69件中 21 - 30件表示
  • メークドラマ

    メークドラマから見た豊田清豊田清

    自力優勝が消滅した巨人は、7月初旬から1番に鈴木尚広が定着し、小笠原道大も復調。腰痛を悪化させた高橋由伸は離脱したままだったが、前記で述べた多くの若手・ベテラン選手が機能した。投手陣も、先発要員としてエイドリアン・バーンサイドが途中加入し、リリーフ陣に関しては西村が離脱したものの、山口・越智・豊田清など、層の厚い中継ぎにマーク・クルーンを抑えとする勝利の方程式が確立し、試合運びが安定し始めた。これにより、7月11日には中日をかわして単独2位に立った。7月末のオールスター直前には首位阪神と9.5ゲーム差とし、その後も巨人は貯金を増やしていく。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 長岡市悠久山野球場

    長岡市悠久山野球場から見た豊田清豊田清

    1996年6月8日に開催された近鉄対西武11回戦に、4番・左翼で先発した近鉄・タフィ・ローズは4回裏の第2打席、西武の先発・豊田清から右翼ポール際へ11号ソロ本塁打。8回裏には同じく豊田から、決勝打となる12号ソロ本塁打を右中間場外へ運び去った。ローズはこの試合が、自身来日初の1試合2本塁打となった。長岡市悠久山野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 江藤智

    江藤智から見た豊田清豊田清

    、通算350本塁打にあと1本に迫っていたが、7月30日の対中日12回戦で本塁打性の当たりを放ったものの、天井に当たりレフトフライとなってしまい、通算350号ホームランは幻となってしまった。結局、遂に本塁打を1本も打てず、打率も2割を切り、スタメン出場は8試合で完全に代打要員となってしまった。同年オフの契約更改では野球協約の限度である40%を超える減俸となった。その直後、FAで巨人入りした豊田清の人的補償として西武ライオンズへの移籍が決定。「FA移籍」と「別の選手のFA移籍に伴う人的補償選手として移籍」の両方を経験した、プロ野球史上初の選手となった。江藤智 フレッシュアイペディアより)

  • 吉岡雄二

    吉岡雄二から見た豊田清豊田清

    直球に強く、1998年から6年連続2桁本塁打を記録し、近鉄バファローズで通算116本塁打を放つ等、いてまえ打線の一員として活躍してきた。しかし、は3月のオープン戦で、安打を放って一塁ベースを回った際にアキレス腱断裂の重傷を負い、ほぼ丸一年を棒に振る。チームの本拠地最終戦である9月24日の対西武戦で代打で出場し、豊田清からライトフライを放ったのがこの年唯一の打席だった。11月、球団合併に伴う選手分配ドラフトで、自身の希望通りに新規参入球団である東北楽天ゴールデンイーグルスへ移籍。吉岡雄二 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た豊田清豊田清

    (パ) 許(西)、○藤田(ロ)、小倉(オ)、盛田(近)、橋本(西)、具臺晟(オ)、ペトラザ(ダ)、豊田(西)?城島、日高(オ)2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見た豊田清豊田清

    2月2日 - 豊田清(三重県、野球)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本シリーズ

    2005年の日本シリーズから見た豊田清豊田清

    実況:植草朋樹 解説:駒田徳広、水上善雄、江夏豊(TVO) ゲスト解説:豊田清(西武、日本シリーズ終了後に巨人へFA移籍)2005年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴鹿中学校・高等学校

    鈴鹿中学校・高等学校から見た豊田清豊田清

    豊田清 - 1988年度卒業 プロ野球選手(広島東洋カープ)鈴鹿中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本シリーズ

    2009年の日本シリーズから見た豊田清豊田清

    巨:●内海(2回2/3) - 東野(3回1/3) - 豊田(1回) - 木村正(2/3回) - 金刃(1/3回)2009年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 森慎二

    森慎二から見た豊田清豊田清

    入団後しばらくは先発投手としても起用され伸び悩んでいたが、に救援に完全転向し、23セーブを挙げるクローザーとなる。が、制球力に難があり、翌年以降は不調だったことからクローザーの座を豊田清に譲り、セットアッパーに回った。森慎二 フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「豊田清」のニューストピックワード