1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示
  • 豊田清

    豊田清から見た2008年の日本シリーズ

    は開幕当初からマーク・クルーンへ繋ぐ中継ぎとなり、50試合に登板。チームトップの26ホールドを挙げ、チームのリーグ優勝、球団初のCS制覇で日本シリーズ進出に貢献した。移籍後初の日本シリーズは古巣の西武と対戦し、自身は第4、5、7戦に登板した。チームは敗れたが、自身はいずれも無失点で、特に第7戦は逆転を許し1点ビハインドとなった8回途中からの登板でこのピンチを脱する。9回は先頭の赤田将吾にフェンス直撃の3塁打を打たれるが、後続を抑え得点を許さなかった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た西武ドーム

    初完投勝利・初完封勝利:1996年9月1日、対千葉ロッテマリーンズ23回戦(西武ライオンズ球場豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た日本

    豊田 清(とよだ きよし、1971年2月2日 - )は、日本の元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。三重県亀山市出身。2012年から読売ジャイアンツの二軍投手コーチ、2015年から一軍投手コーチを務める。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た毎回得点

    は自身初の二桁勝利を挙げブレイク、5月7日の福岡ダイエー戦(福岡ドーム)では、味方打線が当時のプロ野球記録となる1試合29安打を放って、毎回得点を達成した中での完封勝利(21-0)を挙げている。しかし優勝争い真っ只中の9月に肘痛により登録抹消、手術を行ったため優勝の輪に加われなかった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た1998年の日本シリーズ

    は前年の肘手術によりシーズンの大半を棒に振ったが9月に復帰を果たし、念願の優勝を味わう。横浜ベイスターズとの日本シリーズでは第2戦に先発したが、石井琢朗にホームランを浴びるなど敗戦投手となった。チームは第6戦で敗れて2年連続で日本一を逃した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    も開幕当初は抑えを務め、4月11日の広島東洋カープ戦(広島市民球場)でプロ野球史上5人目の通算150セーブを達成。しかし、4月20日の阪神タイガース戦では延長12回にチームが3点を勝ち越した後に登板するも、伏兵の狩野恵輔にサヨナラ適時打を打たれ敗戦投手になった。抑えに失敗することが多く、上原浩治が抑えに回って以降は中継ぎを務めるといった、前年と同様の場面が見られた。同年も前年と防御率はそれほど変わらなかったが上原に繋ぐセットアッパーとして巨人での新境地を開拓した。47試合に登板して2勝5敗4セーブ20ホールドをマークした。クライマックスシリーズでは2、3戦目に登板して対戦打者6人全てから三振を奪うなどCS敗退したチームにおいて奮闘した。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    はバッテリーを組んでいた伊東勤が前年現役を引退し監督に就任した。この年は故障で長期離脱した影響で34試合の登板に終わったが、5勝1敗11セーブで防御率は0.98と安定感は抜群だった。チームはリーグ2位で終え、日本ハムとのプレーオフ第1ステージでは第3戦に木元邦之に同点2ラン本塁打を打たれたがその裏に和田一浩のサヨナラ本塁打で第2ステージに進出した。第2ステージのダイエー戦では第5戦のリーグ優勝目前の9回に同点打を打たれるなどここでも安定感を欠いたが、チームは延長10回に勝ち越し、リーグ優勝を果たした。日本シリーズでは3セーブを挙げるなど活躍。第7戦では9回に2失点を喫したが5点のリードがあったため影響はなく、最後の打者を打ち取り胴上げ投手にもなった。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た三重県

    豊田 清(とよだ きよし、1971年2月2日 - )は、日本の元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ。三重県亀山市出身。2012年から読売ジャイアンツの二軍投手コーチ、2015年から一軍投手コーチを務める。豊田清 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田清

    豊田清から見た月間MVP (日本プロ野球)

    月間MVP:1回 (投手部門:1999年8月)豊田清 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
59件中 51 - 59件表示

「豊田清」のニューストピックワード