学出身の作家、それぞれ「太陽族」「クリスタル族」の生みの親であるなど共通点があり田中の知事在任中等はよく比較されていたが、一方で思想的に大きく異なる部分もあることから自著内で取り上げることも多い。知事在職時に日本外国特派員協会での講演で「彼自身がカワード(coward:臆病者)だから、失うものがあるから強い自分を演出している」と評したこともある(一方、石原も「どっちがカワードだよ」などと返している)。また、築地市場の豊洲への移転構想や新銀行東京への資金投入など、石原都政への批判も行っている。田中康夫 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示

「豊洲新市場計画」のニューストピックワード