59件中 31 - 40件表示
  • 豊田清

    豊田清から見た最多セーブ投手 (日本プロ野球)

    も引き続き守護神として2年連続で最優秀救援投手に輝くなど、日本を代表する抑え投手になった。8月29日にはプロ野球史上15人目の通算100セーブを挙げた。最終的に58試合で2勝3敗38セーブ、防御率1.24の成績だった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム優秀選手賞:1回 (2002年第2戦)豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た横浜DeNAベイスターズ

    は前年の肘手術によりシーズンの大半を棒に振ったが9月に復帰を果たし、念願の優勝を味わう。横浜ベイスターズとの日本シリーズでは第2戦に先発したが、石井琢朗にホームランを浴びるなど敗戦投手となった。チームは第6戦で敗れて2年連続で日本一を逃した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た藤井寺球場

    はチームOBの東尾修が監督に就任した。9月15日の近鉄バファローズ戦(藤井寺球場)でプロ初登板を果たす。この年は4試合に登板し防御率1.50の成績を残した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た札幌市円山球場

    から本格的に先発投手として登板し、7月14日の福岡ダイエーホークス戦(札幌市円山球場)で初勝利。最終的に15試合に登板し、5勝5敗、防御率3.08の成績を残した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た愛知大学野球連盟

    鈴鹿高等学校から同朋大学へ進学。1990年愛知大学野球連盟秋季2部リーグ戦では最優秀選手に選ばれる活躍でチーム初の1部リーグ昇格に貢献した。愛知大学野球1部リーグ戦通算9勝16敗。1992年のドラフト会議において西武ライオンズから3位指名を受け、入団。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た長岡市悠久山野球場

    初先発登板・初完投:1996年6月8日、対近鉄バファローズ11回戦(長岡市悠久山野球場)、8回4失点で敗戦投手豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たファイアマン賞

    ファイアマン賞:1回 (2002年)豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見たパシフィック・リーグ

    は新監督に伊原春樹が就任した。この年も前年に続いて抑えを任された。同年はさらに安定感を増し、パシフィック・リーグ歴代1位(当時)となる38セーブ(6勝)。最終成績は6勝1敗38セーブで防御率は驚異の0.78だった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た1992年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    鈴鹿高等学校から同朋大学へ進学。1990年愛知大学野球連盟秋季2部リーグ戦では最優秀選手に選ばれる活躍でチーム初の1部リーグ昇格に貢献した。愛知大学野球1部リーグ戦通算9勝16敗。1992年のドラフト会議において西武ライオンズから3位指名を受け、入団。豊田清 フレッシュアイペディアより)

59件中 31 - 40件表示

「豊田清」のニューストピックワード