前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示
  • 石井貴

    石井貴から見た豊田清豊田清

    翌年も10勝を記録し、2年連続で2ケタ勝利を挙げた。完投は少なかったが、この2年間で完封を3度記録した。2000年まで、福岡ダイエーホークスは西武の投手陣(石井、西口文也、豊田清ら)を大の苦手としており、石井もダイエー相手に3年越しの連勝記録を更新していてダイエーをカモとしていた。この年の5月4日に行われた福岡ドームでの試合で、秋山幸二が打ったピッチャー返しの打球が顔面へ直撃し、倒れこみのた打ち回った。このときこめかみあたりから出血していた。石井貴 フレッシュアイペディアより)

  • 早坂圭介

    早坂圭介から見た豊田清豊田清

    には、イースタン・リーグで打率.332を記録するとともに、22盗塁で自身3度目の盗塁王を獲得した。一軍ではホセ・オーティズが二塁手として定着していたため、ポジションの重なる早坂は、公式戦への出場機会が2年続けて6試合にとどまった。6月19日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)では、豊田清を相手に試みた犠打が三塁への内野安打になったことから、一軍での初安打を記録している。早坂圭介 フレッシュアイペディアより)

  • 立浪和義

    立浪和義から見た豊田清豊田清

    前年オフに引退を示唆したことで開幕前から注目を集めた。40歳という年齢もあり守備に就くことは後述する本拠地最終戦までなかったが、代打でチームに貢献した。4月24日の対巨人戦では豊田清から同点本塁打を放ちチームの勝利に貢献。入団以来22シーズン連続で本塁打を放った(日本記録は谷繁元信の27年)。8月1日に日本プロ野球史上7人目の通算1万打席を達成。シーズン終盤に正式に引退を表明し、9月30日の本拠地最終戦後に引退セレモニーを行った。試合には6番・一塁手で同年シーズン初のスタメン出場。2-6で敗れたが、4打数3安打の猛打賞で自らの引退を飾った。また、3安打目は二塁打で、自らの持つ二塁打の日本記録を487に伸ばした。試合後のセレモニーでは桑田真澄、清原和博、片岡篤史らから花束が贈られた。立浪和義 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た豊田清豊田清

    は浅井良や野口寿浩を押しのけて初の開幕一軍を勝ち取り、4月20日の対読売ジャイアンツ戦で延長12回に代打出場し、プロ初安打・初打点となるサヨナラ安打を豊田清から放った。西武では抑えとしてリーグ優勝と日本一に貢献した実績のある豊田から1軍での出番をほとんど得られなかった選手の一打だったこともあり、翌日のスポーツ新聞では大きく取り上げられた。翌日にはスタメン出場し、プロ初本塁打を記録。同年の阪神は右打者の不振が深刻で、本塁打は開幕から10試合目に投手のライアン・ボーグルソンから出たものが最初で、右打ちの野手が放ったものとしては19試合目の狩野のこの本塁打が初だった。こうしたチーム事情に加え、狩野自身も初安打の後1か月近く打撃好調でしばらくは代打の切り札的な存在になり、打撃不振だった正捕手の矢野に代わってスタメン出場も多かった。その後は相手の研究もあってジリジリと打率を下げたが、主に代打や代走要員としてほぼシーズン通して一軍に帯同した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た豊田清豊田清

    プレーオフでは10月3日に第1ステージ第3戦に先発し、初回にフェルナンド・セギノールのスリーランホームランにより先制されたが、アレックス・カブレラの満塁本塁打で3回に逆転、2回以降は無失点に抑え、6回を投げ3失点(自責2)、2点リードで降板したが、9回に豊田清が同点に追いつかれポストシーズン初勝利とはならなかった。第2ステージはチームが王手をかけた10月10日第4戦に先発し、無失点で迎えた4回一死満塁から鳥越裕介、川崎宗則、出口雄大に3連続タイムリーヒットを浴び3点先制された所でノックアウト。3回1/3を投げ3失点で敗戦投手となった。日本シリーズは10月19日第3戦に先発し、4点の援護を貰い5回まで2安打無失点だったが、6回先頭の荒木雅博のハーフライナーを遊撃手中島裕之がこぼして出塁させると、一死一塁から立浪和義、アレックス・オチョアの連打で1失点、高橋光信にフルカウントから四球を与え一死満塁とした所で降板、代わった長田秀一郎が谷繁元信に逆転満塁本塁打を打たれたため4失点(自責3)となった。7回に味方が逆転したため敗戦投手は免れた。12月13日、2度目の契約交渉で1800万円アップの年俸4200万円でサインし、福岡県在住の女性看護師と同月18日に入籍することを発表した。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • JFK (阪神タイガース)

    JFK (阪神タイガース)から見た豊田清豊田清

    読売ジャイアンツ(2006年):久保裕也 (Kubo)・林昌範 (Hayashi)・豊田清 (Toyoda) の3人で「KHT」。翌2007年は豊田清 (Toyoda)・会田有志 (Aida)・林昌範 (Hayashi)・上原浩治 (Uehara) の4人で「TAHU」(タフ)と呼ばれた。JFK (阪神タイガース) フレッシュアイペディアより)

  • 和田一浩

    和田一浩から見た豊田清豊田清

    そこでは前年3割を打ったにも関わらず、。開幕戦1試合2本塁打と最高のスタートを切り、4月25日の巨人戦でプロ通算200号本塁打を西武時代の同僚豊田清から放った。5月12日の対ヤクルト戦で地元岐阜の長良川球場で初の本塁打を放ち故郷に錦を飾った。6月21日のオリックス戦で平野佳寿から先制の満塁本塁打を放った打席で通算4000打数に到達し、通算打率にランクイン。この時点で川上哲治や落合博満監督(当時)をも上回る通算打率.315で、歴代6位・日本人右打者最高となった。6月には打率.415、6本塁打、15打点の成績で、2度目の月間MVPをチームメイトの川井雄太と共に受賞した(川井の投げる日は3試合連続本塁打、打率4割と相性が良かった)。交流戦では打率4割、7本塁打(ともに2位)と絶好調。7月15日には4年ぶりの20本塁打と自己最多ペースで本塁打を量産し、9月15日には10回表に永川勝浩から決勝の3試合連続本塁打を打った。打率.302で7度目の3割を記録し、29本塁打、87打点、出塁率.382と前年より大きく成績を上げ、打撃主要部門全てでリーグトップ10に入った。守備面でも元捕手の強肩かつ堅実な送球で12補殺を記録し、2年連続セ・リーグ最多補殺に輝いた。また、この年初めてシーズン全試合に出場(144試合)した。和田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た豊田清豊田清

    松井稼頭央・大友進・?木大成・石井貴・豊田清といった若手の台頭もあり3年ぶりにリーグ優勝を果たす。しかし、日本シリーズではヤクルトに1勝4敗で敗れ日本一を逃した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 優勝予告

    優勝予告から見た豊田清豊田清

    前年まで3年連続で優勝を逃してきた巨人は、監督の堀内恒夫を解任。原辰徳が監督に就任した。また李承燁、野口茂樹、豊田清、ジェレミー・パウエルらを獲得し、優勝への期待が高まった。「優勝予告」と題されたFlashも作成された。優勝予告 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球サントリーカップ

    プロ野球サントリーカップから見た豊田清豊田清

    優秀選手 豊田清(西武ライオンズ)、鈴木健(西武ライオンズ)、堀幸一(千葉ロッテマリーンズ)、ロベルト・ラミレズ(阪神タイガース)、石井琢朗(横浜ベイスターズ)、稲葉篤紀(ヤクルトスワローズ)プロ野球サントリーカップ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示

「豊田清」のニューストピックワード