44件中 11 - 20件表示
  • 豊田清

    豊田清から見た東尾修

    10月8日の対日本ハムファイターズ戦(西武ドーム)でプロ初セーブを挙げると、森慎二の不調・東尾修からの説得もあって抑え投手に転向。8月に3本のサヨナラ本塁打を浴びるなど安定感を欠くこともあったが、翌年以降は抜群の安定感ではパシフィック・リーグ歴代1位(当時)となる38セーブ(6勝)、にも38セーブ(2勝)を挙げ、2年連続で最優秀救援投手に輝くなど、日本を代表する抑え投手になった。8月29日にはプロ野球史上15人目の通算100セーブを挙げる。2004年の日本シリーズでは3セーブを挙げるなど活躍し、胴上げ投手にもなった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た広島東洋カープ

    は14試合目で初めて救援に失敗し、先発だった高橋尚成が抑えに回って中継ぎとなる。も開幕当初は抑えを務め、4月11日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)でプロ野球史上5人目の通算150セーブを達成。しかし4月中に救援失敗が2度あり、上原浩治が抑えに回って以降は中継ぎを務めるといった、前年と同様の場面が見られた。クライマックスシリーズでは2、3戦目に登板して対戦打者6人全てから三振を奪う。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た福岡ソフトバンクホークス

    9月15日の対近鉄バファローズ戦(藤井寺球場)で初登板を果たす。から本格的に先発投手として登板し、7月14日の対福岡ダイエーホークス戦(札幌市円山球場)で初勝利。とには二桁勝利を挙げるなど、先発として活躍した。1997年5月7日の対福岡ダイエーホークス戦では、味方打線が当時のプロ野球記録となる1試合29安打を放って、毎回得点を達成した中での完封勝利(21-0)を挙げている。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た広島市民球場 (初代)

    は14試合目で初めて救援に失敗し、先発だった高橋尚成が抑えに回って中継ぎとなる。も開幕当初は抑えを務め、4月11日の対広島東洋カープ戦(広島市民球場)でプロ野球史上5人目の通算150セーブを達成。しかし4月中に救援失敗が2度あり、上原浩治が抑えに回って以降は中継ぎを務めるといった、前年と同様の場面が見られた。クライマックスシリーズでは2、3戦目に登板して対戦打者6人全てから三振を奪う。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た北海道日本ハムファイターズ

    10月8日の対日本ハムファイターズ戦(西武ドーム)でプロ初セーブを挙げると、森慎二の不調・東尾修からの説得もあって抑え投手に転向。8月に3本のサヨナラ本塁打を浴びるなど安定感を欠くこともあったが、翌年以降は抜群の安定感ではパシフィック・リーグ歴代1位(当時)となる38セーブ(6勝)、にも38セーブ(2勝)を挙げ、2年連続で最優秀救援投手に輝くなど、日本を代表する抑え投手になった。8月29日にはプロ野球史上15人目の通算100セーブを挙げる。2004年の日本シリーズでは3セーブを挙げるなど活躍し、胴上げ投手にもなった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た大阪近鉄バファローズ

    9月15日の対近鉄バファローズ戦(藤井寺球場)で初登板を果たす。から本格的に先発投手として登板し、7月14日の対福岡ダイエーホークス戦(札幌市円山球場)で初勝利。とには二桁勝利を挙げるなど、先発として活躍した。1997年5月7日の対福岡ダイエーホークス戦では、味方打線が当時のプロ野球記録となる1試合29安打を放って、毎回得点を達成した中での完封勝利(21-0)を挙げている。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たエイジア

    登板時のBGMは西武時代から巨人移籍後の2006年シーズンまではアース・ウィンド・アンド・ファイアーの『Let's Groove』を使用していたが、2007年シーズンからはエイジアの『ヒート・オブ・ザ・モーメント』に変更している。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たリー・スティーブンス

    初奪三振:同上、9回裏にリー・スチーブンスから豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たアース・ウィンド・アンド・ファイアー

    登板時のBGMは西武時代から巨人移籍後の2006年シーズンまではアース・ウィンド・アンド・ファイアーの『Let's Groove』を使用していたが、2007年シーズンからはエイジアの『ヒート・オブ・ザ・モーメント』に変更している。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た大友進

    中堅を守っていた大友進への感謝の気持ちを表したのが始まりで、投球練習後にバックスクリーン方向を向いて胸に手を当て、言葉を唱えた後に胸元を軽く叩き、外野の各選手に帽子のつばを摘みながら一礼する。この一連の動作はファンから「守護神降臨のポーズ」と呼ばれて親しまれ、巨人移籍後も続けている。その後、自身の救援失敗と二軍調整により封印した時期もあったが、後年には若干抑え気味ながら復活させた。豊田清 フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示

「豊田清」のニューストピックワード