前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • 豊田清

    豊田清から見た伊東勤

    はバッテリーを組んでいた伊東勤が前年現役を引退し監督に就任した。この年は故障で長期離脱した影響で34試合の登板に終わったが、5勝1敗11セーブで防御率は0.98と安定感は抜群だった。チームはリーグ2位で終え、日本ハムとのプレーオフ第1ステージでは第3戦に木元邦之に同点2ラン本塁打を打たれたがその裏に和田一浩のサヨナラ本塁打で第2ステージに進出した。第2ステージのダイエー戦では第5戦のリーグ優勝目前の9回に同点打を打たれるなどここでも安定感を欠いたが、チームは延長10回に勝ち越し、リーグ優勝を果たした。日本シリーズでは3セーブを挙げるなど活躍。第7戦では9回に2失点を喫したが5点のリードがあったため影響はなく、最後の打者を打ち取り胴上げ投手にもなった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た伊原春樹

    は新監督に伊原春樹が就任した。この年も前年に続いて抑えを任された。同年はさらに安定感を増し、パシフィック・リーグ歴代1位(当時)となる38セーブ(6勝)。最終成績は6勝1敗38セーブで防御率は驚異の0.78だった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たホセ・カスティーヨ

    は3月31日の横浜ベイスターズ戦で8回にホセ・カスティーヨに同点ソロホームラン、4月13日の阪神タイガース戦でも8回に桜井広大に逆転3ラン本塁打を打たれ、チームの負けにも繋がるなど、精彩を欠き、二軍落ちした。その後復帰しても思うような投球はできず、わずか16試合の登板で1勝1敗・防御率4.40と不振に終わり、11月6日に戦力外通告を受けた。その後、11月16日に安定感のある中継ぎ投手を求めていた広島東洋カープが獲得を発表した。11月22日にマツダスタジアムで入団会見が行われ、背番号は33に決定した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た木元邦之

    はバッテリーを組んでいた伊東勤が前年現役を引退し監督に就任した。この年は故障で長期離脱した影響で34試合の登板に終わったが、5勝1敗11セーブで防御率は0.98と安定感は抜群だった。チームはリーグ2位で終え、日本ハムとのプレーオフ第1ステージでは第3戦に木元邦之に同点2ラン本塁打を打たれたがその裏に和田一浩のサヨナラ本塁打で第2ステージに進出した。第2ステージのダイエー戦では第5戦のリーグ優勝目前の9回に同点打を打たれるなどここでも安定感を欠いたが、チームは延長10回に勝ち越し、リーグ優勝を果たした。日本シリーズでは3セーブを挙げるなど活躍。第7戦では9回に2失点を喫したが5点のリードがあったため影響はなく、最後の打者を打ち取り胴上げ投手にもなった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た桜井広大

    は3月31日の横浜ベイスターズ戦で8回にホセ・カスティーヨに同点ソロホームラン、4月13日の阪神タイガース戦でも8回に桜井広大に逆転3ラン本塁打を打たれ、チームの負けにも繋がるなど、精彩を欠き、二軍落ちした。その後復帰しても思うような投球はできず、わずか16試合の登板で1勝1敗・防御率4.40と不振に終わり、11月6日に戦力外通告を受けた。その後、11月16日に安定感のある中継ぎ投手を求めていた広島東洋カープが獲得を発表した。11月22日にマツダスタジアムで入団会見が行われ、背番号は33に決定した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た和田一浩

    はバッテリーを組んでいた伊東勤が前年現役を引退し監督に就任した。この年は故障で長期離脱した影響で34試合の登板に終わったが、5勝1敗11セーブで防御率は0.98と安定感は抜群だった。チームはリーグ2位で終え、日本ハムとのプレーオフ第1ステージでは第3戦に木元邦之に同点2ラン本塁打を打たれたがその裏に和田一浩のサヨナラ本塁打で第2ステージに進出した。第2ステージのダイエー戦では第5戦のリーグ優勝目前の9回に同点打を打たれるなどここでも安定感を欠いたが、チームは延長10回に勝ち越し、リーグ優勝を果たした。日本シリーズでは3セーブを挙げるなど活躍。第7戦では9回に2失点を喫したが5点のリードがあったため影響はなく、最後の打者を打ち取り胴上げ投手にもなった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た上原浩治

    も開幕当初は抑えを務め、4月11日の広島東洋カープ戦(広島市民球場)でプロ野球史上5人目の通算150セーブを達成。しかし、4月20日の阪神タイガース戦では延長12回にチームが3点を勝ち越した後に登板するも、伏兵の狩野恵輔にサヨナラ適時打を打たれ敗戦投手になった。抑えに失敗することが多く、上原浩治が抑えに回って以降は中継ぎを務めるといった、前年と同様の場面が見られた。同年も前年と防御率はそれほど変わらなかったが上原に繋ぐセットアッパーとして巨人での新境地を開拓した。47試合に登板して2勝5敗4セーブ20ホールドをマークした。クライマックスシリーズでは2、3戦目に登板して対戦打者6人全てから三振を奪うなどCS敗退したチームにおいて奮闘した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たマーク・クルーン

    は開幕当初からマーク・クルーンへ繋ぐ中継ぎとなり、50試合に登板。チームトップの26ホールドを挙げ、チームのリーグ優勝、球団初のCS制覇で日本シリーズ進出に貢献した。移籍後初の日本シリーズは古巣の西武と対戦し、自身は第4、5、7戦に登板した。チームは敗れたが、自身はいずれも無失点で、特に第7戦は逆転を許し1点ビハインドとなった8回途中からの登板でこのピンチを脱する。9回は先頭の赤田将吾にフェンス直撃の3塁打を打たれるが、後続を抑え得点を許さなかった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た石井琢朗

    は前年の肘手術によりシーズンの大半を棒に振ったが9月に復帰を果たし、念願の優勝を味わう。横浜ベイスターズとの日本シリーズでは第2戦に先発したが、石井琢朗にホームランを浴びるなど敗戦投手となった。チームは第6戦で敗れて2年連続で日本一を逃した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たホセ・フェルナンデス (1974年生の内野手)

    は開幕3戦目で移籍後初セーブを挙げる。その後も好調を維持していたが、5月20日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦(フルキャストスタジアム宮城)で9回にホセ・フェルナンデスに逆転サヨナラ3ラン本塁打を浴びて移籍後初めて救援に失敗する。その後も抑えで登板するがチームの大型連敗でも救援失敗を繰り返し、7月14日の東京ヤクルトスワローズ戦で1点リードの9回に登板するもサヨナラ打を浴び、チームは9連敗となり、翌日15日には右肩痛で登録抹消となる。自身の登録抹消以後は先発だった高橋尚成が抑えに回った。その後8月15日に一軍登録された。その後は中継ぎに配置転換となった。チームは球団史上初の2年連続Bクラスとなり、自身の不振も響き38試合の登板で1勝4敗13セーブ、防御率3.32と期待された成績を残すことはできなかった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示

「豊田清」のニューストピックワード