前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示
  • 豊田章男

    豊田章男から見た豊田章一郎豊田章一郎

    豊田章一郎、博子の長男として愛知県名古屋市に生まれる。母博子は三井財閥一族の伊皿子家八代目、元三井銀行取締役三井高長の三女。豊田章男 フレッシュアイペディアより)

  • 専門学校トヨタ名古屋自動車大学校

    専門学校トヨタ名古屋自動車大学校から見た豊田章一郎豊田章一郎

    1990年 - トヨタ自動車、春日センター内に新校舎完成。学校法人「トヨタ名古屋整備学園」として、愛知県知事より認可を受ける。理事長には豊田章一郎トヨタ自動車社長(当時)が就任。募集定員を520名とし総定員1,040名となる。専門学校トヨタ名古屋自動車大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田喜一郎

    豊田喜一郎から見た豊田章一郎豊田章一郎

    卒業後、父・佐吉の意向で、経営者になるため9月から東京帝国大学法学部で1921年3月まで学んだ。その後地元の名古屋に戻った喜一郎は、豊田紡織に入社。1921年7月から1922年2月まで豊田利三郎夫妻とともにサンフランシスコ、ロンドン、オールダムなどを視察しマルセイユから上海経由で帰国した。父には発明より経営に重点を置くように指示されていたが、碧海郡刈谷町に試験工場を作り、自動織機の開発を開始。1926年に豊田自動織機製作所を設立し、常務取締役に就任。1929年から1930年4月まで欧米に出張し、当時、黎明期にあった自動車産業が将来大きく発展すると考え、1933年9月1日に豊田自動織機製作所内に自動車製作部門(のちに自動車部)を新設。1936年に自動車製造事業法の許可会社に指定されたことから、これが1937年にトヨタ自動車工業株式会社として独立し、同年同社の副社長に就任。1941年には社長に就任した。1936年から事業のため一家で東京市本郷区曙町(現本駒込)の借家に転居。1938年、工場のために田畑を移すのを避けたいという思いから、愛知県西加茂郡挙母町(現・豊田市)の荒地だった58万坪の土地を取得し、自動車工場を建設した。同年赤坂に家を買い転居したが、1945年5月に空襲により焼失。名古屋市八事の別荘「南山農園」で終戦の日を迎える。終戦後は食料確保のため庭でドジョウの養殖や、ウズラの飼育を行った。別荘はその後1997年まで豊田章一郎一家が住んだのち、トヨタ鞍ヶ池記念館に移築された。豊田喜一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田英二

    豊田英二から見た豊田章一郎豊田章一郎

    愛知県立第一中学校、第八高等学校(現・名古屋大学)を経て、1936年に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業。豊田自動織機に入り、自動車部に配属され、東京市本郷区曙町(現本駒込)の豊田喜一郎宅に下宿し、豊田自動織機製作所自動車部芝浦研究所に勤務した。また多忙な喜一郎に代わり、豊田章一郎の中学校入学式に父兄代行として出席するなどした。豊田英二 フレッシュアイペディアより)

  • 奥田碩

    奥田碩から見た豊田章一郎豊田章一郎

    当時、マニラには豊田章一郎の娘婿・藤本進が大蔵省からアジア開発銀行に出向して来ており、奥田は章一郎が孫の顔を見に来るたびに同行し、このころから章一郎と奥田の関係が始まった。またマニラを訪れた豊田英二にも直接対応する機会を得た。奥田からマルコス大統領のマラカニアン宮殿などにも案内された章一郎は、奥田の才能を認め、「マニラでこんなやつがくすぶっているのか。本社の人事は何をしているんだ」とまで言ったという。奥田碩 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見た豊田章一郎豊田章一郎

    1982年にトヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売は合併、現在のトヨタ自動車株式会社となった。新会社の社長には喜一郎の長男・豊田章一郎が就任し、佐吉の甥である英二は会長に退いた。国内市場では1982年のビスタ、1984年のハイラックスサーフ、1986年のスープラ、1989年のセルシオ、1990年のエスティマなど次世代のトヨタを担う車種を投入し、販売高トップの座を不動のものにした。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年日本国際博覧会協会

    2005年日本国際博覧会協会から見た豊田章一郎豊田章一郎

    会長:豊田章一郎(トヨタ自動車名誉会長)2005年日本国際博覧会協会 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の閉会式

    愛知万博の閉会式から見た豊田章一郎豊田章一郎

    豊田章一郎協会会長、神田真秋愛知県知事、小泉純一郎内閣総理大臣が挨拶。その後、博覧会国際事務局(BIE)の呉建民議長が祝辞を述べ、皇太子が閉会の挨拶を行った。愛知万博の閉会式 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の開会式

    愛知万博の開会式から見た豊田章一郎豊田章一郎

    演奏終了後、高野山にある2つの鐘と孟暁亮による編鐘の演奏。続けて、豊田章一郎協会会長、神田真秋愛知県知事、小泉純一郎内閣総理大臣が挨拶。その後、BIE呉建民議長が祝辞を述べ、祝典曲を陸上自衛隊中央音楽隊が演奏の後、天皇が「おことば」を述べた。その後、二足歩行ロボットが登場の後、徳仁親王がスイッチオンした。政府出展事業総合監督の渡辺貞夫作曲の「Share the World ?こころつないで?」を演奏・合唱し、第1部は終了した。愛知万博の開会式 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田章一郞

    豊田章一郞から見た豊田章一郎豊田章一郎

    豊田章一郞 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
69件中 1 - 10件表示