69件中 51 - 60件表示
  • 亀山市

    亀山市から見た豊田清豊田清

    豊田清 - プロ野球選手亀山市 フレッシュアイペディアより)

  • 林昌範

    林昌範から見た豊田清豊田清

    、原の構想では久保裕也から林に繋ぎ、新加入の豊田清で締めることになっていたが、久保と豊田のピッチングが不安を見せる中、林は1年を通して安定した投球を続けた。しかし一方でシーズン終盤には慢性的な肘痛を訴え、時折痛み止めの注射も打っていたようである。同年オフの検査で肘に遊離軟骨を抱えている事が判明したが、クリーニング手術などの外科的処置を採らずに様子を見た。オフには後輩の東野峻を伴ってグアムで自主トレを行った。林昌範 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見た豊田清豊田清

    最優秀バッテリー賞:6回 (1991年、投手:工藤公康、1992年、投手:石井丈裕、1996年 - 1998年、投手:西口文也、2002年、投手:豊田清伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 2月2日

    2月2日から見た豊田清豊田清

    1971年 - 豊田清、プロ野球選手2月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 木村拓也

    木村拓也から見た豊田清豊田清

    本人も試合直後に「突貫工事」と振り返るほどだったが、12回表に救援登板した豊田清・藤田宗一・野間口貴彦とサイン交換をしっかり行い、野間口には最後に左打者の内角をえぐる150km/h台の速球を放らせるなど、アグレッシブな配球を要求。3投手・自身ともミスを犯すことなく無失点で切り抜けることに成功し、その役割を見事に果たした。原はベンチを飛び出し、戻ってきた「捕手・木村拓」の肩を何度も叩いて活躍を讃え、当日の試合で解説を担当した広島時代の恩師・山本浩二は「涙が出そうになった」と言ったほどである。ちなみに、直後のテレビ番組でのインタビューでは「(捕手は)もうやりたくない」と吐露したが、広島在籍時の監督である達川光男は、木村の性格からこの発言を「本職の捕手を立てるための気配り」と分析して賞賛した。木村拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 清水崇行

    清水崇行から見た豊田清豊田清

    豊田清と一足早く自主トレに入り、鈴木や移籍してきた谷とともに「1番候補の一人」として春季キャンプを迎えた。だが怪我により開幕一軍からは外れ、前半戦は不調に苦しみ、一軍と二軍を往復。後半戦に入り徐々に調子を上げていき、スタメンでの出場機会も増えていった。特に9月以降は目覚しい活躍をみせ、少ない打席数ながらシーズン打率.339を挙げた。また、低めだった出塁率もこの年は4割を超えた。10月2日の対ヤクルト戦ではチームを5年ぶりのリーグ優勝を導く内野安打を放ち、中日とのクライマックスシリーズでも7番・センターでスタメン出場、左腕小笠原孝からヒットを放ちチャンスメイク。第2戦・第3戦は高橋由伸の腰痛による離脱で1番に入り、全3戦にスタメン出場した。清水崇行 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た豊田清豊田清

    はWBC日本代表に選ばれ、球界の先輩で同じ背番号の里崎智也に配慮して24をつけた。対アメリカ戦ではアレックス・ロドリゲスのバットを直球で折った。シーズンに入ると前年同様に中継ぎでスタートしたが、6月に抑えの久保田智之が怪我で離脱したことに伴い、抑えに定着。7月4日の対横浜戦で35試合連続無失点と豊田清が持っていた日本記録を更新。7月11日には小山正明が持つ47イニング連続無失点の球団記録を更新。翌7月12日の対広島戦で失点し、連続無失点試合数は38、連続イニング無失点記録は47回2/3で途切れた(開幕からの連続無失点記録は佐々木主浩の24試合)。7月21日のオールスター第1戦では登板前に「野球漫画のような世界を創りたい」と話し、先頭打者のアレックス・カブレラの投球前に、打者に対してオールストレートを予告する。結果は一回もバットに当てさせず空振り三振に取る。続く小笠原道大に対しても、全て直球で投じて空振り三振に打ち取った。7月23日の第2戦では、同年からオリックス・バファローズに移籍した清原と再び対決。全て直球で空振り三振に取り、清原は「参った、火の玉や」とコメントした。同年は阪神と中日が優勝を争う状況だったが、阪神はオールスター終了後の7月下旬以降なかなか勝てず、堅実に勝ち星を積み重ねる中日に8月下旬には9ゲーム差まで差を広げられた。8月12日に首の寝違えにより登録抹消されていた藤川は8月27日の対巨人戦で8回から復帰後初登板して勝利投手となりお立ち台に立つと、マスメディアからの批判やファンの野次に対して「選手も必死でやっているということを分かって下さい」と涙を流しながらコメントした。同年は2年連続の最優秀中継ぎ投手を獲得する。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 久保裕也 (野球)

    久保裕也 (野球)から見た豊田清豊田清

    前年に続き、林、豊田清、高橋尚成らとともにセットアッパーとして起用される。8月までは防御率2点台であったが、終盤に失速してシーズンを終える。久保裕也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • スコット・マシソン

    スコット・マシソンから見た豊田清豊田清

    2011年12月2日に読売ジャイアンツと1年契約を結ぶ。守護神候補として期待されたが、春季キャンプで加治前竜一の頭部に死球を当てるなど制球難を露呈し、開幕一軍入りは逃した。ファームで調整中に豊田清二軍投手コーチから、投げ急ぐ癖とフォークボールの握りを修正されたことで復調すると、4月15日に中継ぎの人材補充のため一軍昇格した。スコット・マシソン フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た豊田清豊田清

    東日本大震災の影響で開幕が当初の3月25日から4月12日に変更となり、開幕直後は不振の前田健に代わり新加入のブライアン・バリントンとデニス・サファテに新人の福井優也、打撃では4年目の丸佳浩が活躍し、一時は首位に立つなど2位で交流戦を迎えたが、その交流戦ではリーグワーストの50イニング連続無得点、球団ワーストの4試合連続完封負けと打線が沈黙、交流戦を最下位で終えリーグ順位も5位に急降下、前半戦も5位で終える。後半戦に入ると、7月までわずか3本塁打の栗原が8月だけで9本塁打、25打点と活躍し月間MVPを獲得、チームも当時首位を走っていたヤクルトの急失速もあり、8月終了時点で首位と3.5ゲーム差の3位に浮上した。栗原は9月も好調を維持し、広島の打者として初めて2か月連続で月間MVPを獲得したが、チームはサファテ、豊田清と救援陣の相次ぐ故障離脱などで6勝16敗1分けと大きく負け越しAクラス争いから脱落。10月8日にはBクラスが確定。結果は、3年連続の5位。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「豊田清」のニューストピックワード