1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示
  • 渡辺捷昭

    渡辺捷昭から見た豊田章一郎豊田章一郎

    2005年(平成17年)6月に社長に就任し、2009年(平成21年)6月より副会長に就任した。社長の任期中は奥田碩社長時代以降の拡大路線を継承し、史上最高益記録や世界一の販売台数へあと一歩とするなどの大きな実績を残した。しかし、2009年から2010年にかけて発生した大規模リコール問題の責任を一手に引き受けさせられる形で、会長に就任することなく2011年(平成23年)に相談役に退くことになった。この人事には、創業一族で実子の豊田章男新社長への権力移譲を急ぎたい豊田章一郎名誉会長の意向が働いたと報道されている。渡辺捷昭 フレッシュアイペディアより)

  • 長沼健

    長沼健から見た豊田章一郎豊田章一郎

    また愛知県は当初、Jリーグ参加に難色を示していたが、地域性から全国リーグの格好が付かないと、トヨタカップで付き合いのあった豊田章一郎に熱弁を振るいトヨタ自動車の出馬を懇請、さらに名古屋グランパスエイトから企業名を外させた事も極めて大きな意味があった。1991年、川淵を日本代表強化委員長に抜擢。日本代表のW杯出場への挑戦が、現実的な目標となったのはこの時から。古河での出世のチャンスを拒み長らくサッカー協会会長職も固辞したといわれる。関係者が皆「健さんの頼みは断れない」と口を揃える磊落型の親分肌で知られた長沼は1994年、64歳で漸く日本サッカー協会会長に就任。日本代表監督経験者としては初の会長就任となった。長沼健 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦 亜弥

    松浦亜弥から見た豊田章一郎豊田章一郎

    9月25日、愛・地球博の閉会式に出席。皇太子徳仁親王、小泉純一郎首相、中川昭一経産相、豊田章一郎万博協会会長をはじめ内外の要人が列席する中、閉会式イメージソング「Friend Love Believing〜EXPO2005」を歌う。10月19日、安倍なつみ、後藤真希、石川梨華とともに「DEF.DIVA」(デフ.ディヴァ)を結成。11月、日本郵政公社のゆうパックCMキャラクターに抜擢。全国の郵便局に等身大の縦看板を設置。郵便貯金のCMキャラクターを務めていた牧瀬里穂以来約13年ぶり。ステージ衣装(楽曲を歌うときのもの)をイメージしたコスチューム。松浦亜弥 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本龍太郎

    橋本龍太郎から見た豊田章一郎豊田章一郎

    橋本は、首相直属の「行政改革会議」を設置。メンバーには武藤嘉文総務庁長官、水野清首相補佐官のほか、経団連会長の豊田章一郎、連合会長の芦田甚之助、東京大学名誉教授の有馬朗人、上智大学教授の猪口邦子ら、財界・学界などから有識者を迎え、官僚や官僚出身者を排除する体制とした。橋本龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田喜一郎

    豊田喜一郎から見た豊田章一郎豊田章一郎

    長男はトヨタ自動車名誉会長(第6代社長)の豊田章一郎豊田喜一郎 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま新都心

    さいたま新都心から見た豊田章一郎豊田章一郎

    1999年(平成11年)8月 - 12月 - 与野市の小中学生や一般市民、経団連の会長奥田碩、名誉会長豊田章一郎、東京都知事石原慎太郎などが訪れ、建設途中のさいたまスーパーアリーナなどの見学・視察を行う。さいたま新都心 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパス

    名古屋グランパスから見た豊田章一郎豊田章一郎

    チーム名の「グランパス(Grampus)」が英語で鯱(名古屋城の金鯱)、「エイト」は名古屋市の記章であり、末広がりを表す。公式にはこのチーム名は名古屋市による命名としているが、「エイト」の部分は豊田章一郎(トヨタ自動車社長(当時))が「トヨタ」のカタカナ字画数が「8」であることから命名したという。なお、2008年シーズンより「名古屋グランパス」へ呼称を変更している(日本協会登録チーム名と法人名、エンブレム、ロゴは「名古屋グランパスエイト」のまま)。これは、ファン、サポーターおよびマスコミに親しまれている呼称を採用することで、更に愛されるクラブづくりを目指してゆきたいとの理由からである。名古屋グランパス フレッシュアイペディアより)

  • 中高一貫教育

    中高一貫教育から見た豊田章一郎豊田章一郎

    また、トヨタ自動車・中部電力・JR東海の中部財界3社は、2006年4月に中高一貫校「海陽中等教育学校」を愛知県蒲郡市のラグーナ蒲郡内に開校した。イギリスの名門イートン校をモデルにエリート養成を目指しており、同時に設立された学校法人海陽学園(理事長: 豊田章一郎)が運営する。中高一貫教育 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタホーム

    トヨタホームから見た豊田章一郎豊田章一郎

    一代一事業という豊田家のモットーに則り豊田章一郎(現トヨタ自動車名誉会長)の発案で、トヨタ自動車において建売住宅・マンション分譲を中心とした不動産開発部門と注文住宅部門を興した。「自動車で養ったノウハウを活用した工業化住宅」(いわゆるプレハブ住宅の効率生産)をうたい文句に展開したものの、長年に亘り赤字が続いたため一時は存続が懸念されたが、地元愛知県を中心に販売力を着実に強め、黒字転換したのを機に2003年(平成15年)に注文住宅部門を分社化し、ハウスメーカーとなった。トヨタホーム フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
49件中 41 - 49件表示

「豊田章男」のニューストピックワード