69件中 21 - 30件表示
  • トヨタ自動車工業サッカー部

    トヨタ自動車工業サッカー部から見た豊田章一郎豊田章一郎

    またトヨタが掲げた企業メセナ(企業が資金を提供して文化・芸術活動を支援する)の思想もあって、社長の豊田章一郎は、Jリーグの掲げた「設立5年以内を目処にクラブ名から企業名を外す」という考えに賛同。「どうせやるなら、トヨタのトの字も出すな」と決断し、これに追随する様に住金、マツダも外す事になった。そしてトヨタ単独の参加でなく中部圏の有力企業を結集させ名古屋グランパスエイトが誕生した。トヨタ自動車工業サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の経済

    1994年の経済から見た豊田章一郎豊田章一郎

    5月27日 - 経団連第8代会長に豊田章一郎が就任。1994年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • 石田退三

    石田退三から見た豊田章一郎豊田章一郎

    豊田英二と豊田章一郎 - 共に石田退三の兄弟弟子。協力して1982年(昭和57年)に工販合併を成し遂げる。石田退三 フレッシュアイペディアより)

  • 自動車殿堂

    自動車殿堂から見た豊田章一郎豊田章一郎

    豊田章一郎(2007年) - トヨタ自動車自動車殿堂 フレッシュアイペディアより)

  • ドラッカー学会

    ドラッカー学会から見た豊田章一郎豊田章一郎

    会員には豊田章一郎(トヨタ自動車名誉会長)、伊藤雅俊(セブン&アイ・ホールディングス名誉会長)、柳井正(ファーストリテイリングCEO)、野中郁次郎(理事、一橋大学名誉教授)、高木直二(元早稲田大学理事)、小林薫(理事、産業能率大学名誉教授)などがおり、実務界・学界を中心に800名を超える会員を擁する。年に一度、研究年報『文明とマネジメント』を発刊する。ドラッカー学会 フレッシュアイペディアより)

  • 今井敬

    今井敬から見た豊田章一郎豊田章一郎

    トヨタ自動車元社長の豊田達郎は東京都立第一中学校の同期。前任の新日本製鐵社長である齋藤裕も中学の先輩。豊田達郎とは、新日本製鐵がトヨタ自動車重視の方針をとっていたことから、新日本製鐵とトヨタ自動車の会合後に、宴会をともにすることも多く、後年一中人脈の有益さを振り返っている。同窓会である如蘭会会長も務めた。1998年、豊田達郎の兄で、中学の先輩にもあたる豊田章一郎から電話で依頼を受け、豊田章一郎の後任として関本忠弘を制して昭和生まれで初の経団連会長となる。今井敬 フレッシュアイペディアより)

  • 日本自動車工業会

    日本自動車工業会から見た豊田章一郎豊田章一郎

    4代目 豊田章一郎 (1986-1990) トヨタ自動車株式会社社長日本自動車工業会 フレッシュアイペディアより)

  • 鮎川純太

    鮎川純太から見た豊田章一郎豊田章一郎

    日本アジア投資元常務岡崎善郎とジェネンテック創業者ロバート A. スワンソンを社外取締役に招聘する。ネットスケープ創設に際し出資業務に関わり、クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ日本人スペシャルリミテッドパートナーと、リチャード・リーの依頼でパシフィック・センチュリー・サイバーワークス・ジャパン創業時取締役を務め、日産系公益財団法人や国内外の企業、財団及びNGO等の理事・役員も兼務している。豊田章一郎と大賀典雄の招請で大賀が座長する経団連専門部会でロバート A. スワンソンと共に講演する。義介が日産コンツェルンの創始者であることからそれら企業に関わりがある。鮎川純太 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤斗志二

    斉藤斗志二から見た豊田章一郎豊田章一郎

    祖父は大昭和製紙の創業者・斉藤知一郎、義父は厚生大臣を務めた増岡博之、叔父は静岡県知事・建設大臣を務めた斉藤滋与史である。なお、齊藤滋与史夫人の和歌子はトヨタ自動車名誉会長豊田章一郎の妹である。また、元大昭和製紙社長の斉藤喜久蔵も叔父であり、大昭和製紙の監査役を務めた斉藤知三郎とジーク証券元会長の斉藤四方司は弟。斉藤斗志二 フレッシュアイペディアより)

  • もったいない

    もったいないから見た豊田章一郎豊田章一郎

    毎日新聞社の招きで再来日し、当時の環境大臣・小池百合子やトヨタ自動車名誉会長・豊田章一郎、歌手・倉木麻衣など、政財界の首脳や著名人と会談する一方で、千葉県松戸市の小学校や早稲田大学、横浜国立大学、北九州市など日本各地で講演し、さまざまなイベントで市民と交流した。もったいない フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示