前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • 早坂圭介

    早坂圭介から見た豊田清豊田清

    も二軍で打率.314・24盗塁(リーグ3位)を記録したほか、も二軍で22盗塁を決めて3度目の盗塁王に輝き、打率.332を記録した。しかし、一軍にはホセ・オーティズが定着していたため、一軍出場機会はほとんどなかった。6月19日の対読売ジャイアンツ戦で、豊田清から犠打が安打になったことでプロ初安打を記録。早坂圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 石井貴

    石井貴から見た豊田清豊田清

    その後も先発ローテーションを守り、・と2年連続で2桁勝利(13勝・10勝)を記録。完投は少なかったが、2年間で完封を3度記録した。2000年まで、福岡ダイエーホークスは西武の投手陣(石井、西口文也、豊田清ら)を大の苦手としており、石井もダイエー相手に3年越しの連勝記録を更新していてダイエーをカモとしていた。この年の5月に行われた福岡ドームでの試合で、秋山幸二が打ったピッチャー返しの打球が顔面へ直撃し、石井は倒れこみ、のた打ち回った。このときこめかみあたりから出血していた。石井貴 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た豊田清豊田清

    前年オフに引退を示唆したことで開幕前から注目を集めた。40歳という年齢もあり守備に就くことはあまりなかったが、代打でチームに貢献した。4月24日の対巨人戦では豊田清から同点本塁打を放ちチームの勝利に貢献。入団以来22シーズン連続で本塁打を放った。8月1日にプロ野球史上7人目の通算1万打席を達成。シーズン終盤に正式に引退を表明し、9月30日の本拠地最終戦後に引退セレモニーを行った。試合には6番・一塁手で同年シーズン初のスタメン出場(一塁の守備に入るのは初)。2-6で敗れたが、4打数3安打の猛打賞で自らの引退を飾った。また、3安打目は二塁打で、自らの持つ二塁打の日本記録を487に伸ばした。試合後のセレモニーでは桑田真澄、清原和博、片岡篤史らから花束が贈られた。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た豊田清豊田清

    前年3割を打ったにも関わらず、「ぜんぜんダメでしょ。自己ベストより1本でも1厘でも1打点でも上にいきたい」と春季キャンプで打撃改造を行い、オープンスタンスの幅や足の上げ方を変えた。前年までの主砲のウッズ、中村紀洋が退団したため主砲として期待され4番に座る可能性もあったが、開幕はいつもの5番で出場し、開幕戦1試合2本塁打と最高のスタートを切った。4月25日の対巨人戦でプロ通算200号本塁打を西武時代の同僚豊田清から放った。5月12日の対ヤクルト戦では地元岐阜の長良川球場で初の本塁打を放ち故郷に錦を飾った。6月21日の対オリックス戦で平野佳寿から先制の満塁本塁打を放った打席で通算4000打数に到達し、通算打率にランクイン。この時点で川上哲治や落合博満をも上回る通算打率.315で、歴代6位・日本人右打者最高となった。6月には打率.415、6本塁打、15打点の成績で、2度目の月間MVPをチームメイトの川井雄太と共に受賞した(川井の投げる日は3試合連続本塁打、打率4割と相性が良かった)。交流戦では打率4割、7本塁打(ともに2位)と絶好調。7月15日には4年ぶりの20本塁打と自己最多ペースで本塁打を量産し、9月15日には10回表に永川勝浩から決勝の3試合連続本塁打を打った。打率.302で7度目の3割を記録し、29本塁打、87打点、出塁率.382と前年より大きく成績を上げ、打撃主要部門全てでリーグトップ10に入った。守備面でも元捕手の強肩かつ堅実な送球で12補殺を記録し、2年連続セ・リーグ最多補殺に輝いた。また、この年初めてシーズン全試合に出場(144試合)した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た豊田清豊田清

    読売ジャイアンツ(2006年):久保裕也 (Kubo)・林昌範 (Hayashi)・豊田清 (Toyoda) の3人で「KHT」。翌2007年は豊田清 (Toyoda)・会田有志 (Aida)・林昌範 (Hayashi)・上原浩治 (Uehara) の4人で「TAHU」(タフ)と呼ばれた。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • 1998年の日本シリーズ

    1998年の日本シリーズから見た豊田清豊田清

    (西)●豊田(1敗)、杉山、石井、竹下-伊東、和田1998年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 優勝予告

    優勝予告から見た豊田清豊田清

    前年まで3年連続で優勝を逃してきた巨人は、監督の堀内恒夫を解任。原辰徳が監督に就任した。また李承燁、野口茂樹、豊田清、ジェレミー・パウエルらを獲得し、優勝への期待が高まった。「優勝予告」という言葉はそういった状況から生まれたと思われる。「優勝予告」と題されたFlashも作成された。(後述)しかし、開幕直後は好調だったもののシーズン途中で失速してしまい、最終的には4位という不本意な成績しか残せなかった。優勝予告 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2004年のパシフィック・リーグプレーオフから見た豊田清豊田清

    西武・松坂大輔、日本ハム・金村曉の両エースの先発で始まったが3回裏、一死満塁からカブレラが左中間に走者一掃の二塁打を放ち3点を先制した。しかし4回表日本ハムは小笠原道大の三点本塁打ですぐに同点に追いついた。6回裏に西武はフェルナンデスが勝ち越し本塁打を放つが7回表に日本ハムはセギノールが同点本塁打を放ち、再び同点とした。7回裏、西武は佐藤友亮の本塁打で勝ち越すとフェルナンデスの満塁本塁打、細川亨の本塁打で6点を奪い試合を決めた。8回表に日本ハムは3点を返すものの9回は西武のクローザー・豊田清が締め、第1戦をものにした。2004年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た豊田清豊田清

    (パ) ●西口(西)、グロス(日)、星野伸(オ)、豊田(西)、野村貴(オ)、石井貴(西)、下柳(日)?伊東、城島1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た豊田清豊田清

    (パ) ●清水直(ロ)、ミンチー(ロ)、篠原(ダ)、森(西)、豊田(西)、小林雅(ロ)?城島(ダ)、三輪(オ)2003年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示

「豊田清」のニューストピックワード