69件中 11 - 20件表示
  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た豊田清豊田清

    文化放送(独自) 実況:鈴木光裕 解説:東尾修 ゲスト解説:豊田清(巨人)2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 衣川幸夫

    衣川幸夫から見た豊田清豊田清

    初安打:同上、4回表に豊田清から中前安打衣川幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球サントリーカップ

    プロ野球サントリーカップから見た豊田清豊田清

    優秀選手 豊田清(西武ライオンズ)、鈴木健(西武ライオンズ)、堀幸一(千葉ロッテマリーンズ)、ロベルト・ラミレズ(阪神タイガース)、石井琢朗(横浜ベイスターズ)、稲葉篤紀(ヤクルトスワローズ)プロ野球サントリーカップ フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た豊田清豊田清

    (パ) ○パウエル(近)、若田部(ダ)、金田(オ)、隼人(日)、豊田(西)?的山、日高、伊東2002年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た豊田清豊田清

    巨:内海(5回) - 西村(1回) - 越智(1回) - 豊田(1回)- クルーン(0回) - 山口(3回) - 東野(1回)2008年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 会田有志

    会田有志から見た豊田清豊田清

    春季キャンプで一軍スタート組に抜擢され、キャンプにおける紅白戦やオープン戦でも12回・被安打6・与四死球1・失点1と安定した好投を続け、原辰徳監督らからも高い評価を受け開幕一軍スタートとなった。4月1日の対横浜戦で一軍初登板を果たし、史上初の親子での一軍登板を成し遂げた。4月26日の対横浜戦では1点リードされた8回に登板、満塁のピンチを招くも凌ぎ切り、直後に打線が逆転し逃げ切ったため、史上初の一軍での親子勝利を挙げた。前半戦においては一軍一年目にもかかわらず勝ちパターンの継投に組み込まれ、開幕から12試合で1失点と、林昌範と共に非常に安定した投球を見せた。前半戦終了時点でチーム2位の10ホールドを挙げた。投手総合コーチの尾花に前半戦のMVPと評される。しかし徐々に成績が悪化し、防御率が3点台を記録したところで登録抹消された。11月のインタビューで、「(本人曰く)腕だけ下げた誰でもできるアンダースロー」から肩痛を発症、登録抹消につながったことを発表した。同シーズンは上原浩治がクローザーとして固定されたことで、林昌範とともに豊田清がセットアッパーとして安定、勝ちパターンの継投に組み込まれた会田との4人組をTAHU(Toyoda-Aida-Hayashi-Uehara)とスポーツ報知が命名した。会田有志 フレッシュアイペディアより)

  • 木元邦之

    木元邦之から見た豊田清豊田清

    は、4月は5番、5・6月は6番、7・8月は8番、9月は坪井智哉や新庄剛志に代わって2番と打順が一定しない中で、前半戦は不振も後半戦持ち直して打率.285、9本塁打を打ち、初めて規定打席に到達した。パ・リーグ・プレーオフ第1ステージ(西武ライオンズ戦)・第3戦(10月3日)で西武の先発投手が左腕の帆足和幸だったためスターティングメンバーから外され、その事に納得が行かずロッカーで暴れていた木元を新庄剛志が「良い場面で絶対にお前に回してやる。だから準備はしてろよ」と励ました。その試合に木元は途中出場し、9回表にクローザーの豊田清から同点2ラン本塁打を放った。「あの時に励まされたから打てた。つーさん(新庄)には感謝の気持ちで一杯です」と語っている。この年女優の前原絵理(現在は前原エリに改名)と結婚。その後一部の新聞紙上で前原とは別居状態と報道され、離婚に至ったのかは発表されていないが、のプロ野球選手名鑑では独身と記載された。木元邦之 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た豊田清豊田清

    豊田清は腰痛のため出場辞退、代わりに新垣渚が選出2004年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た豊田清豊田清

    7試合 3?高津臣吾(ヤクルト、1993年)、豊田清(西武、2004年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・グラマン

    アレックス・グラマンから見た豊田清豊田清

    開幕当初からクローザーとして固定され、シーズン終盤まで防御率0点台をキープするなど前年以上の安定感を誇った。セーブ機会ではほぼ無敵に近く、最後までセーブ王を争う活躍であった。最終的に防御率1.42、31セーブを記録した。30セーブ以上は2003年の豊田清(38セーブ)以来で、西武の外国人投手での30セーブ達成は球団史上初である。シーズン終盤ではやや不安定な状態となったが、日本シリーズでは安定感を取り戻し、第1戦と第7戦(どちらも1点差試合)に登板し、第1戦では1イニング、第7戦では2イニングを無失点に抑え2セーブを挙げ日本一に貢献した。アレックス・グラマン フレッシュアイペディアより)

69件中 11 - 20件表示

「豊田清」のニューストピックワード